Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 620
ポイント : 37pt (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大森 藤ノ]のダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー (GA文庫)
Kindle App Ad

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー (GA文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 620
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 640 ¥ 483

紙の本の長さ: 336ページ
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ


商品の説明

内容紹介

主人公は【疾風】リュー・リオン!
ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!


それは神の眷族が紡ぐ歴史の欠片(クロニクル)――。

「アンナ・クレーズを買い取ったのは、『大賭博場(カジノ)』の人間です」
腕利きの元冒険者リューが働く『豊穣の女主人』で今日も騒動が起こる。
とある夫婦の一人娘がさらわれたことを知り、正義(アストレア)の名のもとに調査を開始するリュー。
その先に彼女が辿り着いたのは――迷宮都市の治外法権、大賭博場。
人の欲望が渦巻く黄金の都で【疾風】の轟きが巻き起こる!

「お前達、声を出しな! ここは笑って飯を食べてもらう場所さ!」
そして少女達が酒場に集う始まりの物語も収録!

ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!

出版社からのコメント

【TVアニメ『ダンまち外伝 ソード・オラトリア』2017年4月より放送スタート! 】
《シリーズ累計発行部600万部突破!!》
《SUGOI JAPAN Award2016 ラノベ部門1位!》
《BOOK☆WALKER大賞2015受賞!》
《このライトノベルがすごい!2014 新作部門1位・総合部門4位!》
《第3回ラノベ好き書店大賞1位!》
《GooglePlayブックベストof2013ベストラノベ第1位!》
《第4回GA文庫大賞、大賞作品!》


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13674 KB
  • 紙の本の長さ: 316 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2017/3/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XD67V2S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 16位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
話としては面白かった。というかほっこりした。

リューに関してはなぞめいていると通り越してそろそろ情報が足りない、というところまで来ていたのでこれで良いと思う。シルに関しては他のコメントで誰かが推測による(とはいえ良く知られていてほぼ鉄板とされた話だが)正体明かしちゃってるよ!良いのかアマゾン!

ということで(何がということなのやら)、本来なら出版社のほうに連絡入れるはずなんですが、ここで誤字と言うか人物の取り違えを指摘しておきます。

とりあえず僕はKindle版で読んでいるのですが、iPhone5で文字は「大きめ指定」、文字間隔は一番左の「もっとも狭い」を選択した状態で、ページNo.3244のロロがアーニャになっています。

キャラ被っているから作者も混乱するのは分かるんですけれど、神様と二人で密室で話しているところなのに名前が間違っていて混乱したので前後確認しましたが、やっぱりロロですね。

これ読んで出版社さんが直してくれると嬉しいなあ……

ちなみに内容には大体満足でした。リューは既にほとんどなぞめいた人ではなくなってしまいましたが。その代わりにシルが余計にミステリーに包まれて!というのをやりたかったのだろうけれど、どこかの調べ魔が平行人物であることを
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
前半は、リューさんの話か、シルさんの話か途中からわからなくなっている感がある。無理矢理ベルさんをかますことも不要であろうに…と思うことはありますが、

豊穣の女主人の従業員たちは、各々とっても楽しそうな訳有の人たちだから、こんな番外編があっていいと思ってたけど、そのとおりって感じの一物語でした。

本編と外伝を読んでいると色々背景がわかって面白いです。比較的に肩の力を抜いて楽しく読めます。

しかし、シル・フローヴァ = シル(=フレイアの別名)+フローヴァ(フレイアを語源とする女性の尊称)って、それだけでもベタベタなんだけど、今回はここまで力を発揮していいの????という無双っぷりでした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
面白いです。
最近ダンまちもバトルに偏り気味で心配だったのですが、この作品には作者の遊び心みたいなものが見える気がします。
前のソードオラトリアはプロットからの修正のせいか、どうしたの?と思いました。
今回は上手く言えませんが、ちょっと他とは違う感じです。
スピンオフに本編の時系列に無いものを後から入れるのは有りだと思うのです。
よく本編との整合性とか言う人がいますが、
本編の補填ではなく、世界が広がっていく感じがします。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 お茶 投稿日 2017/3/21
形式: 文庫
これを読む事で、また本編を読み返したくなった。
まだ読んで無いし、ネット上の余計な情報を知りたく無い人には以下ネタバレぎみ。

シルに関してはネットで色々言われてたし、驚きはしないけど、もう隠す気無いよな。実際にはまだはっきりとは書かれてないし、シルのキャラクター説明欄では、「種族はヒューマン」と言い切ってはいるど…。
シル=フレイアだとして、シルが?フレイアが?自分の正体を明かして本気で勧誘したら、ベルも簡単には断れないよな。大恩人だと思うし、フレイア様。
本編も楽しみにしてます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover