Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 610

¥ 49の割引 (7%)

ポイント : 27pt (4%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大森 藤ノ]のダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫)
Kindle App Ad

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝(GA文庫)の9の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 610
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659 ¥ 195

紙の本の長さ: 320ページ
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、ここに始動! これは、もう一つの眷属の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫

【剣姫】アイズ・ヴァレンシュタイン。最強と名高い女剣士は今日も仲間達と共に、広大な地下迷宮『ダンジョン』へと繰り出していく。灰へと朽ちた竜の死骸、忍び寄る異常事態、様々な謎と脅威が襲いかかる深層域50階層で、アイズが風を呼び、迷宮の闇へと一閃を刻む! ──そして訪れる、少年との『出会い』 「あの……大丈夫、ですか?」 迷宮都市オラリオの地で、少女と少年の物語が今、鮮烈に交差する! 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、ここに始動! これは、もう一つの眷属の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】── ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

出版社からのコメント

《シリーズ累計発行部600万部突破!!》
《SUGOI JAPAN Award2016 ラノベ部門1位!》
《BOOK☆WALKER大賞2015受賞!》
《このライトノベルがすごい!2014 新作部門1位・総合部門4位!》
《第3回ラノベ好き書店大賞1位!》
《GooglePlayブックベストof2013ベストラノベ第1位!》
《第4回GA文庫大賞、大賞作品!》


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 24413 KB
  • 紙の本の長さ: 206 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2014/1/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JAYHQ86
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,351位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本編では空気な剣姫さん主人公ですが、あんなに強い彼女ですらボッコボコにされます。
そして本編ではいまいちわからない部分をうまく補填してあり、さらりと重要な点もながされているのもポイントです。
☆一個分の不満はイラストが本編の方が好みってだけです、どうもはいむらさんの絵は禁書の途中あたりから挿絵の構図がしっくりこない気がするだけ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
禁書目録と超電磁砲の様な感じです。
チョット闇の部分をクローズアップして、重い雰囲気を醸し出しています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
知人に外伝もあることを教えてもらい読んでみました。
サブストーリーや裏話的なないようかなと思いきや本編にでてないこの世界の核心に迫る内容が外伝では語られようとは・・・

本編を読んでいる人はこちらも必須ですね!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本編を「ベル・クラネルの成長と冒険」を描いた物語と位置づけるなら、こちらは「世界の秘密と闇に迫る」物語とでも言えるでしょうか。
外伝というと、どうしてもこぼれ話的な想像をしてしまいがちですが、本編と違いこちらは「アイズを主人公に据えたもう一つの物語」といった形容がぴったりです。
本編は「成長していく主人公」を楽しむ物語でしたが、こちらに出てくるのはどれも既に冒険者最強の一角。彼女たちが一歩ずつ、謎の脅威に立ち向かっていくようなストーリーになっています。

また、本編では登場回数も少なく、いまいち何を考えているか分からなかったヒロイン・アイズの心理が非常によく描写されていて、「こんなこと思ってたんだ」と驚きつつも微笑ましくなります。巻を重ねるごとに、ベルに対する興味・関心を強めていくアイズは非常に愛らしい。
本編が好きなら、ぜひオススメです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本編(1~7)を読んでとてもおもしろかったので、外伝(1~4)もまとめ買いして一気読み。

・外伝はロキ・ファミリアがメインの物語
・本編でのベルとアイズが交流した時にアイズがどういう感情だったのかなど、本編のワンシーンを別の人の視点で見れる
・ダンジョン深部に遠征するシーンなど、本編よりもすごくダンジョンダンジョンしている
・戦闘シーンは敵が超バケモノ級との戦いで、ロキ・ファミリアのメンバーがどう立ち向かうのかがドキドキハラハラする

本編を購読している方ならぜひおすすめしたいと思います。
ハイレベルな戦闘シーンやキャラクターの暗躍劇など、本編とはまた違ったおもしろさがあります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover