ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,789
通常配送無料 詳細
発売元: 杜若堂【コンビニ払い&各種お支払い対応】
カートに入れる
¥ 4,117
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 4,600
通常配送無料 詳細
発売元: ちゃがま堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]

5つ星のうち 3.8 322件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 3,789 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,475 (40%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ELACOMが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 3,450より 中古品の出品:46¥ 43より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]
  • +
  • ショーシャンクの空に [DVD]
  • +
  • レオン 完全版 [DVD]
総額: ¥5,643
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビョーク, カトリーヌ・ドヌーブ, デビット・モース, ピーター・ストーメア, ジョエル・グレイ
  • 監督: ラース・フォン・トリアー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • 発売日 2001/06/21
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 322件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005L97N
  • JAN: 4988105016170
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 28,672位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ビョーク扮するセルマは、チェコからの移民。プレス工場で働き、唯一の楽しみはミュージカルという空想の世界を創りあげること。遺伝性疾患のため衰えていく視力と闘いながら、同じ病に侵された息子の手術費用を稼ぐため身を粉にして働く毎日。そのセルマにあまりに残酷な運命が待ち受けていた…。
 「非の打ちどころのないすばらしい音楽の美と、不完全で醜悪な現実が並列して描かれている。同時に演奏する2つのオーケストラのように」と同名の書で評されているように、これほど観る人のあらゆる感情を暴力的なまでに呼び覚ますミュージカルはほかにない。ラース・フォン・トリアー監督が「ビョークはセルマであり、セルマはビョークだった」と述べたように、ビョークはセルマを演じるというよりも、セルマに心を宿したビョーク自身がメッセージを投げかけているようにみえる。
   洗練されすぎたカメラワークを嫌う監督が、100台のカメラを駆使して撮りあげたトリアーワールドは絶対に見逃せない。本作は2000年カンヌ映画祭でパルムドールに輝いた。(野澤敦子)

内容(「Oricon」データベースより)

「奇跡の海」などで知られるラース・フォン・トリアー監督が“アイスランドの歌姫”ビョークを主演に迎えて贈る、ある移民の母子を襲う悲劇を描いた珠玉のミュージカル・ムービー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 manna 投稿日 2016/7/17
形式: DVD Amazonで購入
救いようのない作品
が、好きなのです。ビョークはやっぱり素晴らしい
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 amazirou 投稿日 2017/2/25
形式: DVD Amazonで購入
OKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOKOK
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ラース・フォン・トリアー監督、ビョーク主演の最高傑作である「ダンサー・イン・ザ・ダーク」をまた観ました。

観たのは三度目だと思う。
自分にとって最愛の今は亡き父と一緒に観た映画なのもあり、特別な映画なので一人きりで大晦日の夜に観ました。
一度目に2003年ころに観たときは観たあともう苦しくて苦しくて一ヶ月ほど引きずって想いだすたんびに泣いていました。
でも何年と時間を置いて二度目、三度目と観てみると、だんだんと受け入れやすくなってきていると感じた。

今回感じたことは、セルマが息子と二人で話すとき変に緊張して接している、気を使いすぎている様子に気づき、セルマは息子に対して深い自責の想いを持っていたのではないかと感じた。
そこには父親のいない不憫さも関係しているだろうし、セルマ自体があまり人と接することが得意な人間ではないことや、息子から愚鈍である母親と思われているだろうことをセルマ自身が感じていることや、家が貧しいことなどの理由から、セルマは自分は息子を幸せにはきっとできないのだと常に自分を責めつづけて生きていたのかもしれないと感じた。

そしてそのうちに失明することを知っているセルマはこの先、これ以上の迷惑を息子にかけることに絶望的な気持ちでいたのではないだろうか。
<
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
60年代アメリカの片田舎、東欧から移民してきた小さな女性、失明する運命を抱えて必死に生きている、そして自分の運命の終りは失明した時、なぜなら働けもしない移民女性に生きるすべは無いから。たったひとつの希望は手術費用をためて失明する遺伝病の我が子の人生に光を与えること。
まず人種差別が当然だった時代であること、赤刈り(共産主義者の魔女刈り)の時代であることを考えれば、東欧からの移民の女性が裁判で正直な証言をしたとしても取り合ってもらえるはずもない。小さくとも愛らしく一生懸命で夢想家なセルマはまわりのみんなから愛されていたけれど、それに頼ることも遠慮するような殊勝な女性。だからこそ周りは助けたくなったのだろう、目の悪いことも含めて。

間もなく訪れる自分の人生の終り=失明までになんとしても我が子に手術を受けさせたいという確固たる意思、親切な隣人の突然の裏切りに驚きうろたえ、それでも社会的状況は彼女に一言の弁明も許すような時代ではない。たとえ不条理な死=死刑を受けざるをえなくとも我が子の人生に光を与え続けてやりたい、それが失明=人生を失うことと知っているセルマがどうしても息子に手術を受けさせたかった理由。なにがあろうとも守らなければならないのは息子ジーンの手術費用、たとえ自分の命と引き換えであっても。そして光の中で人生をつなげて欲しかったのだろう、孫の顔を見る
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
個人的には苦手な映画でした・・・
内容が暗いというのも、もちろん理由の一つですが
他にも2つ理由があります。

まず、カメラが手持ちで撮影されていることです
手持ちで撮影されてる映画はほかにも色々ありますが、この「ダンサーインザダーク」はものすごく揺れます
揺れて揺れて・・・・気分が悪くなるレベルでした(あくまで個人差はあるでしょうが・・・)

また、画質があまり良くありません
全体的にぼやぼやしています・・・これは意図的にそうしているのかわかりませんが・・・

★1つ付けておいて言うのもなんですが、とりあえず気になったら1度見てみると良いです
恐らく好きな人は好きな映画でしょうから
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともちゃん 投稿日 2017/4/20
形式: Blu-ray Amazonで購入
意図しているのだろうが、セピア色の画面を延々と見せられるとイライラしてくる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
泣き続けました。こんなにも悲しいことはない。セルマが夢に馳せる音楽が美しく、さらに現実との対比を際立たせてつらい。
見ていられないけど、観てよかったです。
数週間引きずりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
セルマは頑固で愚かな人ではなく、苦しいほど純粋で美しい人に見えました。
全盲になっていく恐怖と不安の中、幸福なミュージカルの世界と息子の手術という光を握りしめて必死に生きていました。

全盲であることを周りに言わないのも息子に知られないため、手術費用を稼ぐための仕事を失わないためで、
彼女にとって息子が何も知らず手術を受けられる事が自分の人生よりも大切なことで最後までその一念を貫く愛という名の執念に心が痛くなります。

息子自身にも近いうちに全盲になる自分を背負わせたくない気持ちと
遺伝すると分かっていて産んだ責任と負い目を感じているように思えました。

隣人もセルマに恨みは無いけどお金は妻にあげたいから死んでも渡したくない、
妻が来た途端に殺してくれから命乞いに変えたのも自分が死にたいくらい追い詰められている(お金がない)のを
妻に知られたくないから…それが結果セルマをさらなる絶望に突き落とす大きな一因になり、
仕事を失わないために病院で見えるフリをしたのも悪い方につながり、良い人だった仕事の上司にまで大勢につき、
真っ暗な世界で転がり落ちるように孤独で不利な状況に追い込まれていく理不尽さに悔しさと恐怖でいっぱいでした。

そんな中
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す