中古品
¥ 47
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレ、が見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。当社では、環境への負荷を削減するために、納品書を同梱せずお届けするという取り組みをしております。ストア繊細 納品書について でご案内させていただいております
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ダメ人間 (MF文庫ダ・ヴィンチ) 文庫 – 2012/2/23

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2012/2/23
"もう一度試してください。"
¥ 47

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

伝説的人気番組『水曜どうでしょう』(HTB)の“ミスター”こと鈴井貴之の、初のエッセイ的私小説が、ついに文庫化!
アーティストであり映画監督であり文筆家でもある鈴井貴之が、ダメダメ時代の過去を初告白。北海道を拠点とした奇跡のクリエイティブ集団クリエイティブオフィスキューのできるまでが明かされる。あの大泉洋もTEAM NACSも、ここから生まれたのだ。その原点は、情けなくて、切なくて、苦しくて、やがてホロリと心に沁みる。ダメな人生、自己嫌悪の連続の果てに、きっと僕たちは力を得ることができる。

内容(「BOOK」データベースより)

アーティストであり映画監督であり文筆家でもある鈴井貴之がダメダメ時代の過去を初告白。根拠のない自信と自尊心だけで「売れない、食えない」演劇の道をひたすら進む著者が、大泉洋、TEAM NACSを生み出したクリエイティブ集団「CREATIVE OFFICE CUE」を設立するまでの衝撃エピソードが明かされる。文庫化記念企画「小林賢太郎×鈴井貴之スペシャル対談(前編)」も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 223ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2012/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840143986
  • ISBN-13: 978-4840143981
  • 発売日: 2012/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,780位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「青春とはこうあってほしい」 読後感はそんな感じである。

確かに,「こうありたくないなぁ」という自己嫌悪が本書のテーマであるけれど,ダメな話が続くというよりも,次へのステップとなっていかないもどかしさが全体的に表されていて,非常に読みごたえがある。
うがった見方をすれば,「成功した人のダメだったころの話を延々聞かされてもねぇ…」という感覚で本書を手にする人もいるだろうが,その心配は杞憂だったりするのだ。

「もう一度,同じ経験をするのはやっぱり御免だけれど,その経験があって現在がある」と思える人が読むのがいいかも。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「水曜どうでしょう」の「ミスター」こと、鈴井貴之さんのエッセー的私小説。
ミスターの浪人時代〜社長になるまでが描かれています。

「ダメ人間」ってタイトルだけど、彼は本当にダメ人間だった。笑
今では遅刻に厳しく、怒るととんでもなく怖い(らしい)ミスターだけど、昔はこんなだったのか。

親から借金をし、そのお金で遊び回り、生放送には遅刻し、彼女に生活をさせてもらう毎日…
そんな日々の中で、彼は根拠のない自信と自尊心だけを握りしめていた。
時々現れる自己嫌悪と言い争いをしながら、一歩進んでは自分の足下を確認して行く。
そういうところは、今のあたしに似ているような気がした。

ただ、突拍子もなく社長になってしまった部分には違和感が残る。
(続編で補足があるのか…?)

これだけ「ダメ」でも、必ず誰かが助けてくれる。
たまには、そこに甘えてしまうのもいいのかもしれない。
そのためには、普段から「感謝」と「謙虚」を持ち、自分の方法で体を「ゴシゴシ」しておかなくては、とこの本を読んで思った。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
素晴らしい
いまだこれだけ自分のダメな部分をさらけ出した本は知らない
鈴井さんのことがより身近に感じられる一冊
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ファンは読んで間違い無し。愛すべき男、ミスターこと鈴井貴之がますます好きになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック