中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダブル (双葉文庫) 文庫 – 2010/2/12

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

被害者の女性の特異な容貌から注目を浴びたひき逃げ事件、痴漢の容疑をかけられた男の転落死、色呆け老人が飲んだ薬物入り缶コーヒー騒動。それら未解決の事件には、ある人物の姿が見え隠れしていた。謎を追う女性ライターが辿り着いた真相とは!?

内容(「BOOK」データベースより)

被害者女性の特異な容貌から注目を浴びた轢き逃げ事件、痴漢の容疑をかけられた男の転落死、色呆け老人が飲んだ薬物入り缶コーヒー騒動―同じ地域で起こった三件の未解決事件には、ある人物の姿が見え隠れしていた。謎を追う女性ライターは次第にその人物に魅入られていく…。彼女が辿り着いた真相とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 464ページ
  • 出版社: 双葉社 (2010/2/12)
  • ISBN-10: 4575513326
  • ISBN-13: 978-4575513325
  • 発売日: 2010/2/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.9 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 96,706位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
面白かった!

永井作品は割と読んでいるのだが、その中でも個人的には最高傑作。
完成度といいざらっと残る不快な感触といい、底の深さを感じさせる作品。

もともとこの作者は女性のいやらしさとか偏狭さとか、
いやな部分を描くのがうまいと思っていたが、今回は少し切り口が違う。

描かれるのはゆったりとしたお嬢さん風の妊婦。
主人の浮気を心配し、ヨガを楽しみ、母親と仲良くしながら優雅に過ごす。
その彼女の周りでじわじわと起こる、よくありがちな小さな事故や事件。
ところがそれが死亡事故や事件につながり、
その事件に関わる小さな記念品を慈しむ彼女の姿が、女性記者の目に留まる。
それを追う女性記者も、あやしいと思いながらも彼女に惹かれ。。

こっから先はネタばれするので書けません。
ただ、二転三転する代わりに、ずるり、ずるり、と、
皮が剥けるように事実が浮かび上がるその感触がたまらない。

この作品を他の人はどう読んだんだろう?
底意地の悪いひんやりした悪意が怖い。
気味が悪い、でも、なぜかあたしはこの妊婦を嫌えない。

うーん、すごい。
永井するみは昨年、ひっそりと45才の若さで急逝している。
そのあまりの早さを読了後に、本当に残念に思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くわもちじんぺい VINE メンバー 投稿日 2007/4/11
形式: 単行本
 ほのめかされるヒントに、多恵と一緒にどきどきする。素人探偵まがいの行動をとってしまって窮地に陥るところなんか、サスペンスドラマのようにわかりやすい面白さだ。キイハンターっていう古いテレビドラマを思い出しちゃった(古すぎてスンマソン)。

 最終的な種明かしは、ちょっと現実離れしているが、そこまでの心理劇が最大の魅力。最終章で、ちょっとほんわかと人間の温かみを描いたあたり、読後感もいい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かぼかぼこ VINE メンバー 投稿日 2008/12/7
形式: 単行本 Amazonで購入
出版社に勤めるOLの多恵と、平凡な主婦乃々香、どこにこの2人の接点があるのかなかなかわかりませんでした。最初は展開が遅くイライラしたのですが、途中から2人の心理描写がおもしろくてとまらなくなりました。主婦ってストレスが強いのかな?決して気が強いわけでもない主婦の内面にうづまくもの。嫉妬や日々のちょっとしたことへの怒り、言葉ではあらわせない心の中、こわくもあり、なるほどそうかもしれないと納得できる部分もありました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まこ 投稿日 2013/5/1
形式: 文庫 Amazonで購入
今は亡き永井するみさんの作品。永井さん作品はほとんど読んでいますが「マリーゴールド」の次に好きな作品。主人公のほわーんとした感じがなんとも言えません。しあわせになってね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 justice 投稿日 2013/12/21
形式: 文庫 Amazonで購入
実際にこんな女がいたらこわい。多分いるだろう。良くも悪くも読みやすいので先が読めてしまうのが残念。あと、最後が不完全燃焼。もっとガツンといって欲しかった。面白いですが。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック