中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では出荷時課金制を適用しております。24時間以内に日本郵便ゆうメールで発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ダブル・スパイラル (双葉文庫) 文庫 – 2003/7

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

看護士の水嶋邦之がケアマネの資格を取ったのは、遺伝子研究の第一人者、尊敬する院長・荻原の助言に依った結果だ。荻原の研究に協力した水嶋は自分がある難病の遺伝子を有していることに愕然とする。しかし荻原は遺伝子は変えられると水嶋を励ます。ただし、高度の緊張、恐怖と異常な興奮が必要だとも。そんな条件が人為的に作り出せるのだろうか。

内容(「MARC」データベースより)

遺伝子研究の第一人者であった荻原は、ある偶然から自身が重篤な病を引き起こす遺伝子を持っている事を発見した。遺伝子操作は神の奇蹟か、それとも悪魔の業か? 医学情報を盛り込んだミステリー。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 325ページ
  • 出版社: 双葉社 (2003/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575508918
  • ISBN-13: 978-4575508918
  • 発売日: 2003/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,827,853位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 ダブル・スパイラル それは、遺伝子の二重らせん構造のこと。

 そう、この本は、書名のとおり遺伝子構造に関する医療ミステリーです。

 遺伝子研究の第一人者であった荻原秀明。彼は、大学を辞めてその後、荻原記念

病院の院長になった。その病院を主な舞台に話が進んでいく。

 主人公は、ここの病院に勤務していて看護士からケアマネージャーになった水嶋。

彼は院長を尊敬している。そしてその彼女の彩子という看護婦、彼女は院長に対し

て疑いのまなざしをもっていて、彼らを中心に物語が進んでいく。

 荻原は、ある生命保険会社から頼まれての加入者の遺伝子解析をおこなっているが、

これを読んで、私は現実にそのようなことが行われていたら非常に怖いと恐怖感

を感じました。

 荻原は、他人の遺伝子解析だけでなく、自分自身の遺伝子も解析したところ、とあ

る病気を発症する遺伝子をもっていた。そして自分で考えている理論から遺伝子を変化

を起こそうとするようになった。

そして、それは危険で普通ならぜったいに許されることのない行為であり・・・
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
看護士でありながら逆性差別を受け、現場に出してもらえない主人公の背中を押してケアマネージャーの資格を取るよう進め、彼が恩師と仰ぐ遺伝子研究の一人者の院長萩原。
彼の裏の顔は生命保険会社の依頼を受け、保険加入者の遺伝子を分析することだった。
そして病院では不可解な患者の死が続いていた。
遺伝子に人生すべての設計図があると信じていたいた萩原は現実には考えられないような遺伝子変化を目の当たりにし、ある理論に行き着く。
遺伝子が人間の運命だとしたら、それを操作するということは神の領域に近づく事ともいえる。
医者である作家だからこその題材、非常に読み応えもあるし、医療が抱えているさまざまな問題も浮き彫りになっている。
現実どこまで遺伝子研究が発達しているのか、そしてこの小説に書かれている事はどこまで本当なのだろうか?
付随していたストーリーがまとまりきらなかった感もあるものの、普段知りえない世界にいざなわれたような気分になった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告