Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 800

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[丸山 忠次]のダバオに消えた父: 地獄の逃避行 (22世紀アート)

ダバオに消えた父: 地獄の逃避行 (22世紀アート) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2019/3/21
¥ 800

紙の本の長さ: 183ページ

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊ページ】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「そして悲劇が起きた。昭和二十年五月七日雨上がりの夕方、突然、日本兵が着剣した銃を向け、私たちの隠れていた防空壕の入口に立った。」(本文より)かつて栄華を極めた日本人町ダバオは軍国日本の泥靴によって踏みにじられ、医師であった父は自国軍により惨殺、米軍の砲撃や空爆にさらされながら母と幼い兄弟はジャングルをさまよい、地獄の逃避行を続けた……不条理な現実を生き抜いた男の手記。「ダバオ—繁栄から悲劇の島へ」、「はじめての祖国で」の2部構成——人間の極致的心理を重厚な筆致で綴った一冊。

【著者プロフィール】
丸山 忠次(まるやま・ただつぐ)
1938(昭和13)年、フィリピン・ミンダナオ島・ダバオ市ミンタル病院勤務医師の四男として生まれる。45年5月、米軍の攻撃を受ける中、日本兵に父を殺され、母・兄とジャングル内に逃避行。敗戦により、米軍収容所に入る。同年11月、郷里・長野に引き揚げ、母と山地の開拓に入る。高校卒業後、上京、就職。1998(平成10)年、外資系企業を退職。シルバーセンターなどで、自然環境を守るために働く。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 15873 KB
  • 紙の本の長さ: 183 ページ
  • 出版社: 22世紀アート (2019/3/21)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07PZVC4MG
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 237,939位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover