通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ダニー・ボーイ がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 mabu-shop
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon配送センター【365日年中無休】より、迅速に商品が発送されます。ヤケのダメージが若干有りますが、書き込みは無く良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダニー・ボーイ コミック – 2009/8

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 662

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダニー・ボーイ
  • +
  • 東京命日
  • +
  • トロイメライ
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 青林工藝舎 (2009/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883792978
  • ISBN-13: 978-4883792979
  • 発売日: 2009/08
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 katu 投稿日 2009/8/15
形式: コミック
超寡作の島田虎之介。たまたま調べたらラッキーなことにちょうど新作が出たところだった。この『ダニー・ボーイ』も前3作に負けず劣らずの傑作だった。
のちにトニー賞にもノミネートされる伊藤幸男という日本人が主人公だ。根っからの歌い手であるサチオは幼少の頃からその歌唱力で周りの人たちを驚かせ、幸せを振りまいていた。そんなサチオの一生をサチオに関わった人たちのかすかな記憶を元に振り返っていく構成となっている。
かすかに記憶に残っているというこの塩梅がいいんだよな。名前や実体は忘れてしまったんだけど、彼の歌声と彼と関わったときの幸せな記憶だけが身体に刻み込まれている。
各話のタイトルは全て曲名となっており、巻末にシマトラの曲目解説が付いている。2回目に読んだ時には、この解説を元に各話ごとに「YouTube」で曲を再生しながら読んでみた。これもまた趣があって良かったね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 willow 投稿日 2011/1/27
形式: コミック
デビュー作から、島田虎之介は登場人物の持つ『隠された物語』を重視しているようだ。
ラストワルツでは丁寧に背景を語っていた(これはとんでもない想像力だった)が、新しい作品になるごとに、次第に美しい『行間』ができてきたように思う。
2作目、東京命日におけるあとがきで、『東京物語の原節子の夫は、いないことによってかえって家族に強く影響を与える』という言葉が書かれている。描かれない背景や人物が、登場人物に強く影響を与えている。
本作の島田虎之介はそのような『行間』を、これまで以上に自然に書いている。 1コマ1コマの中に、人物の行動や背景に対して、読者の想像を巡らせる『間』がある。もはや漫画の域を越えているように思う。
そして最後、主人公が歌うシーンは驚くほどせつなく、驚くほど明るい。ひとつの感情に全く収斂されずに、逆に解放されてしまった。
見事です。傑作。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みちのく歯科医 投稿日 2013/11/12
形式: コミック Amazonで購入
島虎のはなしはスケールが大きいほどおもしろい。
その点この作品世界のスケールは小粒。
かつ、レトロスペクティブにしか話が展開しないので、ラストワルツのすごみを期待するとちょっと失望する。
でも、音楽とのコラボを理解すると味わい深い。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック