中古品の出品:1¥ 1,800より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ダニエル・ヴァリエーションズ

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 1,800より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ライヒ(スティーヴ) ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 演奏: ロンドン・シンフォニエッタ
  • オーケストラ: ロンドン・シンフォニエッタ
  • 指揮: アラン・ピアソン, グラント・ガーション
  • 作曲: ライヒ
  • CD (2008/5/14)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Warner Music Japan =music=
  • 収録時間: 51 分
  • ASIN: B0015DMNLK
  • JAN: 4943674079476
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 576,187位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ダニエル・ヴァリエーションズ 第1楽章 「私は夢を見た」
  2. ダニエル・ヴァリエーションズ 第2楽章 「私の名前はダニエル・パール(カリフォルニア州エンチーノ出身のユダヤ系アメリカ人)」
  3. ダニエル・ヴァリエーションズ 第3楽章 「その夢が恐るべき敵に降りかかりますように」
  4. ダニエル・ヴァリエーションズ 第4楽章 「その日が終わったら、ガブリエルはきっと私の音楽を受け入れてくれる」
  5. ヴィブラフォン、ピアノ、弦楽器のためのヴァリエーションズ 第1楽章:急
  6. ヴィブラフォン、ピアノ、弦楽器のためのヴァリエーションズ 第2楽章:緩
  7. ヴィブラフォン、ピアノ、弦楽器のためのヴァリエーションズ 第3楽章:急

商品の説明

内容紹介

1-4 ダニエル・ヴァリエーションズ(2006年)
グラント・ガーション指揮
ロスアンジェルス・マスター・コラール
5-7 2台のピアノ、 4台のヴィブラフォン、 3つの弦楽
四重奏のためのヴァリエーションズ(2005年)

アラン・ピアソン指揮
ロンドン・シンフォニエッタ
プロデューサー:ジュディス・シャーマン

テロリストに命を奪われたジャーナリストの遺言と旧約聖書をテキストとした、ライヒによる話題作!
●2008年5月に東京オペラシティで行われる「武満徹作曲賞」の審査員として、及び自身の音楽世界を紹介する公演のために来日するライヒの新譜です。
●本作は、2002年にパキスタンで取材中にテロリストに誘拐、殺害された米ウォールストリート・ジャーナル紙のユダヤ系アメリカ人記者、ダニエル・パールの遺した言葉と旧約聖書のダニエル書をテキストにした2006年の作曲で、この東京オペラシティでの演奏が日本初演となります。ダニエル・パールの父の委嘱により、ライヒが作曲した意義深い作品です。
●ダニエル・パールの事件は、ブラッド・ピット製作アンジェリーナ・ジョリー主演のハリウッド映画「マイティ・ハート-愛と絆-」(2007年製作)にもなりました。
●1936年生まれのライヒは、1960年代からミニマル・ミュージックの中心的存在として活躍を始めたフィリップ・グラスやジョン・アダムスと並ぶアメリカの著名作曲家で、その作品は、ノンサッチ・レーベルからも数多くリリースされています。

メディア掲載レビューほか

テロリストに命を奪われたジャーナリスト、ダニエル・パールの遺言と旧約聖書をテキストとし、2006年にスティーブ・ライヒが作曲した楽曲を収録。ダニエル・パールの父の委嘱によって作曲した、とても意義深い作品。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
知ったかを気取るつもりはないが(クラシックに詳しくないから勉強中)、スティーブ・ライヒのファンなので聴いてみたらちょっと宗教音楽みたいだった。「ダニエル・バリエーションズ」。ミニマル音楽に興味があって、でもグレゴリオンチャントとか宗教音楽は興味無くって、ポップな方がいいなというお方なら、「ディファラント・トレインズ」のほうがいいかも。この曲は、「ディファラント・トレインズ」ほどポップではなく、「18人の音楽家のための音楽」ほど聴いていてわかりやすくもないんじゃないかと思う(断言しないけど。「18人の」は聴いていて、素人でもよさが分かりやすい)。

ダニエル・ヴァリエーションズは、もっとオーケストレーションが入っていて(普通のクラシックぽい)、しかしなんか聴いたことが無い荘厳な、不思議な、神秘的な雰囲気に包まれている。これはこれで流していて、雰囲気がある。「ディファラント・トレインズ」というのは電子音?かな、シンセサイザーっぽい加工音が目立つ構成になっているけど、この「ダニエル・ヴァリエーションズ」は、シンセサイザーの代わりに、聖歌隊みたいな合唱と、ライヒの個性的なオーケストレーションが非日常に連れて行ってくれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す