この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダニの生物学 単行本 – 2001/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 32,644 ¥ 5,965
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

出版社からのコメント

ダニ学の最前線 不思議な生物ダニ――あらゆる環境や栄養を利用するこの小さな生きものが織り成す世界は驚くほど多様である.急速な進歩を遂げつつあるダニ学の最前線を気鋭の研究者たちがたくみにとらえた.現代生物学は,はたしてどのようなダニの生物像を描いたのか.

〈主要目次〉
I 生態
 第1章 雄と雌
 第2章 精子競争
 第3章 ダニの社会性
 第4章 ハダニが植物をえり好みする理由
 第5章 天敵ダニ
 第6章 マダニの吸血活動
II 生化学
 第7章 コナダニ目の情報化学物質
 第8章 ササラダニ類の分泌物
 第9章 DNA分析
III 遺伝
 第10章 遺伝子
 第11章 地理的変異
IV 病気
 第12章 ライム病
 第13章 古くて新しいツツガムシ病
 第14章 住居内のダニ類による疾病
 第15章 アレルギー性喘息とダニ対策
 第16章 アトピー性皮膚炎
V 多様性
 第17章 海のダニ
 第18章 土のダニ
 第19章 鳥のダニ
 第20章 アザラシ類のダニ
 第21章 ミツバチのダニ
 第22章 水泳プールのダニ

【担当編集者から】

私たちが「ダニ」と聞いてすぐに「いやなやつ」を連想してしまうのは,ダニの世界のごく一部しか知らないからです.たしかに,ほかの生きものに「悪さ」をするやつらはかれらの仲間にいますが,それはダニ全体のほんのひとにぎりにしかすぎません.多くのダニたちは寄生などせず,しっかり自活して生きているのです.編者の青木先生のお話をうかがうと,かれらがいかにすばらしい生きものであるかがよくわかります.この本は,青木先生はじめダニの世界に魅せられた研究者たちによって示された,生物学のひとつの到達点です.生物学に携わるすべての方々にきっと多くの示唆を与えてくれるでしょう.

内容(「MARC」データベースより)

多様な生活形態を獲得し、あらゆる環境、あらゆる栄養源を利用しており、人間生活ともさまざまな接点を持つダニ。近年ようやく研究されはじめ、急速な進歩を遂げつつある「ダニ学」の最先端を紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 431ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130602101
  • ISBN-13: 978-4130602105
  • 発売日: 2001/12
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,300,080位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。カレー レトルト豚汁