通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダナエ (文春文庫) 文庫 – 2009/5/8

5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,337 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 525
¥ 525 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダナエ (文春文庫)
  • +
  • 雪が降る (講談社文庫)
  • +
  • 名残り火―てのひらの闇〈2〉 (文春文庫)
総額: ¥1,962
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

男たちの生き方に共感必至!
CM制作を手がける麻生は昔の恋人の窮地を救うため突飛な手を考えた!(「水母」)。広告界と美術界を舞台にした力作3篇を収録! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女で、「これは予行演習だ」と告げる。宇佐美の妻は、娘を前夫のもとに残していた。彼女が犯人なのか―。著者の代表作といえる傑作中篇など全3篇収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 238ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/5/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167614057
  • ISBN-13: 978-4167614058
  • 発売日: 2009/5/8
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 188,524位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 収められているのは「ダナエ」「まぼろしの虹」「水母(くらげ)」の中篇3篇。
 タイトルとなった「ダナエ」の主人公・宇佐見は萩原朔太郎の詩の一節に象徴される「何物をも喪失せず、同時に一切を失ってしまった男」として描かれている。人もうらやむ成功を収めた今も、過去を引きずりどこか世捨て人のような生き方しかできない男。伊織さんは溢れんばかりのロマンティシズムとリリシズムをもって描ききっています。主人公の想いに思わず涙してしまったほどです。
 こうした男のリリシズムは、この本に収められている「水母(くらげ)」の主人公にも共通しています。昼日中から酒場の椅子に腰掛け酒を飲んでいる男、酒を愛し、博打を愛し、考え方は堅苦しく礼儀正しいくせに放蕩を愛する男、仕事にはけっして妥協しないくせに私生活には逸脱を愛する男。自堕落に見えても矜持だけは持ち続けている男。直木賞を受賞した伊織さんの名作『テロリストのパラソル』の主人公であったアル中のバーテンダー・島村もそうでしたが、とにかく切ないほどにカッコイイのです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 佐藤さえ 投稿日 2008/9/7
形式: 単行本
 表題作を含め3篇の作品が収められた本

 「ダナエ」展示されていた肖像画に、なにものかによって硫酸がかけられ破損してしまった。
 一人で犯人を探していた画家がたどりついた意外な犯人と、その動機。

「まぼろしの虹」血のつながらない29歳の姉と23歳の弟が自分達の母親の不倫相手について話し合うのですが。

「水母」10年前の恋人の映像作品「水母」を見ていると、突然画面が乱調になり面食らう主人公。作品の上映が終わったあとに、見知らぬ男性に相談をもちかけられて。

 文章がきれいなので、さらさらと読むことが出来る作品ばかりです。
 そして、読後感が乾いた感じでやさしい。
 作者の書く登場人物が、あまり欲がないため淡々としているせいなんだな、と思い当たりました。
 とくにこの本は、人物達の場所の移動が少なく、事件も血なまぐさいものがないため、その感が強かったです。
 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
美術界、広告業界に生きる男を主人公に、心の機微を端正に描く藤原伊織氏らしい作品3篇が収められている。

ギリシャ神話とレンブラントの絵「ダナエ」に着想を得たという表題作。喪われた過去への悲しみと悔恨をミステリータッチで綴る。(『乱歩賞作家 青の謎』所収 2004年八月刊行)

かつての恋人の危機に際し、「自分を卒業できない」主人公の、痛ましい「卒業」を描く「水母」。(2002年7月発表「卒業」を改題)

熟年離婚を題材に、登場人物それぞれの心模様が透かし絵のように現れてくる「まぼろしの虹」。(2006年10月発表)

近作であるこの作品が一番好きだ。一人ひとりに焦点を当て、その内面をふくらませてみたくなる。特に、自由が奪われる前に「ごくふつうの、それもあまり縁遠くなくて、わりに近くにいるはずの人間にふれていたかった」として、二人の男女をひっそり眺めることに時間を費やした男。自由でいられる最後の晩に、真夏のおでんを一心に頬張る男。彼の心のうちはいかなるものか。彼の目に、二人はどう映ったのだろうか・・・ 余白に物語が潜む作品だ。

藤原氏のご病状の回復を心から願っております。そして多くの作品を読ませていただけますように。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ICHIRO トップ500レビュアー 投稿日 2009/5/16
形式: 文庫
5月17日が藤原伊織の命日である。2009年5月17日は三回忌になる。
この文庫本「ダナエ」の元になっている単行本は、
亡くなった2007年1月に出版された。中編3つの比較的薄めの小説集である。
中でも「まぼろしの虹」が発表されたのが
2006年の11月。おそらくは死を覚悟し、病が深刻になる直前の
「凪ぎ」のような時期に書かれている。
この中編を読むだけで、この本を買う価値はあると思う。
「中編集」とはいえ、3篇とも、書かれた時期が異なる。
3篇目の「水母」は2002年発表だから、
まだ食道ガンの宣告を受ける前。だからこの「水母」には、
「テロリストのパラソル」に通じるハードボイルドさと、重い暗さがある。
しかし他の2篇は、ガン宣告のあとに書かれている。
とくに「まぼろしの虹」……。

「ダナエ」も、どこか「救い」が用意されている作品で、
深読みすればガン宣告による藤原伊織の「突き抜けた諦念」のようなものさえ感じるが
「まぼろしの虹」には、虚無や暗さはほとんどなく、むしろ透明感が漂う。

巻末の解説を書いているのが、直木賞を同時に受賞した小池真理子。
この解説が秀逸だ。藤原伊織の世界を、こう表現
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー