中古品
¥ 647
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。コンディションガイドライン「良い」の状態です。発行年により装丁や定価が異なる場合がございます。ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さい。売り切れの場合はキャンセル手続きを致します。通常2営業日以内の発送となります。ゆうメール(配送番号なし)または商品により宅配便等での発送となります。発送日より3日から5日程度での到着となります。日・祝は定休です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダイヤモンド・エイジ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) 文庫 – 2006/3

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 647
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

近未来、ナノテクの発達により、文明社会は大きく変貌していた。世界は国家ごとではなく、人種・宗教・主義・趣味などを共有する者の集まりからなる、多種多様な“国家都市”に細分化されている。上海の貴族フィンクル=マグロウ卿は、孫娘の教育用にナノテクの枠をきわめた初等読本の作製を依頼するが…ダイヤモンドをはじめ、すべてをナノテクで作りだせるようになった近未来を描く、ヒューゴー賞・ローカス賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

スティーヴンスン,ニール
1959年、アメリカのメリーランド州生まれ。ボストン大学で、物理学と地理学を専攻した。卒業後、車の運転手や農作業、中華料理店の下働きなど、さまざまな職業を経験する。1984年、長篇The Big Uでデビュー。1995年に刊行した『ダイヤモンド・エイジ』は、ヒューゴー賞とローカス賞を受賞、21世紀を担う人気作家の地位を不動のものとした。1999年発表の『クリプトノミコン』も、ローカス賞を受賞している

日暮/雅通
1954年生、青山学院大学理工学部卒、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 447ページ
  • 出版社: 早川書房 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150115524
  • ISBN-13: 978-4150115524
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 478,057位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
読みながら、とにかく文学的な作品だと思った。と言っても、SFが文学に媚を売ってる感じではないし、文学がSFを利用している感じでもない。何というか、SFの可能性を追求した結果、新たな文学が生まれてしまった、という感じである。特に、凝りに凝った緻密な細部描写と、全体を貫く骨太なストーリーの、対比が非常に素晴らしい。陳腐な言い方をすれば、まるでバラードとギブスンが融合したみたいな感じである。SFファンなら心して読みたい、SF純文学の新たな金字塔というべき、傑作です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sandroc 投稿日 2006/11/13
形式: 文庫
圧倒された。物語は、多くの近未来SF同様、この特異な世界の存在を当たり前の前提として受け入れている読者に向けて語られるという形で進むのだが、その前提とされている世界があまりに独創的で大きな広がりをもっているので、読み始めたとき、あまりのわからなさに戸惑い、読み通せるかたじろいだが、読み進めていくと、そのわからなさがむしろ楽しく、快感になっていった。最後までわかりにくいことはわかりにくく、わからないこともいろいろと残るのだが、物語の世界に入っていくと、語られないことの背後にも膨大な世界が広がっていることが自然に感じられ、自分はのぞき窓から膨大に広がるこの特異な世界の一部を垣間見たのだという気持ちになっていく。SF読者以外の人にも読んで欲しい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 恵まれない環境に生まれた少女が、運命のいたずらか、何者かの意図か、ナノテクノロジーを駆使した、対話する本に導かれて成長する物語です。

 人が己を形作るとき、側に目標となる人物がいた場合、その人はもっとも幸福です。しかし、生身の人がいなくとも、人はいろんなものから影響を受け、己を作ってゆく事ができます。
 そのなかで人を変えるもっとも大きな力を持つのは、コンテンツだと私は思いますが、この小説は、そんな考えを見事に体現している作品です。

 サイバーパンクというジャンルで括られる本作ですが、テーマの主体はテクノロジーよりも、人が他者やコンテンツによってどの様に自分を変えてゆくかという事を正面から扱った、案外古典的なテーマの冒険小説となっています。

 また、社会における人の居場所がどの様に作られるか、深い考察を備えた本でもあります。
 正直、その構成と深い情報量は、圧巻の一言に尽きます。

 強くオススメします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「若き淑女のための絵入り初等読本」、このアイディアはすばらしい。

しかし、クラークやアシモフで育った私にとって、この本全体に漂う中途半端

さをどう説明すればよいのだろう。細かいエピソードを積み上げてひとつのス

トーリーにするのは別にかまわないと思えるのだが、個々のエピソードの連絡

がどのくらい取れているのかというと、どうなのだろうという気がする。そも

そもストーリーの脈略がうまくつかめなかった。そして、あの終わり方。もの

すごく中途半端という気がしたのは私だけだろうか。

 ガジェットOK、ディテールまあまあ、キャラクター意味不明なものもいく

つか、ストーリーにいたっては?がいっぱい。これがヒューゴー賞、ローカス

賞の受賞作である。

 もう私は、現代欧米SFを読めない体なのかもしれない。(泣)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 益永 英樹 投稿日 2013/7/25
形式: 文庫 Amazonで購入
超速で届き、ビックリしました。早速この週末から読み始めます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告