通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ダイヤのA act2(1) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダイヤのA act2(1) (講談社コミックス) コミック – 2015/11/17

5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダイヤのA act2(1) (講談社コミックス)
  • +
  • ダイヤのA act2(2) (講談社コミックス)
  • +
  • ダイヤのA act2(3) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『Matty式マッサージが自宅でできる! 脂肪とり! むくみとり! こりとり! 解毒棒』
足ツボ師Mattyの手のカーブや関節の形を忠実に再現し、むくみや冷えの改善、こりの解消、美ボディづくりに役立つ「解毒棒」。イタ気持ちいい刺激で、全身がスッキリ。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる!

俺は今、この場所に立っている───。2年生となった沢村栄純が、ついにセンバツ甲子園のデビューを果たす! 目指すは全国の頂点のみ!! 名門復活へ。青道高校野球部の快進撃が始まる!!


登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063955478
  • ISBN-13: 978-4063955477
  • 発売日: 2015/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
甲子園から2年生が始まり一気に話が進みます。
今巻は降谷無双の巻で沢村は・・・/// です。(笑)
作者の雷市好きは甲子園でも健在です。
今巻や47巻でも画かれていないのですが、甲子園に初めて立った瞬間の心情を描いて欲しかった・・・。
伊佐敷先輩から『どんな場所か自分で見てこい!』って言われたのに。なので☆-1です。
ただ1巻最後の沢村の行動と決意を見て思わず頑張れ!っと応援したくなりました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/1/23
形式: Kindle版
 今巻から第二部ということで、長野から身一つで東京に出てきた沢村少年も二年生になり、春のセンバツで甲子園デヴュー。
普通、出だしから景気の良いロケットスタートを切りたくなると思うのですが(読者もそれを期待するでしょうし)、寺嶋先生はここで主人公を活躍させず思いっきり「溜めて」きます。これはかなり勇気が必要な「溜め」ではないか、と寺嶋先生の深謀遠慮と采配にかえって感じ入りました。 
 そして一年間の厳しい高校野球生活で、先輩にプロレス技をかけられたり勝手にメールを送られたり少女漫画購入パシリをさせられたり、「投手はあきらめろ」と言われたり、イップスに苦しんだりしてもめげずにしぶとくタイヤを引き続けて、変化球を覚え、きれいなストレートも投げられるようになり、最初は沢村に対して感じ悪かった金丸とさえ「ワムーラ」「カネマール」と呼び合う仲になり、ひと周り大きく成長したわれらのダイヤのエース沢村栄純ですが、第一部公式戦終了時降谷にカッコ良い背番号奪取宣言を決めたその舌の根も乾かないうちに(?)、甲子園のマウンドにて、われらのエースは成長過程でいちいち躓く不器用なやらかす男であったということを思い出させてくれました。付け焼刃のチェンジアップをぶっつけ本番で投げて見事ワンバンさせちゃってから動揺してフォアボールをやらかした、あの王谷戦初回のピッチングが脳裏をよぎります(王谷戦
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
きっとこの巻は第二部の序章に入る前置きのようなものなのではないでしょうか。

act1では一試合一試合を丁寧に描かれていたので、春の甲子園編として、甲子園の話が5,6巻は続くのだろうと思っていたのですが、1巻で甲子園の話が終わり、はじめはびっくりしました。

ですが、次巻の予告の煽りの「さらに強くなるために必要な事とは何なのか」という一文を見て、あくまでも春の甲子園出場は夏を制すための通過点であり、青道野球部がこれから戦い、越えなければならない相手との出会いを描くための巻だったのだと感じました。

主人公の栄純にとっては、エースである、降谷との立ち位置を痛いほどに感じ、また、どうして皆が甲子園を目指すのかを疑問に思っていた栄純が「もう一度あのマウンドに立つために」とチームの目標としてでなく、自身の目標として甲子園に行くことを決意することになるact2の1巻にふさわしい始まりの巻でした。

甲子園初戦のリリーフでいきなりのフォアボールとヒット2本を打たれてしまい、次の試合ではマウンドに立つことができず、ベンチで皆にエールを送るのみ。
明日こそはマウンドに立って、チームに貢献したいと思っても、好投する降谷に栄純が入りこめる隙がない。
結局その試合で青道高校は敗退することとなり、栄純がマウ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1巻のレビューではなく、第二部全体のレビューになりますが・・・第一部で十分満足でした。とても頼りになり、キャラクターとしても魅力的な三年生たちと、なんだかんだ稲実に勝って甲子園に行くんだろう。そう思ってたのに、まさかの敗戦。三年生の引退。そしてその後の長い長い沢村のどん底時代。それをようやく・・・ほんとうによく頑張ってようやく乗り越えて、色々なことが少しずつうまくいくようになり、見事に選抜の切符を勝ち取った・・・エースにはなっていないけど、沢村が立ち直ってここまで成長してきて、もうそれだけで十分だよ・・・とダイヤのエースには十分満足してました。

なので、第二部には正直懐疑的でした。人気絶頂だから、ドラゴ○ボールとかのように、色々なところから圧力がかかってやめられないんじゃないか。そんな感じでやめられず無駄に長引かせられて、いつか残念な形で終わるんじゃないか。「あそこで終わらせておけばよかったのに」ということになるんじゃないか。
そんな予想を、見事に裏切ってくれました。現在(2016年11月)5巻まで出ていますが、選抜に出て、全国を知ったからこそ、更なる高みを目指そうと高い意識を持ち、練習に明け暮れる青道。その中で軌道に乗りはじめた者、空回りに葛藤する者、過去の自分と照らし合わせて振り返る者、それぞれがそれぞれの考えを持ち、頂点を目指して苦闘する様が真
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック