中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少のスレ、ヨレ等ありますが、全体的に概ね良好な状態です。中古品であることをご理解いただいてご購入ください。 原則ご注文後24時間以内に東京都よりゆうメールで発送いたしますので、早ければ注文から2日~3日で到着します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダイバー漂流 極限の230キロ (新潮OH!文庫) 文庫 – 2000/10

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

救命ボート、食料があってすら、遭難者は漂流3日以内に絶望し自殺するという。身一つで流されたダイバーが、新島から銚子沖までの230キロを生き延びた。


登録情報

  • 文庫: 227ページ
  • 出版社: 新潮社 (2000/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102900217
  • ISBN-13: 978-4102900215
  • 発売日: 2000/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 545,660位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 僕は長時間をかけて海で泳いだり、素潜りして遊ぶのが大好きだ。長い時間泳いでいると、徐々に身体が海水に溶け出していき、どこまでが自分の身体で、どこからが海なのかハッキリしないような不思議な感覚になるが、それがまた心地よいのだ。しかし、本書を読んだ後は「さすがにここまでの遠泳はしたくないな」とつくづく思った。
 このノンフィクション物語の主人公は新島でのダイビング中に黒潮に流され、身一つで銚子沖まで230キロに及ぶ漂流をする。普通ならば死んでもおかしくない状況だが、主人公の楽天的な性格(何と漂流中に加山雄三さんの『光進丸』を歌っていたというから凄い!)、彼に生きる勇気を与えてくれたクジラや様々な海洋生物との出会い、そして幾つかの幸運な出来事に恵まれて、彼はマグロ漁船に救われる。
 主人公が助かった背景には幾つもの小さな奇跡があったわけだが、それを呼び込んだのは彼の天性の明るさだったのかも知れない。あるいは、この遭難から救出に至るまでの一連の出来語事は、気まぐれな海の女神のいたずらだったのだろうか? いずれにせよ、海と関わる全ての人に教訓を与えてくれる一冊だ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
漂流記というよりもダイビング事故に関するノンフィクションとしての
読み甲斐があります。
漂流中の心理描写においては、漂流者本人の記述ではないだけに、
今ひとつ臨場感にかけるところがあるのは否めないでしょう。
そのあたりの精神状況を知るには、やはり漂流者本人による自伝
(いくつもあるのでどれとは言いませんが)を読むべきだと思います。
とは言え、漂流者の『助かるはずだという楽天主義』、
これだけは人生見習うべきところが多いと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自身、結構この手の書物。つまり、ノンフィクションの漂流記等所謂サバイバル本は結構読んでいる人間なのだが、この本が最初目に入った時ちょっと「おや?」と感じた。多くのサバイバル記は勿論極限状態の描写が多く、大抵1ヶ月程度の漂流パターンが多く(たか号漂流等がそれである。世界に目を向ければ3ヶ月以上というケースもざら)この本の場合1週間にも満たない。それでも「極限」と名を冠されていたので微妙に腑に落ちなかったのである。
しかし、本書を読んだ時その意味がようやく理解できた。つまり、この本の主人公であるダイバーは船等に搭乗して漂流したわけではなく、生身の体一本で大海洋を漂流していたのである。説明では大部分がこの漂流パターンだと3日以内に命を落とすと書かれていたが、その意味も明白になった。
まず物理的な面では、船での漂流と異なり生身の体が海水と直接接する訳で、体温調節が殆ど不可能になる事と全体的な体力の消耗。それと勿論ちょっとした時化があっても一貫の終わりであろう。
更に重要なのが精神的な要因だ。まず本書にも触れられているが、陽が落ちて
周囲が闇に囲まれた時の恐怖感と絶望感である。他書のサバイバル本でも夜に対する恐怖が良く語られていた。これらは人間の本能的感覚であり避けようも無かろうが、本書は特に身一つでぷかぷか浮いているわけでその恐怖は更に深まっただろう
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
御蔵島で潮流に捕らえられたダイバーが、銚子沖で漁船に保護された。
漂流時間3日、距離230km。
彼はどうやってこの苦行に耐え、生き延びたのか、に興味を持った。
海を職業にするのでこそないけれど、毎週海に入る生活なので、万が一の場合のサバイバル術には興味津々なのだ。
が、彼は存外に何もしていない。水を得る、食料を得る努力もしない。
あまり心配もしない。
太平洋に浮いてて、「漂流中、サメのことは思い出しもしなかった」というから大した心臓だ。
夜光虫で遊んだり、カニを仲間にしたり、クジラに助けたもらおうと傍に泳ぎ寄ったり、結構呑気に漂流している。
浮力体の浮力を手放す、体温を維持するためのウェットを脱ぐ、など「失敗」こそないが、彼が生きていたのは「性格」と「運」によるものらしい。
海のサバイバル、って努力してなんとかなるもんじゃないのかもしれない。
流されちゃったら「なるようになるさ」って思うしかないんですかね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー