通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ダイナー (ポプラ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【カヴァー・表紙】掻きキズ。後表紙、開き。(※クリーニング・防水発送いたします)吉
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダイナー (ポプラ文庫) 文庫 – 2012/10/5

5つ星のうち 4.3 72件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 2

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダイナー (ポプラ文庫)
  • +
  • 独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
  • +
  • メルキオールの惨劇 (ハルキ・ホラー文庫)
総額: ¥2,084
ポイントの合計: 49pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第13回(2011年) 大藪春彦賞受賞 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容紹介

ひょんなことから、プロの殺し屋が集う会員制ダイナーでウェイトレスをする羽目になったオオバカナコ。
そこを訪れる客は、みな心に深いトラウマを抱えていた。一筋縄ではいかない凶悪な客ばかりを相手に、
カナコは生き延びることができるのか? 次々と現れる奇妙な殺し屋たち、命がけの恋──。

人の「狂気」「恐怖」を描いて当代随一の平山夢明が放つ、長編ノワール小説。


<帯文>

「血塗られた食堂。無器用な男女の 愛を語るのが、料理だけというのがたまらない。北方謙三」

「平山さんの、人として間違ってるところが好きです。本谷有希子」」

第28回日本冒険小説協会大賞受賞作。

『おすすめ文庫王国2013』(本の雑誌社)国内ミステリー第1位

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 533ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2012/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591131173
  • ISBN-13: 978-4591131176
  • 発売日: 2012/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,456位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
或いは死すら救いと感ずる地獄を見るか。

平山式恋愛譚は「恋のやり取り」よりもまず「命のやり取り」から始まる。
否、この二つが同時に進行する。
否否、そもそも両者は同義なのであろう。
その日の売り上げよりウェイトレスの生死が安定しないような異界じみた定食屋に配属された女、カナコ。
店の主で元殺し屋――相手にする客も皆殺し屋――飼っている犬も実は殺し屋――というまさに筋金入りの男、ボンベロ。
二人の恋愛模様=生殺与奪のシーソーゲームが繰り広げられるエンターテイメント作品、それが『ダイナー』である。

まず登場人物のキャラ造形が素晴らしい。
主人公の大馬鹿な子……まさにその通りの人生を過ごしてきた「可哀想な女」であるが、同時に「可愛らしい女の子」としても描写されている。
その恋愛小説的キャラクター性は、これまでの平山作品ではついぞ見た事のない乙女力に溢れていて、
なにか鼻の奥をくすぐられるようなもどかしさ、微笑ましさを禁じ得なかった。
裏社会の怪物どもに囲まれた異常空間で翻弄されながらも、次第に成長し順応していく様子も王道的で面白い。
そんな彼女を顎で使うオーナー・ボンベロ。素っ気なく、容赦なく、妥協しないプロフェッショナル。
過去の平山
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
満腹感で一杯だと思いきや、空腹感に襲われる感覚を初めて感じました。

人の欲望の全てが詰め込まれています。

食という生きるために不可欠なものと、死との密着感が読み進めていくうちに臭いとなって脳内に伝わってきます。
読み終えての感想としては、絶望的な人生、明日からの生活に何をすべきか悩んでいる人達にぜひ読んで欲しいと思わせる人生のバイブルです。

本当の辛さ、寂しさ、妬み、嫉妬等、負の感情の集大成が詰まっています。

しかし、読み終えた時に広がっていく不思議な感覚をぜひ読んで体験して欲しいです。

言葉で説明し難いですが、読んでもらえたら通じる気持ちがそこにあると思います。

自分のこれからの道を大きく示してくれる、時間の損を感じさせないどころか、不思議な世界の旅をし、新しい自分を見つけられる至高の一冊です。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
総じて言えばLEONのような仕上がり。
気になっていたグロ表現ですが、グロ耐性が無い私でもサクサク読めるほどエグい表現はありませんでした。
各登場人物の人間性が読み進める毎に明瞭になり、様々な感情が入り混じる。
文字でこれだけアクションを表現できる才能は流石だと思いました。
あとは、料理の素材の説明会がとても香ばしく、皆さん仰っているようにお腹が減る小説ですね 笑
人間色んな欲があると思いますが、是非何かが満たされない時に読んで下さい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自棄な気持ちからいかがわしい闇バイトに手を出し
ヤクザにつかまって自分の墓穴を掘っているところから始まるという
平山夢明らしいめちゃくちゃで疾走感のある物語。

日本っぽいけど日本とは思えないような殺し屋たちの集うダイナーの光景は圧巻。
出てきてすぐに死ぬキャラまで含めて印象的でない人物が一人もいない。
日本語の限界を試すような暴力的な比喩からは物理的な圧力を感じるよう。まさに文圧。

そしてまた出てくる料理の美味そうなこと!
ほとんどがハンバーガーだし、飲み物はバケツいっぱいのミルクシェーキだったりする
胸焼けのしそうなものばかりなのに、腹一杯に詰め込みたくなってしまう。

一部の展開が唐突だったり、前半に比べて後半の展開が急すぎたりと
構成の雑さを感じないわけでもないが
そんなのは些細なものだと思わせてしまうパワーに満ち満ちている
なんともロマンを感じるラストまで含めて
平山夢明の小説でも一番好きになった作品
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 組織の名うての殺し屋が集う定食屋(ダイナー)『キャンティーン』。ほとんど絶望的な状況から、ウェイトレスとして働くことになったのが、本作品の主人公・オオバカナコ。店の王にしてたぐいまれな料理人・ボンベロのもとでしごかれ、鍛えられるうちに、徐々にタフな女ウェイトレスとして蘇生し、成長していきます。
 最悪の展開に必死に頭を働かせ、立ち向かい、息を吹き返し、変貌していくオオバカナコの姿は、見ていて酸欠になるような、とても胸苦しい気持ちになりました。と同時に、そのサバイバルな姿がすごく痛快で、いつの間にか「負けるな、オオバカナコ!」と、声援を送っていましたね。

 本書のあとがきで作者が、<自分のなかにあるエンターテインメント的なものを読み易い形ですべて注ぎ込んだ作品を書いてみたいと思っていました。読者の方々が、時間と世の中の憂さを忘れて没頭できるような物語を一作でも多く書きたい──という欲求は“祈り”に近いものがあって、そうしたなか生み出されたのが本作であり(後略)>と語っている言葉に偽りはなく、これはすごく面白くて、単行本470頁を約一日かけて、一気読みに走らされました。

 この作品の魅力としては、旨そうな料理の描写、イカれた殺し屋たちの個性的なこと、拷問や殺しのシーンのむかつくばかりの凄惨さなど挙げられますが、わけても心にヒットし
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー