中古品:
¥ 350
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【中古品】2本目以降1本につき100円キャッシュバックいたします。(同時発送に限り)レンタルアップ品ですが、ディスクは研磨して、DVD専用トールケースに入れ替えて発送します。OPP透明袋に入れて保管しいますので、非常にきれいな状態です。1~3日以内にゆうメールにて発送いたします。(ポスト投箱保障ナシ)本数、規格によって発送方法が変わる場合があります。プチプチの梱包材に巻いて、封筒にて発送いたします。ジャケットやディスクに管理シールが貼られています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ダイアリー・オブ・ザ・デッド [DVD]

5つ星のうち 3.2 88件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 980より 中古品の出品:10¥ 234より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でダイアリー・オブ・ザ・デッド(字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ミシェル・モーガン, ジョシュ・クローズ, ショーン・ロバーツ, ジョー・ディニコル, スコット・ウェントワース
  • 監督: ジョージ・A・ロメロ
  • 形式: Color, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2010/05/26
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 88件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003CITCAQ
  • JAN: 4988102837938
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 126,913位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ホラーの巨匠ジョージ・A・ロメロが放つ新たなゾンビ映画の金字塔!
目前に迫りくる恐怖を“体感“せよ!

★熱狂的ファン多数!!ゾンビの“本家本元"ジョージ・A・ロメロ待望の最新作は、これぞ最強のゾンビ映画!
★『クローバーフィールド/HAKAISHA』でも話題のP.O.V.撮影で体感する、圧倒的臨場感の恐怖!
★タランティーノら、ロメロを崇拝するクリエイターたちが声のカメオ出演!

〔ストーリー〕
米・ペンシルバニア州。映画学科の大学生たちが卒業制作として森でホラー映画の撮影をしていた。そこにラジオから「世界各地で死者が蘇り、人間を襲いだしている」とのニュースが飛び込んでくる。家族や友人と連絡が取れず、家路を急ごうとしたところに、死者が人間を襲っている姿を目の当たりにする。この状況をカメラに収め、世界に発信しようと使命に燃える学生たちだったが、世界の終焉は確実に近づいていたー。

〔キャスト〕
ミシェル・モーガン/ジョシュ・クローズ/ショーン・ロバーツ/ジョー・ディニコル/スコット・ウェントワース

〔スタッフ〕
監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ

製作/2007年 アメリカ
(C)2007 George A. Romero's Diary of the Dead, LLC. All Rights Reserved.


■音声:英語5.1ch/日本語5.1ch/英語2ch
■字幕:日本語/吹替用字幕/解説用字幕
■収録時間:本篇/約95分(予定)
■DVD1枚
■カラー
■片面1層
■画面サイズ:16:9LB ヒ゛スタサイス゛
■リージョン2
■トールサイズ

〔映像特典〕
●ジョージ・A・ロメロ×撮影監督×編集によるオーディオ・コメンタリー収録


※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございますのでご了承下さい。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督が主観撮影で描いたサバイバルホラー。大学の卒業制作として山奥でホラー映画の撮影をしていたジェイソンたち。そんな中、世界各地で死者が蘇り、街の人々を襲う事件が起きる。“バリュープライス”。※R15+

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
P.O.V(Point of View Shot):主観ショット又は視点ショットを駆使した映像
これまでのロメロ映画とは一線を画する。
この主観ショットの方法で撮られた『REC』『28日後…』等に見慣れてきた人達からは歓迎されたのかもしれない。しかしながら、昔からのロメロファンからは厳しいご意見が飛び交う結果となってしまった問題作。しかもかなり低予算で作られているので『ランド・オブ・ザ・デッド』からの流れから察するに物足りなさを感じたのかもしれない。
でも、終始落ち着かない映像と若く危なっかしい若者の行動が相まって臨場感が凄まじい。今何が起こっているのか?という状況を演出するのに効果的になったのではないでしょうか。なぜロメロ監督がP.O.Vを取り入れたのかは『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』の状況と似ている。
原点回帰なネオ・ゾンビ作品となった。
一貫して人間の愚かさを描き、試されている感覚にブレがない。拠点を求め彷徨う『ウォーキングデッド』に近い感覚です。素晴らしい。
この作品の後に続編に興味を示さなかった監督が『サヴァイバル・オブ・ザ・デッド』という続編を撮り『ランド・オブ・ザ・デッド』へと昇華されていきます。ぜひ続けて観てほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Bo-he-mian トップ100レビュアー 投稿日 2017/5/24
形式: DVD
本作『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』(‘07)は、前作『ランド・オブ・ザ・デッド』(‘05)に始まる、ロメロの「新リビングデッド・サーガ」の第2作。今回は『死霊のえじき』(‘85)、『ランド~』と、ロメロをサポートしてきたユニバーサルがからんでいないため、前作とは比較にならない低予算で、多くのファンから酷評され、賛否が真っ二つに分かれる作品である。
昨今はやりのPOV(Point Of View Shot=主観映像)スタイルを取り込んだ事が、時流に便乗した安っぽい内容だとの文句が多いが、果たしてそうだろうか。

実は本作、元々は劇場用映画ではなく、セルDVD用のオリジナル作品として企画がスタートしたものだったという。つまり、低予算で尚且つ、大画面ではなくTVやPCでの視聴を前提とした企画だったという事になる。そうした制約の中からロメロが発想したのが主観映像という方法論だった事がわかる。しかも、本作をちゃんと観ていれば、これは苦肉の策などではなく、リビングデッド・サーガでロメロが描こうとしていたテーマをより鮮明にした・・・『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(‘68)以降、ロメロ自身も陥っていた「形式」という名の呪縛から鮮やかに解き放たれた傑作と言っても過言ではない、という事が判るはずだ。

ストーリーは極めてシンプルで、自主制作映画
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 学生達が映画を撮っている時に突然世界がゾンビ現象に襲われる。学生達はそのままカメラを回しドキュメンタリ映画をつくろうとするのだが。。。
 大御所ジョージ・A・ロメロが送るゾンビPOV映画。

 この映画が他のPOVと違うところはPOVが映画のテーマとしてあるところだ。世界が崩壊し主要メディアがなくなってしまうと人々はネットを通じてそれぞれの主観に基づいた情報を配信する。それが返って世界を混乱させる。
 命を危険にさらしてまで発信する意味はあるのか、そもそも人類など救う必要はあるのかと、ゾンビを通して社会を見る姿勢は今までの作品と変わらず持っている。

 ブームの元祖が最近の流行りを取り入れて自分で撮るというのはとてもリスキーなギャンブルだが、ロメロはその賭けに見事に勝ったと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ロメロ監督がPOVな感じでゾンビ映画を作りました。

あくまで「POVな感じ」で、RECシリーズやクローバーフィールドのような
純粋なPOV映画ではないです。(途中でBGMが入ったり、語りが入ります。)

ランド〜までの主人公に比べると、今作の主人公はちょっとアホです。
見ていてイライラすることも多々あるかもしれません。
前作までの主人公たちが、曲がりなりにも主体的に行動していたのに対して、
近作はカメラのことばっかり気にして、ほとんど何もしません。

個人的には、前評判が悪かったので、期待せずに見たら
まあまあ楽しめました。★3.5点くらいです。

他の方の仰るとおり、緊張感とかスピード感とかは皆無です。
リメイク版ドーンや28日後、28週後、RECのような映画が好きな人は
肩透かしを食らいます。

かなりマッタリユルユルなので、注意が必要です。

ただ、良い点もいくつかあります。

・脇キャラの口のきけない爺ちゃんが良い
・テキサス娘が美人(好みは分かれる)
・いつも通り説教くさい
・全体的にユルいので、ポテトチップスとコーラを安全に飲食しつ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す