中古品
¥ 1,461
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【★年中無休で毎日発送致します。すべての中古商品をクリーニングしております。梱包にはエアクッション(プチプチ)を使用致します。★】【★基本、配送は「メール便」となりますが、商品代金が5000円以上(送料別)の高額商品に関しましては、お問い合せ番号がある配送方法を利用致します。★】【★中古商品の為、ヤケ、キズ、スレ、破れ、汚れ、多少の書き込みが見られる場合がございます。詳しくはAmazonの「コンディションガイドライン」をご確認ください。また付録、付属品に関しましては、記載がない限りないものとお考えください。★】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

タングステンおじさん―化学と過ごした私の少年時代 単行本 – 2003/9

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,461
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   『レナードの朝』『火星の人類学者』など、優れた医学エッセイで知られる脳神経科医オリヴァー・サックスが化学に心酔した少年時代を振り返ったエッセイ集である。19世紀半ばにロシアからイギリスに移住したユダヤ人の孫として生まれた著者は、献身的な医者を両親に持ち、化学、物理、生物学に通じる叔父や叔母のいる理系一家で育った。なかでも、とりわけ興味をそそられたのが金属だった。周囲の薫陶を受けつつ、やがて少年は華麗な変化を巻き起こす物質たちの虜(とりこ)になってゆく。

   とにかく面白い――本書を読み終えた感想はこのひと言だった。本書のテーマは無機化学だ。無機化学というといかにも無味乾燥な響きがして、実際、味気のない啓蒙書が多いものだが、著者が描き出す世界はこの上なく豊かに彩られていた。電球のフィラメントを作る会社経営者であるタングステンおじさんをはじめ、具体的で博物学的な知識を教えてくれる面々はまるで生きた博物館だ。水銀に浮くタングステンの比重に驚嘆したり、猛毒の塩酸と苛性ソーダを混ぜた溶液を飲んでみたり、サウス・ケンジントンの科学博物館に飾られた周期表の前で何時間も夢見心地で過ごすなど、みずみずしい感性の少年が実験に挑み、物質の魅力にとりつかれてゆくさまは、まさに化学をめぐる冒険であり、読む者は引き込まれずにいられない。

   何よりも、化学を既知のものとして教科書的に説明するのではなく、“センス・オブ・ワンダー”をもって自然の神秘とその謎解きをつづっているのが本書の魅力の源泉である。加えて、元素の発見から周期表、放射線、量子化学まで、時代背景とともに化学の発展を紹介する手法はわかりやすいし、随所に織り込まれたユニークで優秀なサックス家の人々や偉大な科学者たちのエピソードは読者を飽きさせない。とかく敬遠されがちなサイエンスの、しかも無機化学というテーマをこれほど面白く描き、その本質をしっかり伝える著者の力には完璧に脱帽だ。(齋藤聡海)

内容(「BOOK」データベースより)

「タングステンこそ理想的な金属だ」と、その根拠を力説してくれたおじ、遍在する数の法則を語るおば、真摯に働く医師の両親、発狂してしまった兄。強烈な個性がぶつかりあう大家族にあって少年サックスが魅せられたのは、科学のなかでも、とりわけ不思議と驚異に満ちた化学の分野だった。手製の電池で点けた電球、自然を統べる秘密を元素の周期表に見いだしたときの興奮、原子が持つ複雑な構造ゆえの美しさなど、まさに目を見張るような毎日がそこには開けていた…だが、化学の魅力は、実験で見られる物質の激しい変化だけではない。キュリー夫妻ら、研究に生涯を捧げた人々の波瀾万丈のドラマもまた、彼にとってまばゆいばかりの光芒を放っていたのだ。敬慕の念とともに先人の業績を知るにつれ、世界の輝きはいっそう増してゆく。豊饒なる記憶を通じ、科学者としての原点と、「センス・オブ・ワンダー」の素晴らしさをあますところなく伝える珠玉のエッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 386ページ
  • 出版社: 早川書房 (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152085177
  • ISBN-13: 978-4152085177
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 639,530位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
驚いた。いつもは専門の脳神経科医としての臨床体験から、システムとしての人間の不思議さ、深遠さを語ってくれる著者が、この本で語っているのは物質化学だ。それがまた化学の歴史をたどるように、ひとつひとつを自分で体験しながら理解していっているのだから、すごい。しかも十代前半で、である。周期律表のそれぞれの元素について、ここまで馴染んでいる人は、物理、化学の専門家でもそういないのではないだろうか。おかげで著者の少年時代を追体験しながら、読者も物質の成り立ちや化学の歴史を身近な感覚で学べてしまう。科学を日常生活に即して学ぶことの意義や、著者の人間を見る眼の表れなどについては、全部訳者があとがきで書いてくれている。とにかく読んでみれば、科学のおもしろさを味わえること、請合いである。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はメディカル・エッセイで有名なオリヴァー・サックスの少年時代の自伝だ。と同時に、化学史の面白いエッセイになっている。著者サックス氏を知らなくても、私たちが高校までにならった知識がどのようにして化学者たちによって得られてきたのか、その生き様とともに知ることができて楽しい。そんな組合せが実現したのは、著者が「タングステンおじさん」など金属と出会う機会を持って以降、少年時代に激しく化学にのめりこんでいたからだ。化学史といっても自然体で語られるので教科書臭さはないし、自伝だからといって私的な話で終わるわけでもない。半世紀以上前の英国の空気も感じられて一気に読み終えて、またもサックス氏の織り成す世界にやられたと思った。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
オリバーサックスの待ちにまった自伝です
彼独特の面白い思考形態がどのように育まれていったかが
垣間見れてファンにはたまらない一冊です
しかし、読めば読むほど面白い家族だったんだなあと思います
お母さんとお母さんの家系がすばらしい
私も普通を気にしながら生きるのは止めよっと!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ユダヤ人がユダヤ人以外の女性と結婚する、これはもう全てを失うと言う事で、著者のおじさん(著者の父親のお兄さん)は一族の許さない女性と結婚したために、全てを失います。地位も名誉も、そして身内からも除籍され、存在自体なかった事にされてしまうわけです。

著者の父親は隠れて兄に会いに行っていたり、おばのひとりは居間に置いてある兄の写真を別人だと言ってその場から写真を撤去する事を拒みます。存在していた人が一族の事情で存在しない事を暗黙の了解として受け入れなくてはいけないわけですけど、著者も結局はおじと同じ一族の期待よりも自分の心を優先する選択をしたんじゃないかと思います。

おじはユダヤ人以外の女性と結婚したために一族の家長として豊かで恵まれた生活を捨て去るわけですけど、一族のシンボルとしての輝かしい道を捨ててひとりの庶民の女性と一緒になる事を選んだおじは一族から見れば裏切者なわけです。

愛する女性と一緒になったためにおじは結婚前のような豊かな生活は望めませんし、後ろ盾もありませんから、大変な道を選んだわけですが、このおじの選択は正しいと言う事も、身内の人達は分かっていらっしゃるんだと思います(大変頭のいい人達の集まりですから)。

神とともにある民族は神に逆らう事は原則できないわけですけど、神ではなく自分の
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告