新品の出品:1¥ 24,650より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

タユタマ -kiss on my deity- 初回限定版  [アダルト]

プラットフォーム : Windows
5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 24,650より

アダルトPCゲーム(エロゲ)ストア
予約受付中、もうすぐ発売、発売直後のタイトルが一覧できる便利なストア。ベストセラーランキングや、掘り出し物が見つかるバーゲンコーナーも。 いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B0017UM58W
  • 発売日: 2008/7/11
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

体験版をプレイして、まずアメリ派だと思っていた自分が、ましろの「やちまたー、やちまたー。まつえー?」
にノックアウトさせられました(笑)
ましろはずるいと思う(笑)
アメリはいじらしい。美冬はボイスがすんばらしい。
ゆみなは想像以上に悪くない(笑)
蘭ちゃんにユーディ、三九も良い!
シナリオは、前作のいつ空に近い読み物っぽさがあるけど、いつ空よりは分かりやすそう。
ムービーの瞬間スプラインは、ナーサリー系かな? ハイでなかなか良いです。
体験版の内容で、あれだけ長いのは他にないと思うので、購入を考えてる方はプレイしてみて下さい!
システムもやりやすいので、いつ空の抵抗感は払拭しましょう!
どことなく、さくらシュトラッセのボイス形態と似てるところがあるのも、良い味出してます!
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
体験版をプレーしてみてですが、つかみはなかなか良い感じです。
発表されているのがキャラ紹介だけでの人気投票は、アメリが1番だったはずですが、実際にプレーしてみるとこれがなかなか、他のヒロインにも興味が沸いたので体験版の役目を十分に果たしていますね。
内容としては、今のところ純愛メインの普通のエロゲと言う感じですが、ここの前作はラストにトンでも設定があった「いつ空」なのでまだまだ警戒が必要かと、前のライターさんは関わっていないようなので、そこに賭けたいところですが...
しかし、ここは毎回ライターが変わっていますね。
絵は相変わらず、良い原画氏さんのおかげでキャラの魅力を引き立てる良い仕上げに成っています。
声も各ヒロインともに違和感を感じませんでした。むしろ、脇役に属する主人公の親父さんが、性格と声が見事にハマっていましてプレーしていてかなり笑いました。
システム面としては必要分は揃ってますが、それほど卓越した感じはしませんね。
体験版では音質が落とされていたため、こちらは評価対象としませんでしたが、気に入った曲はいくつかありました。
以上、期待値として星4つとさせてもらいます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ようやく全ルートクリアしました。とりあえず感じたことは、演出がとてもいいです。
 まず、主人公が誰かとメインに話してたり、心の中でなにか思っているときとかに第三者と第四者同士の会話がなんか遠くで話しているような演出が出されていたのにはちょっと感動しました。今までそんな演出をだしているゲームはやったことがないので新鮮に感じました。登場人物でもの凄く印象に残っているのが主人公のお父さんです。なんたって声がどう見ても若本さん。CVのところには比留間とか書かれていましたが、はたして同一人物かどうか。でもこのお父さんすごく面白い人です。威厳ある声にこの性格というのがたまりませんw。後システムも中々出来が良いです。テキストは読み返すだけでなく台詞をクリックすればそのシーンまで戻ってくれる機能までついています。 
話の内容はパッケージとヒロイン達のほんわかとした雰囲気に似合わず意外にしっかりしています。というか結構感動系のお話です。ヒロインのましろは人間と共存していこうと考える精霊というか神様的な存在です。主人公と協力してましろと敵対する「三強」というこれらもまたましろと同族の者達と戦っていくわけですが、こいつら全てが真っ向から人間をつぶそうと考えてるわけではありません。むしろ人間のためを思っているやつもいます。そのうちの一匹の応龍というやつは特に考え方がしっかりしている
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
絵は相変わらず素晴らしい!!!
さすが、萌木原ふみたけさんですね。
シナリオは最初は心配でしたが、意外といい感じで
展開が楽しみです。
BGMもなかなかイケます。

登場人物は脇役で主人公の父の裕導が結構キャラが濃くて
いい味出してるw
他の脇役(玄造や蘭ちゃん)もイイ!
メインヒロインはましろが一番ですな。

シナリオ次第で良作間違いなし!!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みけみけだっしゅ VINE メンバー 投稿日 2008/7/20
ましろ、美冬ルートのみクリアにてレビューさせていただきます。
いつ空から約1年と半年、次回作を非常に楽しみにしていましたが、蓋をあけてみれば悪いところが目立ちました。
まずキャラクターの性格が体験版とは打って変わって不快でした。特に主人公ですが、共通ルートでのましろやアメリ、美冬も自分の考えが絶対正しいとして相手を軽んじる発言が何度も見られました。気分を害された上、こんな主人公のどこが魅力的なのか理解しかねます。
そしてシナリオ。初回プレイはおそらくましろルートで固定されると思うのですが、ましろルートにおける共通部分のアメリ絡みの箇所が素人目に見ても急展開過ぎで、かつキャラの性格が一変します。前触れもなくアメリと喧嘩し、お互い相手を罵るばかりで最後は実力行使。シナリオライターの人はどういう構成を描いていたのでしょうか。
構成と言えば、各ルートの共通部分はヒロインによって順序が入れ替わり、その後個別ルートの物語に入ります。この「共通部分の順序入れ替え」というのが厄介で、話の整合性を維持するために9割方各ルート同じ共通に若干の変化が生じ、結果としてシーンスキップが無力化されます。シーンスキップが完璧に効果を発揮するのは全キャラ完全攻略後というのは皮肉ですね。
それから戦闘シーンのエフェクトですが、いつ空に続き非常に拙い。同じ様な雷や炎が
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー