タブロイド [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

タブロイド [DVD]

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,104 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,980より 中古品の出品:10¥ 390より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョン・レグイザモ, レオノール・ワトリング, ダミアン・アルカザール
  • 監督: セバスチャン・コルデロ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: スペイン語, 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 2006/09/22
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GJ284Q
  • EAN: 4933364611277
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 131,350位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

セバスチャン・コルデロ監督が人間の持つ二面性を描いたサスペンスドラマ。連続殺人鬼“モンスター”を追うマノロとマリサ。インタビューという名の壮絶な心理戦の中で、TVレポーターの目を通して人間が持つ悪魔的な二面性に鋭く切り込む。

内容(「Oricon」データベースより)

人は誰しも“被害者”“加害者”になる可能性がある。人間の二面性を鋭く描き、過剰なマスメディアの危険性を切り込んだ衝撃作。実在した連続殺人事件にインスパイアされた社会派サスペンスストーリー。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

救いのない暗い映画です。
「世の中には説明できないことがあると。
犯人捜しのモヤモヤが続き,後味の悪いラスト・・・
アメリカ映画ならぎりぎりで助けられる少年,犯人逮捕!バンザーイ!という感じなのでしょうが,
皮肉なラストにため息しか出ません。

」ジョン・レグイザモがカッコいいのは当然ながら,カメラマン役のホゼ・マリア・ヤスピックがひょろんとして飄々としていていい味出してます。

レオノール・ワトリングがキュートで可愛いです。

ダミアン・アルガザールの熱演が光ってます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
観る方向を変えることで様々な事柄が見えてくる作品。

TVクルー、特にマノロを主人公として観る事で見えてくるのは、マスメディアに生きる人間として当然の欲望、すなわちスクープに対する強い欲望と、一人の人間として捨てきれぬ倫理観。この2つの狭間でゆれるマノロの葛藤が浮き彫りになってくる。更には、扇動的な記事を非難しながら、他方でその扇動的記事を貪り読む一般の人々の存在も浮き彫りになる。

殺人犯を主人公として観ると、好感を与える一見普通の人間が、同時に残虐行為をやってのけるという不思議を考えさせられる。

50分に及ぶ特典映像では、この作品が世に出るまでの経緯と、製作の舞台裏が詳しく語られている。この作品がサンダンダンス・NHK映像作家賞に入選したことがきっかけで製作され、本国エクアドルで半年以上ものロングラン・ヒットを記録した事に納得する。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映像の見せ方ひとつで
加害者は被害者に、被害者は加害者になるときがある。
いろいろと考えさせられる映画。
自分の判断基準を改めて考え直そうとすら思えた。

ある事件が発端の映画だが、
さらにもうひとつの事件と交錯し、衝撃のラストへ。
ラストのあまりの衝撃に★5から★4の気分になった。
映画が悪いのではない。
ただ、あまりにもむごすぎる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hughjack 投稿日 2006/7/22
Amazonで購入
人間の暴走した感情は恐ろしい。

一人の人間が『被害者』にも『加害者』にもなり、誰もがどちらにもなりえる『心の中』が良く描かれている作品だと思います。

何がきっかけで人間は境を越えてしまうのか。『集団』だから?『個人』だから?

欲望の為に人間はどこまで善を保っていられるか?どこから悪になるのか?など、考えさせられる映画だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック