タッチ スペシャル・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,000
通常配送無料 詳細
発売元: YOUメディア
カートに入れる
¥ 3,400
通常配送無料 詳細
発売元: SAKURAYA online mall
カートに入れる
¥ 4,900
通常配送無料 詳細
発売元: madaiJAPAN
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

タッチ スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 2.7 71件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 3,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,480 (54%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、スラスラ本舗♪が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でタッチを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • タッチ スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • ラフ スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥6,400
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 長澤まさみ, 斉藤祥太, 斉藤慶太, RIKIYA, 平塚真介
  • 監督: 犬童一心
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2006/03/24
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 71件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000CQM5LE
  • JAN: 4988104033765
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 56,768位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

豪華映像特典を満載した2枚組。解説書つき。

【収録内容】
《Disc: 1》
本編(116分)+特典映像
●予告編

《Disc: 2》
特典映像
●まるごと長澤まさみ~メイキング・オブ・タッチ
●“南ちゃん対談”長澤まさみ×日高のり子(予定)
●未公開シーン(予定)
●完成披露舞台挨拶映像
●特報・予告編・TVスポット集
●静止画集(デザイン画・小道具集)

《監督》犬童一心
《原作》あだち充(「タッチ」小学館/少年サンデーコミックス刊)
《脚本》 山室有紀子
《音楽》松谷卓 オリジナル・サウンドトラック(EPICレコードジャパン)
《主題歌》「歓びの種」YUKI(EPICレコードジャパン)
《挿入歌》「タッチ」「夢の続き」ユンナ(EPICレコードジャパン)
《出演》 長澤まさみ 斉藤祥太 斉藤慶太 RIKIYA 平塚真介 上原風馬 安藤希 若槻千夏 福士誠治 ほか

Amazonレビュー

   あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。
   達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
例えば南の母の死は何と無く察してくださいって感じだったのが、この実写版でははっきりと描かれている。その辺の表現の違いをひしひしと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 beer 投稿日 2013/11/12
形式: DVD Amazonで購入
原作を何となく知っている人には楽しめると思います。コアなファンの方々は非難するでしょう。

終盤の新田くんに投球するシーンが親子かめはめ波の様で笑えました。それ以外は良かったと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
後半、タッチの歌が流れるシーンがあるんだが、長澤まさみがFカップバストを揺らしながら走るシーンで「お願いタッチ、ここにタッチ!」と歌詞がかぶるんだよな。
これ、絶対狙ってると思うよ(笑)

ここだけが、この映画の唯一の見どころだな!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
東宝による長澤サンの為の南チャン祭り。原作も斉藤兄弟もそれに都合良く使われてしまったといった感じです。 脚本も演出も長澤サンをいかに可愛く撮るかという事のみに重点を置いる為、達チャンもカッチャンのキャラの設定に深みはなく、ただの南の引き立て役として扱われてしまっています。 斉藤兄弟も何もさせてもらえていません。これでは、出来ない人だと思われてしまうでしょう。 野球のシーンも吹き替えなし(さすがに球のスピードまでは無理ですが…)で演じた彼等が気の毒です。 もっと3人の話という事を大切に描いて欲しかったです。 ただ、配慮してもらっているだけあって、この映画の長澤サンはとても可愛いです。南チャン祭りとしては大成功でしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
長澤まさみを主役に据えて、爽やかな青春ドラマの王道を作りたい、というだけの話であれば、別に「タッチ」でなくてもいいんじゃないの??と思わせる結果になってしまったような感じ。

達也と南のファーストキスのシーンや、原作を意識したキャスティング等、監督が原作を大切にしようとしている点では好感が持てるのだけれども、それがかえって、物語の展開を強引にしてしまって、いろいろな出来事の積み重ねで出来ていた原作のシーンが持っていた良さをなくしている気がしましたね。

私としては1番納得行かないのは、達也のキャラクタ。

達也の魅力は、飄々としていて、あんまり感情を表には出してこないけれども、優しくて、弟思いで、けれども本気になったら、実は凄い、

というところが良かったと思っているんだけれども、これじゃあ、何か単なるぶっきらぼうなニイチャンじゃん。

南は、どこに惚れるんでしょう???

斉藤兄弟じゃ演技的に無理なのかもしれないけれども、上杉兄弟の魅力をきちんと描いてほしかったかな、と。

どうせ原作を観た人か、長澤まさみのファン以外に来ないから、

そんなのいらねーよ、というのが元々の狙いなら別ですけどね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作のタッチが大好きで映画化されると聞いてすごく楽しみにしていたのですが、実際見てみるとがっかりせずにはいられませんでした。南ちゃんが新体操をするシーンもないし、私が一番大好きな最後の達也が南に告白するシーンもありません。しかも2年生で甲子園行きを決めてしまいます。映画なので原作のすべてを表現するのは無理ですが、もっとほかにいいまとめ方は出来なかったのかととても残念です。この実写版タッチは原作が大好きな人にはおすすめできません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作の「タッチ」を知っている人じゃないと

何の場面か、どんなキャラクタなのか絶対わからない。

双子の少年と幼なじみの少女の物語ということはわかるかもしれないが、

双子の弟の方が優等生であったり、

おちゃらけた兄が実は深い思いやりがあったり、

ボクシング部の原田はぶっきらぼうだけど

実はすごく男気があって人の感情に敏感だとか、

ゆっくりとしたテンポの中で

微妙に感じられる原作の空気がなくなっている。

次々と意味ありげに登場する人物たちが

いったいどういう関係なのかの予備知識が必要だ。

では原作を知っている人なら楽しめるかというと

当然、あのボリュームを2時間でこなすのは無理なのだ。

有名な、和也の死亡シーンまでに

野球を舞台に時間をかけて語ってきた人間関係があり、

これから当然のごとく盛り上がっていくであろうという試合の場面で

唐突に訪れる事故、というのが衝撃なのだ。

読者に十分に感情移入させた上で
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す