通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーや本体に若干使用感はありますが良品です。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 1554258
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス) コミック – 2009/9/17

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • タッコク!!! 2 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • タッコク!!! 3 (少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,317
ポイントの合計: 41pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091217567
  • ISBN-13: 978-4091217561
  • 発売日: 2009/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
福地先生の作品の中で、一番最後にkindleでまとめ買いして読みました。
正直、ギャグは「微笑ましいな」という程度で、爆笑するほどじゃなかったです。
しかし、巻を重ねる毎にストーリーに厚みが出てきて、5巻6巻で一気に高評価になりました。
どんでん返しもあって、面白いです。
絵柄は2巻くらいからレベルアップしていきます。
表情豊かな女の子の絵が可愛すぎますね、もう天才です。カコちゃん可愛い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本誌サンデーの読み切りの時に、連載しないかなぁと思ってたらいつの間にか単行本まででてしまって(笑)サンデー愛読者に感謝です。 卓球告白法(簡単に言えば卓球の試合で好きな人と付き合えるかどうかを決める法律。よって、負けたら好きでもない人(相手は片思い)ということももちろんある)という独特の設定をうまく使った話ばかりです。ラブコメというよりはギャグ+恋愛+スポーツバトル要素がうまく混ざったって感じです。とりあえず笑えるところはかなり笑えます。おそらく、話全体のメインは、主人公が卓球を強くなる成長(ヒロインと付き合うために)する課程でしょうが、もう一つ、タッコクに関係ない卓球で闘う(バトル?)という筋も用意されているようです。そういう話で終わっていたので。 ただ下からのアングルの顔がやったらふっくら描かれているのだけが最初は気になりました。けど、内容に合っているのか、すぐに馴れはしました。でも中にはずっと気になったままの人もいるかもしれません。
2 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
うえきの法則の福地翼、新境地。なのだがラブコメというよりバトルコメディーに近い。
主人公とヒロインは最初からラブラブ。しかし法律により引き裂かれ、主人公とヒロインが戦うという見方を変えればディープな話を第1話から、しかもコミカルに描く。
作者は中学時代卓球部に所属していたらしいが、試合を派手にするため前作の効果音等を卓球に持ち込み(本末転倒)、さらに新しいことをやりたいという理由で慣れないラブコメを選択。もうどこをつっこめばいいのか分からない。これはもう、つっこんだら負けだ。
と思いながら読んでいるうちに、ガードを解いた心にバトルがクリーンヒットした。
遙か彼方の高みに位置する思い人。10年待ち続けた想いを胸に立ち塞がる強敵達(ほぼ反則)を「愛の力」ひとつで崩していく少年。それを取り巻く人間達も超個性的。これはもう少年漫画の王道だ(コメディだけど)。
さらに話を読み進めていくうちに、物語の裏側も明かされていき、うえきの時には少なかったおまけマンガ(カバー裏など)も充実。目が離せない。
今間違いなく注目すべき作品だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック