通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書) 新書 – 2013/3/20

5つ星のうち 4.5 56件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 42

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)
  • +
  • タックス・イーター――消えていく税金 (岩波新書)
  • +
  • タックス・オブザーバー――当局は税法を理解しているのか (NP新書)
総額: ¥2,613
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

税制の根幹を破壊する悪質な課税逃れ。そのカラクリの中心にあるのがタックス・ヘイブンだ。マネーの亡者が群れ蠢く、富を吸い込むブラックホール。市民の目の届かない場所で、税負担の公平を損なうさまざまな悪事が行なわれている。その知られざる実態を明らかにし、生活と経済へ及ぼす害悪に警鐘を鳴らす。

内容(「BOOK」データベースより)

税制の根幹を破壊する悪質な課税逃れ。そのカラクリの中心にあるのがタックス・ヘイブンだ。マネーの亡者が群れ蠢く、富を吸い込むブラックホール。市民の目の届かない場所で、税負担の公平を覆すさまざまな悪事が行われている。その知られざる実態を明らかにし、生活と経済へ及ぼす害悪に警鐘を鳴らす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2013/3/20)
  • ISBN-10: 4004314178
  • ISBN-13: 978-4004314172
  • 発売日: 2013/3/20
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54,600位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
昨今話題のパナマ文書について調べるうちにこの本を知りました。
金融・経済には疎く、読みとおせるものかと心配でしたが意外と面白く読めました。
もちろん専門用語の意味がわからず苦労する箇所も多々ありましたが、大筋では理解できました。
著者の「富める者はますます富み、貧する者はますます貧する」という言葉の深い意味を噛みしめています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2013/11/4
形式: 新書 Amazonで購入
一般に税金のない国や地域で、ヘイブンは避難港という意味。
税金から逃れたいと思う者はそこへ行けば課税という嵐から
避難できるのでこういう言葉ができた。

ケイマン諸島やバハマ、バミューダなどが有名で何千という
ペーパーカンパニーを持つそれらの地域は経由地に過ぎず、
資金は別の投資先に流れて行く仕組みとなっている。

日本の所得税は累進課税を採用しているが、所得金額が
一億円を超えるととたんに逆進的なものに変化する。
さらにこの所得税負担率は所得金額を実際より低く申告して、
課税を逃れている高額所得者は少なくない、という事実から
あまりあてにならない数字なのである。

公平な税負担を望む我々庶民は、税法の根本的な改革を
早急に望み、一刻も早くこの不合理な状況を改善して
いただきたいと願うばかりです。
2 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
いかに税金を払わない人たちが多いかという本です。特に莫大な金額稼ぎまくっている人や企業その中でも大手金融機関が税金を逃れるために、タックス・ヘイブンという地域や国を利用し、税金を免れ、莫大な利益を溜め込んでいるというのです。

この本の著者、志賀櫻さんは、東大卒、しかも東大在学中に司法試験に合格し、大蔵省に入省、主計や主税の分野で従事し、途中警察庁へ出向、岐阜県警の本部長をやり、退官後は弁護士をされているという目のくらむようなエリートです。その著者が税務の仕事をしていた時の話を交えながら、いかに大企業や大資産家と呼ばれる人たちが税金を逃れてきたのか、そのためにタックス・ヘイブンを利用してきたのかをこの本で書いています。
しかも、その税金逃れは、何も民間の企業や人が一生懸命やっているというのではないというのです。各国政府も国の経済政策の思惑から、タックス・ヘイブン対策をしたがらない事情があるようなのです。特にイギリスがタックス・ヘイブンには甘いようです。
私たちがタックス・ヘイブンと聞く時、カリブ海の小さな島国などの小国やかつての植民地だった地域を想像します。しかし、そうではなく、アイスランドのような国、アメリカのデラウェア州もタックス・ヘイブンとして機能している。しかも、ロンドンのシティやウォール街も実はタックス・ヘイブンの機能を持っているん
...続きを読む ›
2 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
脱税でもない、節税でもない、法には反しないが、通常用いられないような法形式を選択し、税負担を減少させるのが「租税回避」である。
多国籍企業が法人税額を軽減させるために用いる租税回避措置の一つ。Apple(アップル)やGoogle(グーグル)などの米国IT企業が利用している。

アイルランド・オランダ間の租税条約を利用して、ライセンス料の支払いをアイルランド法人からオランダ法人に経由させることによって節税が行える。

アイルランドに二つの会社を持つ節税策「ダブルアイリッシュ」と組み合わせることを、「ダブルアイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチサンドイッチ」という。

「この際、最初のアイルランド法人がバミューダなどの租税回避地と一定の関係があると、ライセンス収入が非課税になる。オランダの租税条約も絡めて非課税収益を作り出す手法で、米ネット企業などには、海外事業の実効税率が1ケタのところも珍しくない」

租税回避の現況をつかむなら 必読。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dream4ever VINE メンバー 投稿日 2014/5/12
形式: 新書
非常に面白い、でも個人的にはなんら影響ない(笑)
いかに国益を守るかを元大蔵官僚がご自身の世界での経験を基に綴っている。
そして、著者の最大の問題意識:不必要な金融危機を何度も招き寄せるマネーの暴走、ヘッジ・ファンドなどにマネーゲームの舞台を提供しているタックス・ヘイブンの害悪。だと

本書では主に会社組織等の租税回避や脱税、マネーロンダリングが書かれているが、モナコ等に居住地を異動する日本人著名人の事も書いて欲しかったかなと。サッカー選手とかね。
節税、租税回避、脱税の事が良くわかります。
こんな著者の方です。ちなみに海外(ヘブロン)で狙撃された経験あり。
志賀 櫻(しが・さくら)
1949年東京都生まれ.1970年司法試験合格,1971年東京大学法学部卒業,大蔵省入省.熊本国税局宮崎税務署長,在連合王国日本国大使館参事官,主税局国際租税課長兼OECD租税委員会日本国メンバー,主計局主計官をへて,1993年警察庁へ出向,岐阜県警察本部長,1998年金融監督庁国際担当参事官兼FSF日本国メンバー,特定金融情報管理官兼FATF日本国メンバー,2000年東京税関長,2002年財務省退官,2010-12年政府税制調査会納税環境整備小委員会特別委員
現在-弁護士

さて備忘録的メモ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー