通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
タックスへイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

タックスへイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫) 文庫 – 2016/4/12

5つ星のうち 4.1 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 832
¥ 550 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • タックスへイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫)
  • +
  • マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
  • +
  • 永遠の旅行者〈下〉 (幻冬舎文庫)
総額: ¥2,262
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

東南アジアでもっとも成功した金融マネージャー北川が、シンガポールのホテルで転落死した。自殺か他殺か。同時に名門スイス銀行の山之辺が失踪、1000億円が消えた。金マネーロンダリング融洗浄、ODA、原発輸出、仕手株集団、暗躍する政治家とヤクザ……。名門銀行が絶対に知られたくない秘密、そしてすべてを操る男の存在とは? 国際金融情報小説の傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

東南アジアでもっとも成功した金融マネージャー北川が、シンガポールのホテルで転落死した。自殺か他殺か。同時に名門スイス銀行の山之辺が失踪、1000億円が消えた。金融洗浄、ODA、原発輸出、仕手株集団、暗躍する政治家とヤクザ…。名門銀行が絶対に知られたくない秘密、そしてすべてを操る男の存在とは?国際金融情報小説の傑作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 533ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344424662
  • ISBN-13: 978-4344424661
  • 発売日: 2016/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,004位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ちょうどケイマンの件で盛り上がっていた時に購入して読んだがとても面白くてエンターテイメント性が強かった。お金のことが好きな人は絶対おもしろいと感じるはずなのでおすすめしたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
お金を 国際的なしくみで 動かすことに 
経験と知恵がある 古波蔵は スイスの銀行さえも手玉に取る。
これは、痛快な感じで、古波蔵は、ものごとに動じず、
ちゃんと見えているのが 強いんだね。

日本の税制の中で 相続税 なるものが 一番大きな問題かもしれない。
それを、相続税のない国で 処理する方法があったが
どんどんと改正されて いまは 日本国籍を捨てることでしか、
相続税を 節税することができるということらしい。

今回の主なテーマは タックスヘイヴンより
マネーロンダリング が 主ですね。
ウラのカネを どうやって、摘発されずに、確保するのか
ということを 古波蔵は 入国審査なしに、対馬から 韓国に行き、
韓国の銀行から スイスの銀行におくると言う鮮やかさ。
漁船による不法入国はできても、韓国からスイスにおくるというのは
無理があるのだとおもうが。韓国の銀行に顔があるということが。
堀山は、不法入国をして、パスポートで換金は できるのかな。
それも、アマチュアでは できないとおもう。
韓国のヒトに頼めばいい話であるが。

古波蔵、牧島、紫帆が 高校時代のなかよし。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
話のスピード感が好きです。疑問に思っていたところも後でしっかり分かる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
未読ですので、これから読むのを非常に続編と楽しみにしています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
新聞でパナマ文書とかで、各国の指導者が税金逃れのためタックスヘイブンを利用して、実名を公表されて大騒ぎになっているので、興味があるのでよんだ。巨額の金を動かすのは、政治家がらみか、急成長の企業だけでなく、ヤクザなんかも多い。しかし、中国共産党の指導者が、税金逃れをしているのがしれたら、革命がおきるんじゃないか。
それを利用して、一儲けしようというのもでてくるんだろうな。
大神とかいう政治家は、おそらく角栄さんの弟子の、あの人だろうけど、なんかやってそう。
他の国の指導者も実名が公表されたら、大変な事態になる。
前に、ライブドア事件で、変死した人がいたが、たぶんこの小説のような事態に遭遇したのかもしれない。
経済小説にしては、難しくないが、危ない人が主人公なのがきになるし、推理小説にしてはもう少しトリックがほしい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 「21世紀の資本」という本で、一躍有名になった経済学者、トマ・ピケティの弟子ガブリエル・ズックマンがいうには、世界のGDPの10パーセントがタックスヘイブンに隠されているとのこと(早大教授藪下さん監修の本による)。租税回避地=タックスヘイブン、2015年あたり、そして最近、ニュース等で話題になっていますね。そんな話を題材にしたのが、この金融ミステリー小説「タックスヘイブン」です。
 紫帆の夫である北川の死をきっかけに、かつてともに学生時代を過ごした古波蔵と牧島と紫帆は再会を果たします。しかし三人はやがて、すでにある事件へと巻き込まれていたことを知り始めます。それは、‶トカゲ”と名乗る謎の男の画策による、巨額の資金消失にまつわる事件でした。
 この作品で牧島と古波蔵は、ちょっと前にあったドラマ「ウロボロス」に出てくる2人のように、表と裏の世界から事件の謎をといてゆきます(もちろん古波蔵たちは敵と格闘系のバトルはほぼしませんが・・・)。ウロボロスは錬金術という古代神秘思想に出てくる自分の尾をかむ蛇のことで、完全性の象徴です。そんな二人(古波蔵と牧島)も陰と陽のごとく、パーフェクトに存在を支えあっています。二人ともそれぞれ好きな女性がいるわけですが、ここでいう存在を支えあうとは、恋愛とは違った存在の補完というか、自分の歩めない人生の‶部分”を相手に歩んでもらっている
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
橘氏の国際金融ミステリーといえば、処女作のマネーロンダリング以来か。軽く読める、そして、面白いってのはさすがといった感じ。話もマネーロンダリング、国際金融、戦後補償、3.11地震、原発、北朝鮮、クラブ、男と女といろんな方向。

確かマネーロンダリングもそうだったと思うが、金と男と女が必ず入ってきていて、時事ネタをかなり取り組むのが著者の特徴か。2014年に単行本が出て、2016年に文庫化、2017年の今読んでも、十分おもしろかった。表紙はコミカルな字体から絵かと思ったが、写真に煙のようなもやもやを合成しているようで、これぞ秘密のタックスヘイブンという感じで個人的にツボ。

セミ主人公といえる古波蔵がすき。
「馬鹿どもとつきあわなくて済むようにしてるんだ。」
「生きてるのって退屈だろう。その退屈な人生を耐えるために、先に金を稼いでおくんだ」」
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー