Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,099
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[川鍋一朗]のタクシー王子、東京を往く。 日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」 (文春e-book)
Kindle App Ad

タクシー王子、東京を往く。 日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」 (文春e-book) Kindle版

5つ星のうち 4.1 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,099
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,458 ¥ 153

商品の説明

内容紹介

桜にNのマークで知られるハイヤー・タクシー会社日本交通の三代目に就任した川鍋一朗氏だったが、MBAも取得した若社長を待っていたのは多額の負債を抱えた社の現実だった。改革を訴えリストラも断行した川鍋氏が次に考えたのだが、自らがタクシー運転手として勤務してみること。しかし、方向音痴を自認し、接客も不慣れな新人ドライバーに世間の風は甘くなく……。涙あり、笑いありの社長兼新人ドライバーの奮闘記。

内容(「BOOK」データベースより)

「タクシー運転手になります!」売上高日本一のタクシー会社の三代目若社長が突然宣言。でも、最大の弱点は「道を知らないこと」。果たして、激務にどう立ち向かったのか―。笑いあり、涙あり、意外な出会いあり…心温まる奮闘劇。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7611 KB
  • 紙の本の長さ: 165 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/5/30)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00TIDU48S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 22,803位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
川鍋会長 感動しました そして勉強になりました。何度も読み返してます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
体裁は、ボンボン社長が現場に出て、
一から業務を覚え、成長していくそんな物語です。

キャラもいいし、3代目という位置付けもいい。
(ドラマになりそうです)
文章も読み易く、そこで働く人の感覚が、
ダイレクトに伝わってきて、読み応えもあります。

しかし、視点を変えると、
(ボンボン社長という肩書きはふっとんで)
マッキンゼーに入れる程の”切れ者”が、
古い慣習や非効率が残る産業の現場に入って、
自分の成長という隠れ蓑を着ながら、
それらを観察していく日記ともとれます。
(一応反対勢力は、乗務に反対した人々です)

これは、既存権益を持つ人間にとっては、たまらんでしょう。
多分、この社長の闘いは、これから始まるのではと思います。
楽しみなことです。

あと、交通機関の発達した東京でタクシーに乗る人は、
一部の特権階級の人たちなんだなーとは思いました。
筆者が、偶然に沢山の知り合いを乗せた話がよく出てきますが、
筆者自身が、その特権階級にいた証拠なんでは?と思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これは他のタクシー関連の本の様に長い期間のリアリティの積み重ねではなく、マーケッティング戦略の一環のため本を出版するための目的で1か月の間だけ13乗務してみましたというの本。とても出来のいい広告を作ったなというのが感想。
内容的には自画自賛・我田引水な内容。大手タクシー会社の社長が自らタクシー乗務をした事が大そう特別な事のように書かれている。確かに名門大学を出てアメリカでMBAを取得し、帰国後は有名コンサル会社に入社したという煌びやかな経歴は世間の注目を集めるにはいい。だが実際にはそんな経歴はタクシー会社の経営には大した影響はない。事実、著者は過去に自ら子会社作り、僅かたったの四年で消滅させた汚点も持っている。そこで考え出したのがこの本であろう。実際には話題作りのためり無線のヤラセもあったとの噂も内部からちらほら。

しかしながら右も左も分からない新人ドライバーにとっては不安もあるが新しい発見の連続で、最初の数か月程度は楽しく楽しくてしょうがないもの。そんな新人ドライバーが誰でも通る時期の雰囲気はこの本からも伝わって来る。でもやはり本当の厳しさは最低でも半年は乗らないと分らないであろう。リーマンショック後の厳しい今こそ再度乗って、第二弾も発行してもらいたいと言いたいところだが、やはり社長業の軌道に乗った今では立場上現実的には不可能であろう事が残念である
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
トップ自ら、営業運転をこなす。これは非常に評価出来る行動と思います。
とは言うものの、経営再建をするほどに、傾いた会社を立て直した経緯から見れば、飛びぬけた行為でも無い。
タクシー業界の現実として「タクシー会社の最大の顧客は自社の乗務員」、営業収益の足きり計算は、違法とも
言える低賃金で酷使される現実。離職率の高さ、なりふり構わない求人行為、社会的評価の低さ。これが業界の
現実でしょう。タクシー運転手やってみようか?と考えている人には、啓蒙書籍として役立つと思います。
とは言え、タクシーのベテランドライバーが書いた本は、今まで数え切れないほどありますが、そのほとんどが
自慢と珍客エピソードやら、効率よく稼ぎたい・・・のスレた内容ばかりでしたので、違う視点から書かれた本書は、
読後の感想も人それぞれ出来ると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
1ヶ月の現場でので何がわかるのか。
自分を王子と言ってしまうのも痛い。
こんなつまらないものを本にしてしまうのも相当痛い。
読む価値なし。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ダイヤモンドハーバートビジネスレビュー誌で著者がサービス改善や従業員のモチべ―ションアップと施策について書かれていたので興味を持ち読んだ。この種の現場体験的なものは時々あるが、この本は軽いタッチで書かれていて読みやすい。タクシー運転手の勤務システムや日本交通が他社に先駆けてGPSのシステム導入をしたことなど参考になる内容である。
誰かが レビューで この東京で タクシーに乗るのは ある種の特権階級だややシニカルに発言していたが、たしかにその面はある。しかし 利用者は特権階級かもしれないが、タクシー運転手は特権階級ではないだろう。タクシー会社の経営者として現場の実態を知ろうとする姿勢は素晴らしいものであるし、はっきりは書いていないが、現場を知ろうとしないコンサルタントへの不信感が著者の意識の底にあるように思う。
読み始めた時は、おぼちゃま社長の物好きなお遊びくらいに思っていたが、会社の経営危機、再建を体験したことがこの行動の背景にあるのかと感じた。
軽いタッチで面白く書かれてはいるが、なかなか深いものがあるのだろう。
 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover