通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
タクシードライバー―最後の叛逆 (幻冬舎アウトロー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見返しにシールの剥がし跡があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

タクシードライバー―最後の叛逆 (幻冬舎アウトロー文庫) 文庫 – 1998/12

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535
¥ 535 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • タクシードライバー―最後の叛逆 (幻冬舎アウトロー文庫)
  • +
  • タクシードライバー―一匹狼の歌 (幻冬舎アウトロー文庫)
  • +
  • タクシードライバー日誌 (ちくま文庫)
総額: ¥1,869
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

路上駐車、スピード違反、飲酒運転…人はなぜルールを破るのか?ルールは常に正しいのか?警察の不当な取締りには、黙って従うしか術はないのか?タクシードライバーとして数々の修羅場をくぐり抜けてきた人気作家が、絶体絶命の危機を回避するための「掟破りの裏技」を密かに伝授し、歪んだ車社会に警鐘を鳴らす、前代未聞の問題ルポ。


登録情報

  • 文庫: 236ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (1998/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877286837
  • ISBN-13: 978-4877286835
  • 発売日: 1998/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 173,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
作者の梁石日氏がタクシードライバーをしていた事は有名ですが、そんな中でタクシー時代や私用で車を運転する際の交通警察の理不尽さ、防衛テクニックなどが詳細に書かれています。

作者が飲酒運転と事故の因果関係を否定する箇所もありますが、あくまでも20年程前に書かれた文章が中心ですので、そこを了承して読んでいただきたいです。「この作家は飲酒運転を肯定している」と憤る方がいるかも知れませんが、この時代は飲酒運転に対しては全体的に寛容な部分もありましたし、また同時に、なぜ未だに警官を含む公務員の飲酒運転がなくならないのかという点を一考させてくれる書でもあると思います。

言うまでも無く、飲酒運転は許されるものではありません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
やってくれた。

このシリーズは、「狂想曲」も含めれば、全4作ある。
僕は、二冊読破して、次に手に取ったのがこの「タクシードライバー最後の叛逆」である。

いくら10年タクシードライバーをやっていたからと言っても4冊も書けば、どれかひとつ位イマイチな物もあるんだろうなぁ・・・と、思っていたが、まったくの杞憂であった。

骨太で、乾いた文章。
ただ、事実だけを淡々と述べる相変わらずの梁 石日節に魅了され、あっという間に読んでしまった。
相変わらず、面白い。

警察の姑息とも言える道交法違反の実態をこれでもかと言うくらいに断罪している。
確かに、これをそのまま体験したら、僕なんかタクシー運転手なんて辞めてしまうかも・・・。
官憲という権力にも果敢に挑む梁 石日の反骨精神はなんとも言えず、カッコいい。

ただ、飲酒運転に関して寛容な態度示している章があるが、これは・・・、どうなんだろうか?
飲酒を禁止されている他国の人達は、荒っぽい運転で事故は、日常茶飯事だという。
飲酒と、事故との因果関係は果たしてどこまであるのだろうか?と、梁 石日は疑問を呈しているが、コレに関しては、ちょっと日本人には受け入れずらい考えではないだろ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 1987年の本。確かにあの頃はTVでも「飲酒運転検問のときは、ハァーと言いながら息を吸えばいいんだ。俺はいつもそうやってるよ。」などと冗談を言ったりして、飲酒運転に対して甘い雰囲気はありました。でも、飲酒運転や当たり屋を正当化する本をいまだに売っている意味がわかりません。全体的に身勝手な理由で交通違反して取り締まる警察に逆ギレしているようにしか読めませんでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ちょっと時代が古い話ばかりなので平成の現代にはあまり参考にならないお話しばかりです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック