通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレ、が見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫) 文庫 – 2009/2/11

5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679
¥ 679 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
  • +
  • ガイアの法則 ロスチャイルド、フリーメーソン、アングロサクソン――なぜ彼らが世界のトップなのか? (超★スピ)
  • +
  • タオの法則 老子の秘儀「超」活用法 (超☆きらきら)
総額: ¥4,027
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

中国雲南省の山岳地帯、老子の母の故郷とされる秘境を訪れた筆者は、そこで古代より秘蔵されている驚くべき史料、原版の老子書を手渡される。その他には、隠された老子の教え(聖なる性の秘儀)を純粋に継承し、生命の悦びに満ち溢れた人々の姿があった。世界で初めて明かされる老子書の全貌と、超意識へと覚醒した人々を追った衝撃のノンフィクション!原版の老子書/全訳付き。

内容(「BOOK」データベースより)

中国雲南省の山岳地帯、老子の母の故郷とされる秘境を訪れた筆者は、そこで古代より秘蔵されている驚くべき史料、原版の老子書を手渡される。その地には、隠された老子の教え“聖なる性の秘儀”を純粋に継承し、生命の悦びに満ち溢れた人々の姿があった。世界で初めて明かされる老子書の全貌と、超意識へと覚醒した人々を追った衝撃のノンフィクション!原版の老子書/全訳付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 213ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2009/2/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4199060480
  • ISBN-13: 978-4199060489
  • 発売日: 2009/2/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
タイトルには「老子」とあり、サイト内で「老子」と検索すればヒットします…が、内容は著者が中国のある村に滞在した際の体験記と、老子書の内容に対する個人的またはその村内での解釈を披露する、といったモノです。 最近になって東洋哲学に目を通そうと思い、孫子、荘子、韓非子、大学・中庸、果ては武士道まで買い漁る中で老子入門として本書に手を出しましたが、一読して「己のミスだ」と確信しました。 老子書自身の内容については殆どボリュームは無く、あくまで前述の滞在記と著者の解釈がメインなので、ご購入の際はお気をつけ下さい。 個人的に、レビューに頼ってはならんと反省致しました。
1 コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
驚いた。
正確な場所を言った方がいい。
たぶん私の出身地に近いはずだが嘘ばかり。
この思想は古くから中国で出版されている。
相手にされることは少なかったが、とにかく研究しなくても本で出ている。
マイナーだが出ている。
日本もいろいろ出ている。
これも↓同じもの
中国の修験道―翻訳老子原義 (雄山閣Books (12))
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タオコードなんてタイトルではあるけど、著書のある村での体験談が
大半を占める、しかも肝心な、村の人らは医者に頼らずどうやってるのかとか、
どのような鍛練をしてるのかとか、全く具体的なことや実践に関して全く書いてない、
ただ著書の村での体験談と老荘の一部著書(村の老人)の解釈を書いただけ、
本当に本をよんでて出し惜しみしてるのがわかる、こんなもん読む価値はないと断言する
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ずっと求めていた世界がそこにあり、とても嬉しくて感激しました。この本に出逢えてほんとうに嬉しく、同時に、もっと早く出会えていたら、長い年月もがき苦しむことはなかったのではないかとも思いました。
 山奥の少数民族の人たちの暮らしや在り方が、繊細で美しい自然描写と共に伝わり、私たちみんなに共通の故郷があることを思い出させてくれます。老子が未来に生きる私たちに伝えたかった真実、愛が伝わってきます。
 私たちが心の奥底で求めている真の幸せ、愛、人や自然との一体感、精霊、性というものの本質。人を幸せにしない不自然な在り方・考えからの解放と、調和へと至る道を示してくれる貴重な本です。
 表紙の「性」「五次元」などの言葉に抵抗を感じましたが、読んだらとても誠実な本でした。 
 この本が、今日本で(海外でも)多くの方に読まれ、共感を呼んでいることに、希望の光を感じます。
 美しく瑞々しい、花のように清らかで純粋な愛に満ちた、愛しい大切な本です。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
性に対する意識の変革は、今後人類の進化に大きな影響を与えると思われます。
よって、本書の内容はもっと広く世間一般で議論されてよい内容にも触れられていて大変興味深いです。
ただ、残念ながら絶版になってしまっている加藤常賢著の「中国の修験道ー翻訳老子原義」からの
借用かと思ってしまうような部分があり、老子等をはじめ哲学関係の本を
多読しているような人たちにとっては明らかに薄い内容に感じられる部分も多いだろうと思います。
老子の思想について真剣に学びたいという方には、「中国の修験道ー翻訳老子原義」を
図書館等で借りる等して一読されることをお薦め致します。
中国の修験道―翻訳老子原義 (雄山閣Books (12))
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私にとってこの本は恩書といえる存在です。ここまで明確かつわかりやすく性の崇高さについて書かれてある本は過去なかった。いままで私たちは「性は伏せておくもの」「語るのは恥ずかしいこと」といった「洗脳」をされてきたんだと思います。老子という人のちゃめっけも伝わってきて、ずいぶんと身近に感じるようになりました。著者の人類愛もすがすがしく伝わってきます。とにかく、これはオススメです!
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 edge walker トップ500レビュアー 投稿日 2013/6/19
形式: 文庫
本書は著者が30年近く前に訪れた中国雲南省にある小さな村での体験を綴ったものです。
著者はどことなく懐かしさを感じさせるその村に溶け込んで過ごし、後にその村に秘伝として伝わる性をベースにした「老子」のことを教えられます。

私自身は漢文の素養がないためその真偽についてはわかりませんが、本書で述べられている村の描写はリアリティがあり、引き込まれました。
この村によく似た雰囲気を持つ村は世界にもいくつか知られていて、チベット文化圏にあるラダックは大地と共同体に心から安らう人々の姿が欧米人によって伝えられていますし、他ならぬ日本でも宮本常一氏や赤松啓介氏によって歌いながらのんびりと耕作する田植えの状況や、性に対して大らかな農村風景がほんの数十年前まで続いていたことが記録されています。
こうした牧歌的な世界から今の日本を見ると、性を抑圧され、満たされない思いのまま大量消費に走る人々や、24時間365日働けと命ずる某企業が大手を振るう社会は、どこかおかしいと感じずにはいられません。

著者の経歴がよくわからないこと、また老子についての新しい解釈の真偽がよくわからない点はありますが、文章がうまくて引き込まれ読み応えがありました。
資本主義の広がりの中で失われていく先史文化を残した村々が完全に消えてしまう前に訪ねてみたいという思いを強く感じます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック