タイヨウのうた スタンダード・エディション [DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,303
通常配送無料 詳細
発売元: 安心アマゾン即日発送!株式会社メディア
カートに入れる
¥ 2,350
通常配送無料 詳細
発売元: 激安CD DVDアウトレット専門店
カートに入れる
¥ 2,875
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.5 147件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,304 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,800 (44%)
ポイント: 5pt  (0%)  詳細はこちら
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Cutting Edge Recordsが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,111より 中古品の出品:33¥ 1より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオタイヨウのうた¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥5,480
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: YUI, 塚本高史, 麻木久仁子, 岸谷五朗, 通山愛里
  • 監督: 小泉徳宏
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/11/22
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 147件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000I8OB3Q
  • JAN: 4988102296230
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,667位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

彼女はタイヨウに帰っていった。僕の心に、歌をのこして。

孤独な運命の中、限られた時間を歌と一緒に生きた16才の少女の物語・・・
月の下でしか生きられない少女。サーフィンの好きな陽に焼けた少年。
交わるはずのないふたりが出会い、奇跡の物語がはじまる―――。

映画初主演のYUIが歌う主題歌も大ヒット!
日本中を爽やかな涙で包んだ感動作が早くもDVDリリース!

DISC1内容(本編+特典)
●予告篇、TVスポット集
音声:1.日本語5.1chDD 2.日本語5.1chDTS 字幕:日本語(聴覚障害者向け) 画面サイズ:16:9LBビスタ
本篇収録時間:119分

<スタッフ>
原作・脚本:坂東賢治「タイヨウのうた」(ソニー・マガジンズ) 監督:小泉徳宏 音楽:YUI/椎名KAY太(オリジナルサウンドトラック「タイヨウのうた」Sony Music Records Inc.)
主題歌:「Good-bye days」YUI(Sony Music Records Inc.)

<キャスト>
YUI
塚本高史「木更津キャッツアイ」「ロッカーズ」
麻木久仁子「ALWAYS 三丁目の夕日」「ジュブナイル」 岸谷五朗「リターナー」「東京タワー」 通山愛里「鳶がクルリと」

Amazonレビュー

   雨音薫16才。彼女はXP(色素性乾皮症)という難病のため太陽の光にあたることができない。深夜に駅前広場で歌うことが唯一の生きがいの薫は、日の出前にサーフボードを抱えて現れる少年、藤代孝治(塚本高史)に窓越しの恋をしていた。運命は2人を引き寄せるが、薫に残された時間は残りわずか。そんな薫のために、孝治はある約束をする…。    シンガーソングライターYUIの映画初主演作。命の灯を最後まで懸命に輝かせ続ける少女の役を熱演している。塚本高史も純情でまっすぐな少年役を好演。せつなさの中に生の喜びを力強く感じさせてくれる珠玉のラブストーリー。YUIの劇中歌は薫の気持ちが痛いほどに伝わり、思わず胸が熱くなる。(仲村英一郎)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
波音で始まり波音で終わる映画です。

見終わった後も映画の所々の場面が波のように思い出され深い余韻に浸っております。

YUIの演技には初々しさがあり、人によっては辛口コメントが寄せられてますが私はこの世代にしか出せない独特の雰囲気がありとてもマッチしていると思います。

印象に残ったのは終盤の砂浜のシーン。

父親役の岸谷五郎が「暑いなら防護服を脱いでTシャツになってその辺を駆け回ったらどうだ?」というシーンです。

主人公の事を誰よりまよく知り愛する父親がなぜそのような発言をしたのか?

かなり深い意味があり色々考えさせられました。

所詮テレビ局が作ったドラマを豪華にした映画だろうと見るのを躊躇していましたがもっと早く見ていればと後悔した作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みなみ 投稿日 2007/1/22
形式: DVD
素晴らしい映画です。ずっと涙が止まりませんでした。
皆さんの演技が自然で素晴らしく、そして悪役がいないので安心して見ていられます。
塚本さんの優しい演技最高でした。
YUIさんのGoodbye daysには本当に泣かせられます。この役はYUIさん以外できませんね。
セリフも歌も心にスーッと入ってきます。

とても自然です。
青春時代を美しく描いた素晴らしい映画だと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
そもそも私は映画をほとんど見ません。
ましてや邦画の恋愛映画なんて馬鹿にしてるくらいでした。
たまたま最近プライムに加入し、映画一覧を見ていると目に止まったのがコレでした。
たしか昔話題になったことがあったな…と思い、
ヒマつぶし程度に見てみようと再生を始めたのです。

気がつくと2時間が経ち、私は目から涙をボロボロ流していました。
正直あまりに泣きすぎて自分でもおかしいくらいに(笑)
初めの方、YUIさんの演技が拙い感じがあって、なんだかなぁと思ったのですが、
見ているうちに演技とかそういう域を超えて、雨音薫として見るようになっていました。
そうするとあの拙い感じが本人そのものの様に思えて、
映画ということすら忘れて思いっきりハマり込んでいたんです。

展開的にどんな感じに映画が終わるのか予想が出来るんですが、
予想出来るのにボロボロ泣きました。
そして、この映画の凄い所はあの終わり方でも悲しい気持ちではなく、
どこか明るい、勇気を持って前にすすめるような気持ちにさせてくれることです。
どんな辛く苦しい時でも頑張って前に進んでみよう、そんな気持ちを与えてくれるんです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 solio 投稿日 2006/9/18
形式: DVD
 タイヨウに帰っていった彼女の遺した歌は、

 彼女の大切な人達に確かに伝わっている。

「雨音薫として生きる」と言ったYUIの言葉通り、「演じている」といった感じは殆どなく、そのため劇中でも自然とYUIではなく、薫という少女に見えてしまった(駅前公園などで胡坐をかいて弾き語っているシーンでは、元々のYUIのスタンスでもあるため、オーバーラップして見えた、という表現で正しいと思う)。

 一部でXP(色素性乾皮症)の描写が出来ていない、という意見も多々あるが、そこをハードに突き詰めてしまうとこの映画自体が成り立たないので、このくらいソフトで良いと思う。

 見終わった後の感動は、きっと1つだけの感情ではないはず。悲しいと思ったり、優しい気持ちになれたり、誰かに愛されているという喜びだったり。そんな気持の中核に、前に進む強さというものが(少なくとも僕の中には)強く残った。というか、公開が終わった今でも強く残っている。特に「Good-bye Days」を聞くたびにその感情が蘇ってくる。

 肉体は死んでしまっても、魂は生き続ける。

 そしてそれは決して「終わること」ではない。

 きっと、この映画はそんなことを教えてくれるはずです。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nana 投稿日 2007/3/4
形式: DVD
この作品を初めて見たときに、主人公が死んでしまう作品の中で、こんなに爽やかな気持ちで映画館を出られる作品って無かったな、と思いました。

決して「死」を軽く考えてしまうと言う意味ではありません。今までに見た難病もののお話は、病気と闘っていく主人公をみて勇気をもらったり、死に直面する人の姿から、逆に生きる意味を考えさせられたりしていました。でも映画『タイヨウのうた』では、嫉妬してしまうくらい生き生きと生きている主人公に感動しました。私もこんなふうに生きていきたいと思えるステキな映画です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー