この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,350MP3アルバムを購入

タイム・レクイエム

5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,000より 中古品の出品:25¥ 1より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 演奏: リチャード・アンダーソンズ・タイム・レクイエム
  • CD (2002/10/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: マーキー・インコーポレイティド
  • 収録時間: 65 分
  • ASIN: B00006JOS8
  • JAN: 4527516003272
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 131,685位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. タイム・レクイエム
  2. ウォッチング・ザ・タワー・オヴ・スカイズ
  3. ミラグロス・チャーム
  4. ジ・アフォリズム
  5. ブルータル・メントア
  6. ヴィジョンズ・オヴ・ニュー・ドーン
  7. グランド・オパス
  8. インタープレイ・オヴ・マターズ
  9. アバヴ・アンド・ビヨンド
  10. ルーザーズ・シェイズ・オヴ・ヘル (ボーナス・トラック)

商品の説明

内容紹介

Japanese Version featuring a Bonus Track: "Loser's Shades of Hell".

メディア掲載レビューほか

元マジェスティックのキーボード・プレイヤー、リチャード・アンダーソン率いるタイム・レクイエムのデビュー・アルバム。スケールの大きいネオ・クラシカルの新鋭の登場だ。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
僕はバンドメンバーたちの役割として、ギターがバンドの王者、ドラムとベースが良き参謀であり、ボーカルはスポークス・パーソン、キーボードは内政大臣というイメージを抱いていました。メタルなどのロックにおいて、キーボーディストは前面には出てこずに自分の仕事をきっちりとやり、ギターやドラムの攻撃性の対極にあるべきものだと考えていたのです。
ところが、このタイム・レクイエムにおけるリチャード・アンダーソンのキーボードはボーカルよりも目立つ位置を占めています。ほとんどの楽曲で重要なリフを奏で、ソロの速度や攻撃性もギターに勝っています。なかでも圧巻なのは高速かつ正確なギターとキーボードのユニゾンです。同じフレーズを同じ速度・同じタイミングで合わせるというのは実は非常に難しいことなのですが、それをいとも簡単にやってのけているような雰囲気なのです。キーボード演奏の速度・正確さ・攻撃性など、どれを取っても申し分ありません。
しかし、ここまでキーボードを前面に押し出しているのにもかかわらず、ギターをないがしろにしているようには感じられません。プロデューサーでもあるアンダーソンの能力がうまいバランスを保っているのでしょう。各楽器の個性をよく理解したアレンジ、高い演奏技術、流れるメロディ・ライン、どれをとっても正統派北欧メタルの直系。なのにキーボードが主軸。興味深いやつらが出てきましたよ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
超絶キーボーディスト、リチャード・アンダーソン率いるバカテク・ネオ・クラシカル・メタルバンドの1st。

前身のMAJESTIC時代と比べるとテクニックを活かしたプログレッシブ・長尺な曲調が目立つが、叙情溢れるメロディが主軸に置かれているため、複雑ながらも非常に聴きやすい作品に仕上がっている。

比較対象としてはSYMPHONY Xが挙げられるだろうが、あそこまで難解ではない。

#1“Time Requiem”からして9分超の大曲だが、クラシカルな叙情性と、テクニカルな緊張感のバランスが実に見事。

アポロ・パパサナシオのミドル・レンジの熱い歌唱が、曲に力強さを与えているのも特徴の一つ。

続く#2“Watching The Tower Of The Skies”もドラマティックな佳曲。その後も、#3“Milagros Charm”、#7“Grand Opus”などドラマティックなスピード・ソングが並ぶ。

それにしてもメンバー全員が恐るべきテクニックの持ち主で、一つ一つのパートを分けて聴いても全く飽きがこない。

怒涛のクラシカル・フレーズを鬼のスピードで演奏するGr&Keyは言わずもがな、それに悪魔の如く追随・ユニゾンする若きベーシスト、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
リチャードアンダーソンはKEY版イングヴェイとも言うべき
自己主張の強い曲を作っています。勿論すべての楽曲でリチャードの
超絶早弾きを堪能できますが、今のイングヴェイのソロのように
ちょっとくどさもあり、好き嫌いが分かれるかもしれません。
楽曲はイングヴェイやSymphonyXから影響受けたようなややプログレッシブな
ネオクラシカル。所々御大から拝借したようなフレーズが聞かれるのはもはや
ご愛嬌でしょう。
Brutal Mentorはトチ狂ったように猛烈に弾き倒すインストでとてもかっこいいです。
これはドライブなんかで聴かない方がよさそうです。

そしてタイトルにもあるように今作のハイライトは2曲目のWatching Tower Of The Skies。
凍てつくようなピアノから始まり、やがてアポロの切な〜い歌唱が胸に響きます。
そしてサビ。これがもう堪らんのです。バロックの様式美溢れる歌メロにバックコーラスと
アポロの歌が掛け合う様はほんと神々しさすら感じます。終いにラストは転調してくれます。
心憎い!!これはもうネオクラシカルの名曲でしょう!
気になった方は是非聞いてください。損はさせません。きっと心が打たれると思いますよ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
スウェーデンのネオクラシカルメタルバンド、タイム・レクイエムの1st。2002作
個人的にはこの手のいわゆる「ネオクラシカル」なプレイを売り物にした多くのバンド群の大半は
テクニックだけで進歩のない音楽としてとらえているし、聴いていてさして高揚感も沸かないのだが、
MAJESTICを前身とするこのバンドのサウンドは、お約束のギターとシンセによる高度なユニゾンプレイ、
高速アルペジオなどを売り物にしているのは変わらないが、そこにプログレ的なテクニカル性を加味している。
やはり目新しさは感じないし、正直この手のネオクラには飽き飽きなのだが、それでもここまでやれば立派…
というかサウンドに隙がなく、濃すぎるほどに濃いという点では評価せざるを得ないという。笑
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー