Kindle 価格: ¥ 99
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[さんたまさのり]のタイいなか移住のすすめ
Kindle App Ad

タイいなか移住のすすめ Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2017/12/29
¥ 99

商品の説明

内容紹介

=本書『はじめに』より=


全ての人に海外移住が向いているとは思わない。

けど本書は全力でタイのいなか移住をおすすめしていく。



わたしと似たような人間が、日本に数人はいるであろうという希望的観測のもと、その数人のために全力で本書を執筆する。

いろんな壁を超えたその先に、とてつもなく自由で、それゆえに生きることを思いっきり楽しめる世界があることを全力で伝えていく。




タイ王国

日本から約4300km離れたインドシナ半島付け根の国。飛行機で6時間ほど。国土面積は日本の約1.3倍、人口は日本の約半分。国民の多くが敬虔な仏教徒。


タイにどんなイメージ、知識、見方、偏見、などなどをお持ちだろうか。わたしはほとんどタイに対するイメージを持たないまま、1回目のタイ旅行に突入した。成田―バンコク往復の航空券だけ持って。ホテルも予約せずに。しかもあろうことか1ヶ月という長期旅行。


あれから11年余りが過ぎ、今では日本でも1・2を争うほどの激烈タイびいき。

きっと、自分の理想とする生き方ができるよ~とタイがささやき続けてくれたからだと思う。つらかったこと、きつかったこと、苦しかったことなんか数え切れないほどあった。1本数十円の水を買うかどうか真剣に悩んだり、1.5倍ぐらいに腫れ上がった自分の足を見て途方にくれたり、伝えたいことが伝えられず激もどかしい時間を過ごしたり。それでもいまだに、日本に変える選択肢など頭になく、こうしてタイに住み続けている。


あ、バンコクではなく、タイのいなかなんですけど。



いなかに住み始めて数ヶ月。まぁ、タイの始まりも半分はいなかであった。タイに住むと決めたのもいなかであった。

もともと一歩でも二歩でもはみ出すようなことが好きで、縛られたり制限付けられたりするのが窮屈で、普通とか常識とかを基準にいろいろ判断されるのが嫌で、つまりどちらかというと社会不適合者?(笑)

そんな身には、タイのいなかが醸し出す空気感がとても心地よかった。


お金があったわけでもない。コネがあったわけでもない。タイ語なんか全くわからなかった。それでもタイ移住をし、さらにタイのいなかに移住した。そしてなにより、肩肘はることなく、我慢することもなく、自分の好きなように人生を歩いてる感たっぷりの充実感を得られている。



ひとりでも多くの人に、そんな自分の人生を歩いてほしい。






タイいなか移住は、そのためのひとつの道標になると本気で思っている。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7216 KB
  • 紙の本の長さ: 45 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B078Q5VVMH
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 55,242位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク