Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,268

¥ 756の割引 (25%)

ポイント : 1139pt (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[マーク・ダグラス, Mark Douglas]のゾーン ウィザード・ブックシリーズ
Kindle App Ad

ゾーン ウィザード・ブックシリーズ Kindle版

5つ星のうち 4.0 154件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 2,259
CD
"もう一度試してください。"
¥ 3,256

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

商品説明

   トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 

   逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

   概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

   11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

内容紹介

『規律とトレーダー 相場心理分析入門』を書いたマーク・ダグラス待望の新刊! 恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、 ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる! さて、その方法とは?究極の相場心理を伝授する! マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家はいるだろう。しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか? たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったとしても、決断力に乏しく失敗を恐れていては、再起不能のミスを犯してしまう可能性が常にあるのだ。実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と矛盾した信念を抱いている。そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。 そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年以内に、資金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。 マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。約20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するために、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。 ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の強化にある。そしてそのためにはトレードを確率的視点から考察し、適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構え」を持つ必要があると主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケットが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。「自分」が次にどうしたよいか知っているのだ。そこには決定的な違いがある。 本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかにし、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示されている。ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを明確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を本書から理解すれば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当の現実を受け入れられるようになるだろう。 本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心理状態を習得できる。「ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 784 KB
  • 紙の本の長さ: 334 ページ
  • 出版社: パンローリング株式会社; 第1版 (2002/3/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B008DBXHWG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 154件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,964位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
メンタルを鍛える、というと筋肉のようにトレーニングして鍛える印象があるが、個人的な見解としてそれは違う。メンタルというのはあくまで理解のことである。
例えば損切りができないという状態は「意思が弱いから」ということではなく、結局それをすると「自分に悪いことが起こる」と理解していないから。
人は「悪いこと」と理解したものについては本能的にでできないようにできてる。車に乗っていて、感情的な心理状態でも赤信号は守るだろう。

本の訳が悪いという意見が散見されるが、それはこの本の言いたいことを理解できていない。この場合悪いのは理解できない人の方だ。
本に期待する。著者に期待する。それはもっというと世界に期待するということだ。しかし世界が期待通りに動くことはない。あまりに強大だからだ。
相場も世界だ。ゆえに期待できるものではない。ならば期待はどこにあるのか?それは自分自身にしかない。

期待だけではない。実は責任も怒りも楽しさも全て自分の中にしかない。ここが理解に苦しむところだろう。実はこの本は5年ほど前に5〜6回ほど読んだ記憶があるが、当時は全く理解出てきていなかった。
いかに言葉だけでは理解できないかが今回読んで得た発見だ。

相場に期待してはならない。それは失望を生み、怒りを生み
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
初心者の私は入門書やチャート本をとにかく読まなきゃ!と思っていた当初、相場心理の本があることに気づき購入してみました。マークダグラス氏の規律とトレーダーを先に読んだのですが相場の概念、トレードの姿勢が180度変わりました。ゾーンはさらに進化していると思います。自己啓発ですね。トレードだけではなく普段の生活もがらりと変わると思います。
すべて頭のなかで解決できること。気持ちが楽になりました。
早くに出会えてよかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
なかなか難しい話になっているように感じましたが何度か読み直して理解を深めたいと思うような内容でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
わかりさすく、丁寧で勉強になります。この先生の本はよいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自分の心理を文章で表され成るほどと思う箇所が多いです。これを読んだからと言ってゾーンに達せられるわけではなささそうです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
誤字多すぎ!
逆転が運転になっていたり、問題が間題、縁が緑になってます。
まだ15%しか読んでませんが、まだまだ出てきそうで楽しみにしています。
内容はまだまだこれからなので星3(普通)にしました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
相場をやり始めた、割と初期にこの本に出会った。
多くの上級トレーダーがこの1冊を強く勧めていたからだ。

さっそく購入し読んでみたが、意味が分からなかった。
犬を怖がる?赤ちゃん?……なになに適当な信念?
楽しくないのに楽しむ?
とても戸惑った。
相場について知りたかったのに、本文の内容が読み進むにつれてワケの分からない方向に脱線しているようにしか見えなかったからだ。

自分の場合は本書を読んだことでトレード成績が飛躍的に向上したのかと言えば、それは分からない。
ただ、自己研鑽を継続し相場で生き残り、利益額が損失額を上回るようになれた時に、あらためて本書を読み返すと少なからず気づかされる事はあった。
過去に読んで意味が分からなかった本書の内容が、部分的にではあるが理解ができる。
おそらく相場師として今よりも上達すれば本書の内容が更に深く理解できるのではないかと思う。

この1冊が相場必読の書と言われる意味が分かる。

――――――

(追記)
5年弱かかってようやくこの本の真の価値が理解でき、今は専業投資家として生計を立てられるようになりました。
この本に出会っていなければ報われない投
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zep 投稿日 2016/11/5
形式: 単行本 Amazonで購入
せっかくの良書が酷い翻訳のために台無し。何を言っているのか意味不明の箇所が多すぎ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
大変役立つことが書いてあります。しかしながら、訳が難解な箇所があり、一回読んだだけでは頭に入る部分と入らない部分があります。
また、私には分かりませんが、訳が間違っているとレビューにて指摘をされている方もいらっしゃいます。
これが本当なら、間違ったまま頭に入れるのも考えものですね。
分かりやすい日本語訳で改訂をお願いしたいものです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover