¥ 3,024
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゾーン — 相場心理学入門 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゾーン — 相場心理学入門 単行本 – 2002/3/13

5つ星のうち 4.0 153件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,237
CD
"もう一度試してください。"
¥ 3,390

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゾーン — 相場心理学入門
  • +
  • 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
  • +
  • デイトレード
総額: ¥7,236
ポイントの合計: 219pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『会社四季報 2017年 2集春号』特集
業界担当記者が独自取材・独自分析で上場企業の業績を先読み。「会社四季報」で、好調会社や有望銘柄を探す。 『会社四季報 2017年 2集春号』特集はこちら。

商品の説明

商品説明

   トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 

   逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

   概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

   11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

内容紹介

『規律とトレーダー 相場心理分析入門』を書いたマーク・ダグラス待望の新刊! 恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、 ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる! さて、その方法とは?究極の相場心理を伝授する! マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家はいるだろう。しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか? たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったとしても、決断力に乏しく失敗を恐れていては、再起不能のミスを犯してしまう可能性が常にあるのだ。実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と矛盾した信念を抱いている。そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。 そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年以内に、資金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。 マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。約20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するために、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。 ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の強化にある。そしてそのためにはトレードを確率的視点から考察し、適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構え」を持つ必要があると主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケットが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。「自分」が次にどうしたよいか知っているのだ。そこには決定的な違いがある。 本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかにし、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示されている。ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを明確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を本書から理解すれば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当の現実を受け入れられるようになるだろう。 本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心理状態を習得できる。「ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。

-ブルベア大賞殿堂入り作品-

ブルベア大賞とは?
1年間に発売された製品・サービスの中から、実際の投資に役立ったと評価された作品に贈られる賞です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: パンローリング; 第1版 (2002/3/13)
  • ISBN-10: 4939103579
  • ISBN-13: 978-4939103575
  • 発売日: 2002/3/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 153件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,364位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
言わんとするテーマが非常に簡単でシンプルなものです。「トレードにはメンタルが大事だよ」

たったその数文字を強調するために、そして論理性を持たせるために、手を変え品を変え、何度も何度も強調するという内容です。

子供の頃に親に怒られたことや、「ランダムの報酬」と呼ばれる猿の実験を例に出すなど、「これは一体なんの話をしているんだ?」と思ってしまう箇所が非常に多いです。しかし根幹にあるテーマは決してブレることはありません。つまり「メンタルが大事」

非常に難解でくどく冗長気味ではありますが、このテーマを離れることはないので、それを意識していれば多少分かり易いかなと思います。

トレードでの成功を願いつつ、メンタルが大事ということも頭では分かっていながら、利食いに興奮し損切りに不快感を感じている人には良い本かと思います。

なぜ私たちがルール通りにトレードすることを嫌い、そして損に不快感を感じるのか、徹底的に紐解いてくれます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 おそらく投資初心者の方にとって本書は何を言っているのかわからないと思われます。そのくらいレベルの高い内容です。でも、投資で挫折を味わった方、いろいろ試したがうまくいかず、飛躍のきっかけを探し続けているような方には救世主と言える良書です。
 投資はメンタルであることをこれでもかと、クドクドと説明しているのも事実です。(心理学の副題があるので当たり前ですが)しかし、投資で勝つにはそれぐらいクドクド言われなければ、本当に腹の底から理解するには足りないぐらいです。たとえば、損切りが大事なことをわかっている人はたくさんいます。でも本当に大事だと理解している人はかなりの少数と思われます。理解していると思っている人も、本当に理解しているのか?自分の理解とプロ(相場で何十年も勝ち続けている本物のプロ)の理解に隔たりがあるとしたら、それは理解していないことと同じことではないか?ものごとを表面的に理解して納得している人が多いということに気づかされ、そこから相場というものを再考するきっかけとなります。
 ゾーンの心理があれば、あとは優位性を探し出し、そこに淡々と仕掛け続けるだけでいいんだ、ということに気づかせてくれます。
多くのパンローリング出版を読んできましたが、最高クラスであることは間違いないです。中級以上の方で結果が出ていない方は、ぜひ一読されることを強くお勧めします。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
相場(に限らず何事についても言えることだが)はその人のレベルの範囲内しかものは見えないといえるが、この本の価値もその人のレベルの範囲内でしかわからないといえる。
著者は読者に対し深く理解させようという姿勢で書かれているが、そのことが逆に難解な表現と冗長に感じられる要因にもなっていると思われる。
難解に感じられるのは翻訳にもあるのかも知れないが、そんなことは真剣にトレード(投資ではない)を身に付けようとする人にとっては些細なことにしか過ぎない。
何度も何度も繰り返して読めばわかるし実際にそうしなければならない。1度や2度読んだだけで完全に理解できるものではない。
私もすでに10回ぐらい繰り返して読んだが読む度に少しも理解していなかったと悟るのである。完全にわかるまでには100回ぐらい繰り返さなくはいけないかも?
トレーダー(投資家ではない)として成功した人なら、この本を読んだことの有無にかかわらず、この本で言うところの‘ゾーン’という心理状態は身に付けているはずである。
この本では読者はすでに優位性のあるトレード手法は持っているという前提で書かれている。それらの手法は他書で学ぶ必要があるし実際多数あります。
私のトレード手法は変えていないにもかかわらず、僅かながらもゾーンという心理に近づくにしたがってトレード成績は
...続きを読む ›
2 コメント 171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の目的は、「一貫性のある勝つトレーダーになる」ことである。
そのためには、「ゾーン」の境地になる必要があると言う。「ゾーン」とは、一体何なんだ? ということを、いろいろな例を挙げながら、くどいほど解き明かしていく、心理ミステリーのようでもある。そして、読み終わった時には、それまでモヤッとして霧に包まれていた心が、スッキリと晴れているのに気づくかもしれない。
結論は、マーケットは確率の世界であるということだ。優位性のある、すなわち勝つ確率の高いタイミングでエントリーした後は、ただ単純に損少利大の回数を重ねて、その得失差による利益を増大させていくだけである。そのためには、一回ごとの勝敗に一喜一憂せずに、淡々と無味乾燥な心でトレーディングできる境地になる必要がある。そのような「ゾーン」の境地になれるかどうかは、あなたのマイナスの信念をプラスの信念に変換できるかどうかに係っているというのだ。
マーケットに対して、心のガン細胞である、そういったネガティブな信念が根付いてしまわないうちに、そして、早期治療するには、初心者が早めに読んでおくべき書であると思う。
1 コメント 137人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー