ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ra... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: Fonte di mare
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]

5つ星のうち 3.6 111件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,980
価格: ¥ 2,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,500 (50%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サザンフィールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 1,940より 中古品の出品:9¥ 421より

この商品には新しいモデルがあります:

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオゾディアック(字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]
  • +
  • セブン [Blu-ray]
  • +
  • ファイト・クラブ [Blu-ray]
総額: ¥4,798
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マーク・ラファロ, ロバート・ダウニーJr., ジェイク・ギレンホール
  • 監督: デビッド・フィンチャー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2008/07/09
  • 時間: 383 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 111件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0018O3OXM
  • JAN: 4988135708670
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 117,801位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


『セブン』、『ファイト・クラブ』の監督が放つ究極の犯罪スリラー!

実際に起こった未解決事件に基づく “謎が謎を呼び、恐怖がノンストップで迫り来る。この映画の求心力からは、誰も逃れることができない…。”
-Peter Travers, Rolling Stone

『セブン』、『ファイト・クラブ』の監督が放つ、実際に起こった未解決事件に基づくサスペンス・スリラー。“ゾディアック”と名乗る連続殺人犯と、その事件の解決に挑む者たち。「殺人」と「真実の究明」という全く逆の立場にいる人間たちが、謎が謎を呼ぶ事件を巡り、次第にその運命を狂わされていく。ジェイク・ギレンホール、ロバード・ダウニーJr.、マーク・ラファロ、クロエ・セヴィニー等、豪華キャストのアンサンブルで贈る、至高のスリラー。


【映像特典】

-オリジナル劇場予告編収録
<フィルム>
-ゾディアックに迫る
・映画製作に至るまで
・ブルーロック・スプリングス
・サンフランシスコ・クロニクル紙
・デイブ・トースキー
・プレシディオ・ハイツ
・ベリエッサ湖
・ロバート・グレイスミス
<視覚効果>
-プレビジュアライゼーション
・ブルーロック・スプリングス
・ベリエッサ湖
・サンフランシスコ
<犯人像>
-“こちら ゾディアック”
・ハーマン湖
・ブルーロック・スプリングス
・ベリエッサ湖
・サンフランシスコ
-第一容疑者:アーサー・リー・アレン

【音声特典】
-デビッド・フィンチャーによる音声解説
-ジェイク・ギレンホール、ロバート・ダウニーJR.、その他による音声解説

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

デビッド・フィンチャー監督が実際の未解決事件を元に描いたクライムサスペンスのディレクターズカット版。顔の見えない殺人鬼“ゾディアック”の残した謎に魅せられ、次第に人生を狂わせていった4人の男たちの姿を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
無駄にながい。

この映画は、とても興味深いです、しかしながら、それは、現実だからです、
映画としては、どうでしょう?小説や推理することが好きなら、おすすめします。

昔と今の警察のクヲリティーのレベルが異なることを証明できる映画だともいえます。
もし、仮に現在にこのようなことがおこったら、犯人は逮捕が可能だと思います。
理由は専門チームが素晴らしい働きをするからです。

映画を見た後に、なんだか、気持ちが悪い、気味が悪い 気分です。
Happy end ではありません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
60年代末米国西海岸サン・フランシスコ近郊で実際に起きた未解決連続殺人事件を描いた力作ですが、今回リリースされるディレクターズ・カットは正直劇場公開版と一見して大きな違いがあまり感じられません。よほど注意して見比べなければ、これだけのために購入する意味は一部のマニアックなファン以外にはお薦めできないかもしれません。
むしろ付属の特典映像は当時の事件関係者がカメラの前で生々しく語る盛り沢山な内容で、この貴重な資料を見る意味では購入する価値を見出せるものと思います。資料映像には実際被害に遭われた方や犯行現場の写真も多数登場し、胸が痛くなると共に、映画本編以上に不気味な印象を与えます。映画はあくまで娯楽の対象であって、実際の犯行時には映画で流れるような洒落た音楽もなければ、きれいな照明もなく、何の前触れもなく突如として個人の運命が狂わされてしまう非情さを、この資料映像は語っているような気がします。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
実際に起きたゾディアック事件を映画化したもので、テーマ自体の描き方も、
じわじわと腹の底からくる恐怖みたいなものに支配されていくイメージで、
フィンチャー監督らしいサスペンス調と相まって非常に恐ろしいのですが、
ジェイク・ギレンホール扮する風刺漫画家グレイスミスが事件の謎に憑りつかれ、
家族を放置プレイ、長い捜索生活を続けるという執着心も怖かったです。
一度その世界に入ると、なかなか抜け出せないという人の本質を見た感じ。

実在の「謎」に対する真相の導きを主題とはせず、
“ゾディアック”という殺人犯を追うあまり、その悪魔的な魅力に支配され、
混沌と混乱に陥っていく主人公の「運命」を主題としているところがユニーク。

「謎」を追求するあまり、本末転倒していく人間たちの「愚かさ」こそ、
この映画の核心と言えるのではないでしょうか。
それはそうと、ギレンホールのウッディのようなクリクリの目がすごい!笑
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
フィンチャーの最高傑作が「セブン」だという事に疑いはないが、何が一番好きかというとこの「ゾディアック」。

60年代・70年代テイストのこの映画は、車上のカップルがいきなり射殺されてしまうファースト・シーンにはじまり、ゾディアックは次々に人を殺していく。
目撃はされても大きな証拠を得られない、何故連続殺人を続けるのか、総てが謎のまま終わってしまうのか。
劇場型犯罪によって警察、マスコミといったあらゆる人間が巻き込まれ、疑われる。

プロセスとしては「セブン」に何処か似ている。
説教めいた事を言うのも共通している。
ただ、決定的に違うのは犯人が解らないまま終わってしまうということであり、むしろゾディアックが自首する話が「セブン」なのである。

「殺人鬼は誰か?」ではなく「殺人鬼を付き止めるようとする人々」を焦点にしている点も注目だ。
得たいの知れない恐怖に挑み続け、事件を風化させないために戦い続けた人々の物語。何故彼等は同僚や家族を失ってまで事件を追い続けたのか。

まるで歴史の真相を暴こうとする歴史学者やマスコミのように諦めようとせず、どんどん狂っていく。
それは「何故俺はこんな事をしているんだ」という己の存在意義を見出すための孤独な闘いでもあ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 picander トップ500レビュアー 投稿日 2007/11/22
形式: UMD Universal Media Disc
未解決事件であることを観客は知っているわけで、それでもラストまで全く飽きさせないのは、すでに証明されたフィンチャーのカメラワークと音楽の安定した実力。
ポン・ジュノの『殺人の追憶』のような、捜査の周辺人物のみならず、観客までを蝕んでいく事件の闇の深さ、徐々に真実が明らかになるほどそれに伴い謎が増えていく手に負えなさが描けていないのは、20年近く経過しているのに見た目がそんなに老けていないという表面的な問題ではなく、もっと根本的なシナリオの問題ではないだろうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー