Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 100
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[箱寺孝彦]のゾクチェン瞑想修行記: チベット虹の身体を悟るひみつの体験
Kindle App Ad

ゾクチェン瞑想修行記: チベット虹の身体を悟るひみつの体験 Kindle版

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 100

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

 これは私が二十年以上にわたり、ボン教僧院で瞑想修行してきた記録である。チベットでは仏教が有名だ。だが仏教は八世紀にインドから伝来した外来の宗教である。一方、ボン教はそれ以前より存在したチベット固有の宗教。不思議な縁に導かれ、私はこのボン教の修行を続けている。

 いまや日本のみならず世界中で仏教ブームを迎えている。特に瞑想が人々の注目を集めている。瞑想を体験したい、心を成熟させる修行に取り組みたい。そんな声が高まるのは、私たちが深い心の問題を抱えているからにちがいない。人生は一向に楽にならない。

 仏典研究から始まったチベット研究。だいたい一回りした今、ユニークなチベット文化の源泉がボン教にあることが常識になりつつある。だがボン教ゾクチェンを研究・実践する意味はそれだけに留まらない。もっと深い意義があることを知って欲しい。

 ボン教ゾクチェンの特徴は、遥か古い歴史を持つこと。言説、分別、因果律を超えていること。数多くの災難、災害を乗り越えてきたこと。だから日本人にピッタリの教えだと思う。

 この教えなら日本人が失いつつある心を取り戻せると、私の確信は深まるばかりだ。(まえがきより)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2549 KB
  • 紙の本の長さ: 48 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: ボン教プロジェクト; 1版 (2015/11/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B017QD39YW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 21,024位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
著者はあの「智恵のエッセンス―ボン教のゾクチェンの教え」を翻訳出版された森孝彦さんと同一人物です。
現役のゾクチェンパである著者が自分自身の修行実体験を生き生きと描いた大変興味深い本です。
二十数年前に、一人の日本人若者がどうして遥々のネパールに行って、ほとんど知られていないチベットボン教と深い縁を結んだのか、修行中の様々な苦労や苦悩そして迷い、最後ついにゾクチェンの核心に触れた瞬間のあの感動を赤裸々に書かれています。
現地の人々やお坊さん達は物質生活が貧しいながらも心の優しさ、また高名なご住職の慈悲深さに直に触れたような気がして、心を打たれました。
著者が現在「東京のちいさな瞑想教室 - ボン教の楽しい宝箱」というHPを開設しており、定期的に教室も開いて、ボン教、瞑想、ゾクチェンのことを教えておられます。興味がある方はぜひ参加してみてください。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ボン教とはチベット最古の教えである。インドから仏教がもたらされ、チベットのシャーマニズムと融合した複雑な成立過程がある。
その多様さからチベット仏教界では俗世信徒向けの傍流と見られ、仏教学会からは異端とされ長く顧みられることがなかった。
著者は20年以上昔にたった一人の外国人留学僧としてボン教界に身を投じ、奥深いボン教の叡智に魅せられることとなる。
その前半部分ともいえる苦学苦行の体験記である。
ボン教を学ぶ以前の、言語の問題、風土やビザの関係に悩みながら、現地の人々とのかかわりの中で励まされ、居場所を見つけ溶け込んでいく様子は胸を打たれる。
著者を見守る、懐深いボン教高僧のたたずまいは慈愛に満ちていて、読み手の心にも沁み込んでくる。
ボン教の奥深い叡智の一端が垣間見れる瞬間である。
著者は現在日本においてボン教の普及に努められているが、修行はまだ続いている。
著者の心に湧き起こった変化はこれ以降どのように浸透し、作用して行ったのか。この作品の続きが待たれる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
チベットのボン教について、またその修行法についての体験記。興味深く読みました。
体験記なのでチベット仏教についての難しい記述はなく、とても読み易かったです。
あまり知られていない修行法は興味深く、体験した者ならではの記述が説得力を持ちます。
言葉や文字の習得し、修行してもなかなか得られない。
それがゾクチェンの世界なのだと実感します。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover