通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京Book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書) 新書 – 1992/8

5つ星のうち 4.4 71件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 29

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)
  • +
  • 砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)
総額: ¥1,641
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第9回(1993年) 講談社科学出版賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

動物のサイズが違うと機敏さが違い、寿命が違い、総じて時間の流れる速さが違ってくる。行動圏も生息密度も、サイズと一定の関係がある。ところが一生の間に心臓が打つ総数や体重あたりの総エネルギー使用量は、サイズによらず同じなのである。本書はサイズからの発想によって動物のデザインを発見し、その動物のよって立つ論理を人間に理解可能なものにする新しい生物学入門書であり、かつ人類の将来に貴重なヒントを提供する。


登録情報

  • 新書: 230ページ
  • 出版社: 中央公論社 (1992/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121010876
  • ISBN-13: 978-4121010872
  • 発売日: 1992/08
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 71件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,224位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
専門的すぎず、生物学が何となく好きな方にはおもしろいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 can 投稿日 2015/6/9
形式: 新書 Amazonで購入
小さな虫の心臓の動く回数を調べるにはどうするのか?そう考える研究者はどこにでもいると思うが、それを実現させる。人間の努力には頭が下がるし、この一つみてもアメリカのパワーには脱帽だ。面白いの一言で表現できる本だと感じた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bambooshoot トップ500レビュアー 投稿日 2014/1/1
形式: 新書
1992年初版で2011年には64版も重ねている!数式や科学的な諸法を用いているから、著者の考えを直接言わずに動物の進化を通して語られている様な処がある。つまり、本書を読んだ読者により、如何様にでも理解は広がっていく。大方のことは他のレビューワーが書かれているので割愛する。

しかし、『島の法則』を読んでいて何故か日本人とはこう言う風にして出来上がった、と言われている様な気がして来た。人間も例外ではないのだから、きっとそうなのだろう。嘗てフランス人が日本人の住居をウサギ小屋と称したが、ネズミ小屋と著者は評していたが、もしかすると、それ以下の適当な小動物が居なかった...のかも知れない。

この本を読んでから周りを観察すると、なるほど、狭い国土に犇いているから出来るだけ隣近所と摩擦を起こさずに共存する姿勢が至る処で見られるような気がする。しかし、自然発生的な結も時代の波に押され、代わりに個人性を重んじようと努力している。形態的には蜜蜂や蟻のコロニ−に近いのかも知れない。災害の多い島国で生きて来た民族だから、寄り集まって生きるのが得意だし、独立して生きるよりもメリットがあったのかも知れない

土地が極端に狭いから家のデザインも無駄なく曲線を省き、直線で構成されている。日用品にも細かい細工が至る処で見られる。コレは秀逸な美術的工
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『ゾウの時間 ネズミの時間――サイズの生物学』(本川達雄著、中公新書)を手にすると、初めて読んだ時の衝撃が鮮やかに甦ってくる。

「ゾウさんも ネコも ネズミも 心臓は ドッキン ドッキン ドッキンと 20億回 打って止まる」と言われたら、誰でも、そんな馬鹿なと思うだろう(これは著者が作詞・作曲した「一生のうた」の1番である)。

これは、言い換えれば、●ゾウのように体重が大きな動物はゆっくりと心臓が鼓動し、ネズミのように体重が小さな動物はせかせかと忙しく鼓動している、●一生の間に打つ鼓動の回数は、動物のサイズに関係なく同一である、●ゾウは長生きし、ネズミは短命であるように、動物の寿命は鼓動を打つスピードと反比例している、●ゾウにとって、ネズミにとっては、ヒトが感じる時間(物理的時間)とは別の時間(生理的時間)が流れている――ということを意味している。

さらに、動物の行動圏の広さや棲息密度も、サイズと一定の関係があるというのだ。

こういう「サイズの生物学」は生物学の素晴らしい成果であるが、「動物の世界観について考えるようになった。おのおのの動物は、それぞれに違った世界観、価値観、論理をもっているはずだ。たとえその動物の脳味噌の中にそんな世界観がなくても、動物の生活のしかたや体のつくりの中に、世界観が
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
生物学で数学がこんなに使えるなんて!

北に行くほど生き物が大きくなる理由とかはホントに納得しました。
正直、一読しただけではわからない部分、覚えてない部分も多いのですが、
「こういう考え方があるんだ」ということを知れただけで大満足の一冊でした。

何かあるたびに本棚から引っ張り出してきそうです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
生き物の時間は体のサイズに関係しているというお話。
どの様な生物でも一生の内に呼吸する回数や、脈拍を打つ回数はほぼ同じで、
体の小さな生き物はそのスピードが速く、大きな生き物はゆっくりと遅い、という事らしい。

我々人間はすべてを自分たちだけの尺度で判断してしまうが、生き物はそれぞれの時間軸を持っているという事だ。
犬や猫の一生は人間と比べるととても短いが、彼らなりに充実した一生を送っているのだと考えると、少しホッとした気持ちになった。
僕ら人間が考える常識なんて、自然の前では非常識なのかもしれない。

もしかするとこれは生物だけではなく、地球や太陽などの天体にも同じことが言えるのかもしれないと思う。
よく中年の星なんて褒め言葉があるが、太陽の寿命が約100億年という事を考えれば、地球も文字通り中年の星なのである、
と一方的に親近感を感じている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー