中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソード・ワールド2.0 剣をつぐもの1 (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2009/5/20

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

リリアンナの儀式の手伝をすることになったアレク。その帰り道の途中、偶然にも蛮族の陰謀を知ることとなり、事件に自ら巻き込まれていくのだが……!? 大人気TRPG、ソード・ワールド2.0から待望の小説が登場!

内容(「BOOK」データベースより)

「―あなたはクビです」足下に叩きのめした男を見下ろすと、少女は冷たい声で告げる。(すげぇ女…)それを見ていた少年アレクは唖然としていた。しかもこの少女・リリアンナと仕事をする羽目になろうとは…。人族の宿敵“蛮族”の侵入を防ぐ“守りの剣”の儀式を手伝うため、リリアンナに付き合うことになったアレクは、偶然にも蛮族たちの恐るべき陰謀を知る。必死の忠告にも耳を貸さない大人に怒りを覚えたアレクは、自分たちの力だけで蛮族と戦うことを決心するが―。“剣の創りし世界ラクシア”を舞台に、アレクとリリアンナの魔剣を巡る冒険が、ここに始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 347ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2009/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829133953
  • ISBN-13: 978-4829133958
  • 発売日: 2009/5/20
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 609,495位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
王道ファンタジーで面白い。
話の展開からして、リリアンナには何かありそうだし、
ダリウスも一人レベルが飛びぬけており
アレク周りの大人's達とも繋がりがあるようで、
そちら絡みの話も気になるところ(特にアレクの父親の話とか)、

そして大筋の蛮王の剣についてはどうなるのか!?、
伏線は多いですね。
ラスト、一般人代表のヴラドは旅には同行してないように見えましたがどうなんだろう、
実際問題彼が旅に同行するには動機が足りない気がしますので、
もし2巻で同行していたと言う事になれば、なにか簡単でも良いので理由が欲しい
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 長き歴史を持つ某国産ゲーム、その20年ぶりの大リニューアル。
その総指揮を行ったのが、この作者さん(会社の中堅くりえーたー)なのです。

 長年のバージョンアップにより重くなってきた要素をずんばらりんし
近年流行りも落ち着いてきた安定要素で味付けた初心者大歓迎のゲーム『SW2.0』

 そのシェアードワールド(複数作家による同一世界作品群)小説の第一作目が、この『剣をつぐもの(1)』
まさにスタンダードであり王道一直線、今後の基準となるべき基本線。
そいつがこの本なのであります。 (一部に冥府魔道)

 ご安心あれっ!  心配なら立ち読みしてから買えば宜しいっ!!  あくまで好みの問題ですっ!

 ・・・千波に。
 大陸間連絡橋であり街の城壁(北門)に繋がった「ながいながい橋」。
仮に、一車線で長さ100メートル程度の魔法コンクリート橋だとしても、簡単には落とせないかも知れません。 多分足あるし、海の中だし。

 補修はされてるでしょうが300年オーバーで無傷の橋と城門(小競り合いありと推測)ですし。
何より・・・・・・破壊計画当時は世界大戦終結直後なのですものの。
(ほぼ人間側敗北、文明崩壊。 敵側ボ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『蛮族』と来ましたか。
『モンスター』とか『亜人』と呼ぶと手垢がつき過ぎてると思ったのかもしれませんが、
そんなに中身が変わってるように見えません。ちょっと頭よさそうなだけです。
オーガーとかミノタウロスとか名前を出した時点で、もうオリジナリティでは勝負できないと腹をくくって欲しかった所です。

しかも、破壊できない橋ってなんですか。土台になってる土を崩しても落とせないんですか。
おまけに『冒険者』ですか。

くさしてばかりで申し訳ないんですが、
作った『枠』にとらわれ過ぎてませんか?
ファンタジー小説って物語を通じて世界を作る物であって、
作った世界を壊さないように物語を作るのは、本末転倒だと思うのですが。

なんかもうシェアードワールドの弊害がモロに出たな、という感じの作品になっています。
世界を自分色に染める自信がないなら、自分で世界を作って欲しいものです。小説家ならば。
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告