Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 660

¥ 53の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大井雄紀/グループSNE]のソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記 世にも不幸な冒険者たち<ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記> (富士見ドラゴンブック)
Kindle App Ad

ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記 世にも不幸な冒険者たち<ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記> (富士見ドラゴンブック) Kindle版

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記(富士見ドラゴンブック)の3の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 660
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 90

紙の本の長さ: 318ページ
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

エイギア地方最前線の開拓村を拠点に冒険を始めた駆け出し冒険者たち。彼らを待つのは未知の魔物との戦いに、開拓村の発展のお手伝い、そして恐ろしい力を持つ魔神の伝承だった!?

内容(「BOOK」データベースより)

DM・大井雄紀が未開の大地を自由に染める!新大陸の“開拓”をする王道の冒険という触れ込みで集められたプレイヤーたちを待ち受けるのは、凶悪な力を持った新蛮族の襲撃に世界を滅ぼしかねない力をもつ魔神の再封印と、死と隣り合わせの冒険ばかり!「“開拓”がテーマやし、自分好みの蛮族や狂った地形だしときますね」無慈悲なGMが用意する新データに翻弄される、不幸な冒険者たちが繰り広げるレーゼルドーン大陸の開拓記、開幕!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 14089 KB
  • 紙の本の長さ: 198 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 富士見書房 (2015/12/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019DANKDQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 17,301位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
なんとなく旧SWリプレイを思い出すような作品でした。GMとPLのしょうもない(褒め言葉)ギャグの応酬、駆け出し冒険者とて生活費すらまともに稼げない切なさ、「セッション中は盛り上がったんだろうなぁ」と思わせるノリの良さ。そうそうこういうのでいいんだよこういうので。
ドラマチックなストーリー展開とかはF.E.A.Rのひとたちに任せておけばいいのです。あちらは読んで楽しむリプレイですが、SNEさんのは実際にTRPGで遊んでみたくなる楽しさがウリでしょう。表紙のウクレレ持ってるドワーフ娘は中の人が初心者のようですが、彼女の存在が活発な掛け合いの要因みたいですね。
なお戦闘はドラマチックどころか至ってデッドリーなもよう。一話はPLのダイス運、三話は戦術ミスが原因で全滅寸前まで追い込まれます。初シナリオで「生死判定で出目10以上出さなきゃ死亡」、見てる分には手に汗握りますね。見てる分には。
PT構成はドワーフバードの妹に飲んだくれサカロス神官戦士のナイトメア兄貴、知力2の脳筋ソレイユ女戦士と器用貧乏人間男ソーサラーの主従。唯一の専業マジックユーザーなのにメインスカウトとメインセージまで兼ねるオーリングさんはPTの要……なのに敵の射撃攻撃に被弾しまくりでかなりかわいそうなことに。残念イケメンのナイトメア、バーリ兄貴は戦闘面では縁の下の力持ちですがRPは非モテのダメ人
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
アダルトシーンは無いけど、残酷描写は在ります。
というか、冒険者の仕事は荒事ばかりです、そんな原点を楽しめそうな開拓者キャンペーンの開幕。

舞台はレーゼルドーン大陸、蛮族だらけの場所での開拓者村を拠点にした初期作成キャラでのスタート。
キャラクターも久しぶりにバードが入る構成で、コレまでとはちょっと毛色が変わった戦闘が楽しめそうかなと感じました。
GMオリジナルの魔物や蛮族の追加も在って、キャンペーン初期で感じる単調さが無く、戦闘もスリル満点。

初っ端はゴブリン退治から穏やかにはじまると思いきや、流石はデスマスターオオイというべきか、
オリジナルモンスター相手に、気絶者続出、生死判定連発のシビアな戦闘となる波乱の幕開け。
その後も、新しい蛮族キャラのメイドさんイラストで楽しませてくれたかと思えば、
死体になってるかもしれない先発パーティの救出と、可愛いタッチのイラストに似つかわしくないシリアスな冒険が続きます。
バジリスクの文字を見たときには、ちょっと待て、素のバジでも真っ当にやったら勝てんぞ、何考えてるのと思いましたよ。

今後も、この一つ間違ったら死人が出るくらいのデッドリーなバランスを保った、
シビア&シリアスな展開を期待したいと思い
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レーゼルドーンを舞台にした新シリーズで、いろんな意味でPCも敵も荒いと言うか粗いと言うか…
GM含め中の人(のロールプレイ?)が蛮族なリプレイで読んでいてハラハラする。
タイトルの開拓記については現状シチュエーションのみで、アシュラウトのような開拓要素は見受けられない。
シナリオ自体には大きな軸らしきものが提示されており、(順調に行けば)数巻は続きそう。

またデータ的にも新規キャラの4人PTと少数編成にもかかわらず、ほぼ専業バードがいるなど結構な冒険をしてるPTで、
今後どうやって成長させていくかも楽しみではある。
もっともその前にPT全滅で総入替えなどが起こるかもしれないが…

全体的に中の人が冒険をしてるリプレイなので、以降の展開(行動)が気になるシリーズだと思う。
次巻は春先頃には出るのかな?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「できそこないの~」で新境地に至ったかと思いきや、また元通りです。無理に巻数を伸ばすことはできそうな内容ですが、面白くなるまでが辛くなりそうな出だしでした。あまりにも土地とNPCに魅力が無いため、商業リプレイでなければPC達は別の土地に移動することを検討するでしょう。工房や迷宮城のようなオリジナルルールでも載せて一巻で終わらせた方が良かった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover