中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソード・ワールド2.0リプレイ マージナル・ライダー(2) (富士見ドラゴン・ブック) 文庫 – 2009/12/19

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 51,591 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

馬泥棒の事件をなんとか解決し、さらに首謀者を捕らえるため王都デュボールを訪れたラファル一行。そこで、事件解決に協力してくれた公爵から“冒険者”として、ヴィエナ家の要人を護衛する依頼を受けるのだが…。本書ならではの新要素「キャラクター入れ替えシステム」による新たなパーティでの冒険、「ライダー」技能が使えない状況での迷宮探索、そしてGMの誤算からまさかの展開が!アクシデント続出!!ライブ感満開のリプレイシリーズ第2弾!!!フラグ折りまくりの主人公ラファルの“馬フェチ”からの脱却はあるのか。


登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2009/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829145706
  • ISBN-13: 978-4829145708
  • 発売日: 2009/12/19
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 777,109位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 システムデザイナー自ら手がけるリプレイの第2弾。つまらなくもないが第1巻に続いてどうにも不満が残る。

 まず、外伝と二本立てという鳴り物入りの入れ替えシステムだが、成功しているとは言い難い。出詰めのメインキャラクターはレベルが低く、入れ替わりのサポートメンバーの活躍に解決を頼り切っている。かと言ってサポートメンバーはろくに紹介もなくキャラが立っていないから感情移入もできない。外伝も本編並みに話数を読めば解決するのかも知れないが、外伝を探してまで読む読者がどれだけいるのだろう?
 実際にユーザーのプレイ環境を考えるとキャンペーン中に毎回全員出席とはまずならないから、この入れ替えシステムの方が実際のプレイに近いという言に反論する気はないが。

 また、GMが仕掛ける伏線が上手くない上に壮大すぎる。プレーヤーのみならず読者も情報不足でやたらフラストレーションが溜まる。明かされる内容から考えるに1巻や2巻分では結論が見えそうにない。

 あとがきで著者もこの作品は長いスパンで考えていると開き直っているが、いつまでも読者がソードワールドの名前で付いてくると考えているとしたら痛い目を見るだろう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
マージナル・ライダー2巻。
バスティアン侯爵からさる貴族の護衛を依頼されたラファルたち。
この依頼の背後にあるのは・・・、といった展開。

PC構成ですが、途中でセレスとルシアスが抜けて新たなメンバーが加入しました。
さて、このいわば交代要員である「サブ」のPC達は戦力的重みを持っています。その一方で物語の中核をになうのはラファルたち「メイン」のメンバーです。
元々(1.0のころから)SWのリプレイのPCは5人以上というのがほとんどだったのですが、人数が多ければまわりに埋没して今一目立てないPCが出てくることもありました。
コレに対してこのリプレイでは「自分はチームの主役でなくていい(物語の主役でさえあれば)」的に「チームの主役」と「物語の主役」をわけて見せ場を分担し合い、「ダレダッケそいつ?」になることを防いでいると思ったのですが、どうでしょうか?
(まぁ、ゆくゆくはラファルが「チームの主役兼物語の主役」になる予定でしょうが)

ところで、読んでいてなんとなく説明不足なところがあるのが気になりました。
「何でPCはそんな行動をとったの?」とか「『完全な正解』は何なのさ」といった感じで。
もうチョット気を配ってくれたら、と思います。
あと、ホームペー
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
リプレイの中でも特に良く考えられたシナリオだと思います。
セッションごとにPTメンバーが入れ替わったり、
GMの予想を超える事態が発生してもうまく軌道修正し
無理なく話しを進めていく手腕も見事です。

本書の最終到達点の竜騎士まで辿り着けるのか・・・
4巻完結のようなのでそこが心配ですが・・・
なんとか成長して欲しいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告