通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね状態良好ですが、中古品のため商品の多少のヤケ・スレ・ヨゴレ・使用感はご容赦ください。店頭でも併売しておりますので売り切れの際はご容赦ください。※ご購入時の登録住所へ配送いたします。ご注文時の最終確認をお願いします。※当店では、基本的にポスト投函のゆうメール(追跡番号なし)を利用しております(場合によりゆうパック配送もございます)。予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫) 文庫 – 2017/2/10

5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 374
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品はセット買いができます
『ソードアート・オンライン 1-19巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)
  • +
  • ソードアート・オンライン (18) アリシゼーション・ラスティング (電撃文庫)
  • +
  • ソードアート・オンライン (17) アリシゼーション・アウェイクニング (電撃文庫)
総額: ¥2,041
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

《アリシゼーション編》を完全補完するエピソード!

アンダーワールドは、三百年に及ぶ争乱の果てに、ついに一つになった。どこからともなく現れた、たった一人の《ベクタの迷い子》が暗黒の神を倒し、この世界に平和をもたらしたのだ。しかし、そんな人界の中枢、白亜の塔《セントラル・カセドラル》にて──。《整合騎士見習い》へと昇進したロニエ・アラベルは、人界の最高意志決定者《代表剣士》キリトから、衝撃的な言葉を耳にする。
「──いずれもう一度戦争が起きる」
《大戦》のその後を描いた《アリシゼーション編》最後を飾るエピソード!

内容(「BOOK」データベースより)

アンダーワールドは、三百年に及ぶ争乱の果てに、ついに一つになった。どこからともなく現れた、たった一人の“ベクタの迷い子”が暗黒の神を倒し、この世界に平和をもたらしたのだ。しかし、そんな人界の中枢、白亜の塔“セントラル・カセドラル”にて―。“整合騎士見習い”へと昇進したロニエ・アラベルは、人界の最高意志決定者“代表剣士”キリトから、衝撃的な言葉を耳にする。「―いずれもう一度戦争が起きる」“アンダーワールド大戦”のその後を描いた“アリシゼーション編”最後を飾るエピソード!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048926683
  • ISBN-13: 978-4048926683
  • 発売日: 2017/2/10
  • 梱包サイズ: 14.7 x 10.7 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,226位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
アリスが長すぎたせいか、それまでが駆け足だったせいか、すごい失速感が酷く今更これをやられてもといった感想。
こっち出すくらいならプログの方進めて欲しいわ。あっちの方がまだ面白いし機体もできる
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
はやく続きが読みたいです。
おもしろいです。
文字数規定があるのですか?

わたしはこれが感想です。
よろしくお願いします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前巻307ページ辺りで軽く触れられていた、「アンダーワールドでの200年間」の初期、キリトが<人界統一会議>の代表剣士として表面上の統治体制がほぼ完成した頃を舞台にした話
ベクタとの戦いから約1年後のアンダーワールドの様子を描きつつ、キリトが将来への布石を打つ様子や、水面下で暗躍する「人界と暗黒界の融和に反発する謎の勢力」との戦いが描かれる
ロニエがキリトへの思いに悩んだり、ティーゼがレンリから求婚されて悩んだり、ファナティオの赤子やイスカーン・シェータ夫妻の赤子が登場したりと、平和になったアンダーワールドならではの暮らしぶりは、キリトたちが10巻近くかけて努力した甲斐を感じられて微笑ましくなる
しかし、今巻に限って言えば、こういった日常描写があまりにも多すぎ、ストーリー面での進展は極めて遅く、敵対勢力との戦闘もほとんどない
ロニエ視点が多く、キリトの護衛としての2人行動も多いので、ロニエファンには嬉しいだろうが、新刊(特にキリトやアスナの新たな活躍)を楽しみに待っていたSAOファンとしては物足りなく感じるかもしれない
個人的には、そもそもアリシゼーションと異なる新しい話を期待していたので、その意味でも残念ではあるのだが
次巻でキリトとロニエとアスナが陰謀の黒幕と対決してこのエピソードは終わるようなので、ロニエとティーゼの恋愛の決着は見られないかもしれないが、楽しみに待ちたい
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
半年ぶりにアンダーワールドを満喫しました。
期待を裏切らないデキです。
ネタバレしたくないのでなにも言えませんが。
もう自作が待ち遠しいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内容はもちろんよかった!
がしかし、今回はボリュームが少なかった。
18巻と比べても本の厚さが歴然。
このストーリーはあと1巻ぐらい続くみたいだから1つにまとめて欲しかった。
次巻は分厚いことを期待してます!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
18巻(アリシゼーション)までは面白かった。今回久しぶりにsaoに触れて読んだ感想を書く。簡潔に言うと、つまらなかった。私は今まで読んできた中でもワーストに入るぐらいの出来。作品に触れると、序盤からロニエの揺れ動く恋心が描写されているまでは許容できる。。しかし、それが本編の半分まで続いており(以降私は読んでいないので知らないが)、食傷を覚えた。これまでもキリとがモテるという場面は幾度も出てきたし、ちょっと趣向を変えただけの焼き直しは如何なものかと思った。だからこの批評は飽く迄本編の前半までになるのだが、読まずとも結末は予想できる。何せ、saoを一言で例えるなら「悲壮美」なのだから。以上で、-五点なのだが、読みやすさという点では群を抜いている。足して星一つ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まさか、アンダー・ワールドの続編が出るとはい思いませんでした。
ネタバレなので、多くをかけませんが。
キリトとアスナがが「星王・星王妃」になるまで
「川原礫」先生には執筆してほしいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
アリシゼーション編に一区切りがつき次の展開が非常に気になっていました。ページ数はそこまでないもなの内容は非常に充実したものになっていました。ロニエが終始可愛く最高でした(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
待望の19巻。内容に関してはWeb版である『月の揺りかご』そのままです。去年怒涛に更新されそれを追っていた自分としては少し物足りなかった。
Twitterにて後日談ではなかったという評価をされている方を見かけましたが、もう少し詳しく言うとキリトとアスナがリアルワールドへ帰還するまでの空白の200年間が書かれています。今回はそのほんの序章ですね。
個人的にはまたロニエを見ることができただけで大満足でした。(SAO MEみたくハーレムエンドでもいいのよ、)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1995年に電撃大賞にて世に出たクリスクロスというラノベ作品のパクリがこのSAOです。MMORPGの世界でログアウトできない、
ゲームの中で死ぬと現実の自分も死ぬという仕掛けも、天才科学者兼プロクグラマーが仕掛けたデスゲームという内容も全く同じです。
クリスクロスは1995年という、まだ日本にディアブロくらいしか有名ゲームがなく、
世間的にネットゲームが普及するはるか以前に書かれた作品であり、その先進性と独自性が高く評価された画期的な作品でした。
ラジオドラマにもなっています。SAOはその内容をそのままパクって作られた作品であり、SAOを知った時は
呆れました。そしてさらに呆れさせたのが茅場晶彦に対する作品内やSAO信者の間での称揚する雰囲気です。
数千人を殺害した日本の歴史上、単独犯としては最悪の殺人鬼に対する非難や反発や嫌悪が驚くほど希薄なのです。
呆れるというより寒気がしました。現代の子どもたちはもうまともな倫理観も持ち合わせていないのでしょうか。
このような異常なパクリ作品が大ヒットする世の中は本当に嘆かわしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告