通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫) 文庫 – 2012/7/10

5つ星のうち 4.5 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)
  • +
  • ソードアート・オンライン (9) アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)
  • +
  • ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)
総額: ¥1,912
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

謎のファンタジー世界に入り込んでしまったキリト。VRMMOチックなその空間で最初に出会った少年・ユージオ。“NPC”とは思えないほど感情が豊かなその少年と共に、キリトは央都“セントリア”に向かい、そして、二年が過ぎた―。キリトとユージオは、“北セントリア帝立修剣学院”の“初等練士”となり、それぞれ先輩であるソルティリーナとゴルゴロッソの指導を仰ぎながら、人界最強の秩序執行者“整合騎士”を目指す日々に明け暮れていた。央都を統べる“公理教会”の中枢にたどり着くため、二人はあまたの障害をはねのけ、学院にわずか十二人しか存在しない“上級修剣士”を目指す―!壮大なるヴァーチャル・ワールド・スペクタクル。


登録情報

  • 文庫: 335ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2012/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048866974
  • ISBN-13: 978-4048866972
  • 発売日: 2012/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,289位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
アニメも始まり、アクセルワールドと合わせて盛り上がる川原ワールド。
アリシゼーション編も2巻となりました。

さて10巻ですが、これも9巻と同じく大きく前半と後半に分かれています。
前半はキリトの現実での状況や取り巻く計画の解説といったところ。
9巻のラストでキリトが存在した世界の解説やその世界が生まれるに至った計画など、かなり作りこんでいます。
また他の方も書かれていますが、ちらほらとアクセルワールドでの「加速」に関係するかもしれない部分も見られます。
ここだけを見るとSFと言ってもいいのかもしれません。SFには詳しくはないので断言はできませんが。

ただやはりクドイので苦手な方は注意を。
どこかの批評で「ファンタジーの魔法に理論は必要なのか?」といった記事を読んだことがありますが、
確かに必要ではない可能性はある、けれど設定しておくことで没入感を深める助けにはなると思います。
このあたりの設定はそういった面もありますし、要点だけ押さえておけばバーチャル世界編も楽しめると思うので
イッキに読むと疲れるという方はちょこちょこと読み返して整理してみるのもいいかもしれません。
アスナは主にこちらの方で活躍していくことになるんだと思われます。
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
記念すべき巻数が二桁目に突入したSAO。
そのアリシゼーション編:2巻目。

前半は現実世界がメイン。
後半は仮想世界がメインということでまずは、伏線でもあった菊岡の正体やSTLに関する解説が主でしたね。
そこから仮想世界にいるキリトとユージオとの旅の話が続いて描かれています。

新キャラの多数登場していますが、やはり一番気になってくるのは、小さい『あれ』でしょう。
ロニエなども登場して、よりいっそう盛り上がってきました。

さて、この二巻目で何処となくオーラを出していたキャラといえばやはりアスナ。
言ってしまうとかなり行動的になって、尚且つ凶暴になっているような面が見られます。
表情の変化が激しく、いつも以上に怒りっぽくなっているように感じられました。
やはりヤン○レの道を歩いている気がします。

そんなアスナなど露知らず、女の子と仲良くなっているキリトはさすがというべきでしょうかね。

次巻、後書きでは《アリシゼーション》なのに、特報では《アインクラッド》の話に変わっている。
どっちが正しいんだろうか。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前半が現実世界の続き、後半がキリト氏の冒険の続きになっています。説明が多くて、個人的に苦手だった9巻に比べて、現実世界は急展開・伏線回収が、キリト氏は無双モード(笑)が素晴らしかったです。
また、アクセル・ワールドとの関連をほのめかす言葉(シンイ、加速倍率1000倍…等)が出てきて、そちらも目が離せません。
あと、個人的に裏表紙がツボりました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前巻が本当にプロローグで、今巻は?というと、序盤前編?みたいな感じです。

前半はとりあえず、アスナパートという名の現実パートを挟んで、キリトパートのアンダーワールドパートの続きとなります。

果たして、現実でも仮想現実でもキリトさんの運命やいかにというもので、前巻で謎だった部分は少しは解明されるかもしれませんが、それ以上にわからないことがまだまだ出てきます。

前巻の前半部分はなんかようわからん説明で何がなんだかという感じでしたが、今巻の前半部分は、納得はいくような話じゃないかもしれませんが、わかりやすかったと思います。前巻みたいな感じの説明みたいなのがつらつらと続いていったらどうしようと若干不安だったもので、ここは読んでて助かったなと思いました。

読みやすかったおかげで、前半のアスナパートはなかなかに「驚愕」させていただきました。

そして、後半のアンダーワールドパートは、いつもどおりのチートでございます(笑)

このチート部分が好きな自分としてはかなり満足です。明日起きれなくて遅刻してもしらね…(レビュー書いている時間が26時=午前2時頃)というくらいにまでには熱中して読ませてもらったなと思います。

と、ネタバレを極力回避すると以上の
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック