通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫) 文庫 – 2009/4/10

5つ星のうち 2.9 214件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
  • +
  • ソードアート・オンライン (2) アインクラッド (電撃文庫)
  • +
  • ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する―。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずにログインした約一万人のユーザーと共に、その苛酷なデスバトルは幕を開けた。SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティーを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことに。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし―。個人サイト上で閲覧数650万PVオーバーを記録した伝説の小説が登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川原/礫
『アクセル・ワールド』で第15回電撃小説大賞“大賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 352ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2009/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048677608
  • ISBN-13: 978-4048677608
  • 発売日: 2009/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 214件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,828位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
昔かった1巻が古くなってしまったので、どうせなら新品を買おうと思い購入
やはり久しぶりに読んでも面白かったです、
ですが、レビュー書こうとしたらこれなんですか?
明らかにキバオウをネタにして集団がよってかかってアンチしているようにしか見えないのですが・・・・
勿論純粋に合わなくて低レビュー書いている人はいますし、別にそれはかまいません
ですけどね、こういう公共の場でそういった興味本意での行いは控えて頂きたいと思います。
そして購入を考えている人がいるなら、【キバオウ】の単語がついたレビューは気にしないことを推奨します
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レビューのタイトルそのままです。
内容だけ見て緊張感のあるデス・ゲームからの脱出ものなのかと思っていました。
それを何巻かに分けて書いていくのだろうな、と。
・・・・・違いました。
序盤で次のページに行くとたった1行の説明こっきりでいきなり75層まで飛ばされ、長く過酷な旅どころかお茶漬けサラサラ感覚で進んでいることに驚きました。
いきなり知り合いが増え、仲間もいっぱいいて、そのことに関する説明もフォローも読者には全くない。
主人公とヒロインの恋愛過程を書く描写も雑であり、どういうふうにして出会い、お互いのどこに惹かれたのか、そんなことを書く描写も適当で大した理由があるわけでもない。それで話が進めば体の関係まで持ってしまうってところまで行くのも(直接的な描写はありませんがどう考えてもそこまで行ったであろう感じが書かれている)やりすぎ感があります。
主人公は女性に対しては優しくするのに、ほかの人は死んでも傷ついてもほったらかし。命や死に対しての描写が驚く程薄いです。この作者は感動させたり、話を盛り上げるために簡単にキャラや他のプレイヤーを死なせたりするんですから。
挙げ句の果てにあれだけの犠牲者を出す事件が起きても犯人を目の前にして大して怒りもしないしその後ものんきに他のMMOをやっているって・・・(タイト
...続きを読む ›
1 コメント 242人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自分は面白かったのですが、レビューを見ると批判的な意見が多くてとても驚きました。
もちろん内容にきちんと触れて批判してくださってる方もいます。
ですが、その他の批判的なレビューの内容をよくよく見ると、
アンチが集団でキバオウをネタにして評価を下げようとしているようにしか見えません……。

こういう場でこんなことしかできないなんて、精神年齢が幼いんでしょうか。
さすがに同情せざるを得ません。

まだ読んだことのない方は、レビューの内容は気にせずに自分で確かめてください。
読みやすく、戦闘シーンは引きこまれますし、abecさんのイラストも綺麗でいい作品だと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
設定と入りは良かったんですがヒロインとのやり取りがちょっと・・・
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
友人に勧められて購入しましたが言うほど面白くありませんでした
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
主人公、というより作者にとって都合のいい世界。逃げ場として夢想した場所、それがソードアートオンラインの世界。

この作品においては、主人公以外のキャラクターに思考なんてものはなく、ただ主人公を中心に人形のように踊っている。
ヒロインのアスナすらもそう。自分の考え方などない。主人公にとって都合のいい考え方をした女。
今まで人生を過ごしてきて、その果てにキリトと出会ったキャラクターではない。キリトのために用意され、それまでの人生などないに等しいのが、アスナというキャラクター。
アスナを見ていて、今までどんな生活をしてきたか想像できる人はいるでしょうか?
彼女からキリトという存在を抜いて、何が残るのでしょうか? その抜いたものは、はたして人でしょうか?

その他も全て同じ。都合のいい友人、都合のいい引き立て役、都合のいい愚か者。
主人公のために用意されたキャラクター達。
この世界ではキリトが全ての中心です。彼を失えば、各々キャラクターは思考が停止してしまう。
もとより思考などしていないから。

こういうのを、ひとりよがりっていうんです。

そんなものを見せ付けられても、面白いことなど一つもありません。

今まで読んだ小説の中で、一番酷い作品でした。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック