この商品は現在お取り扱いできません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

超字幕/スクール・オブ・ロック (USBメモリ版)

プラットフォーム : Windows
5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

超字幕/スクール・オブ・ロック (キャンペーン版)
(2)
この商品は現在お取り扱いできません。

【本日タイムセール開催中】Adobe フォトグラフィプラン
7/28、29の2日間限定、「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン オンラインコード版」がAdobe参考価格から30%OFF。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: USBメモリスティック
  • 商品の数量: 1


製品概要・仕様

  • 映画1本丸ごと収録で、映画も楽しめ英語力も高めることができるパソコンソフト

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows XP(SP2以降)/Vista ※Windows 7対応保証。Win Vista/7は64bit版にも対応
  • CPU: 1.33GHz以上
  • メモリ: Win XPは512MB以上、Win Vista/Win 7(32bit)は1GB以上、Win Vista/7(64bit)は2GB以上
  • HDD: プログラム:約150MB~1GB(パソコンの環境により異なる)、コンテンツ(ムービーなど):約1.4GB
  • USB 2.0以上が使用できる環境、インターネットに接続できる環境(再生時は不要)が必要

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0029XH2ZW
  • 発売日: 2009/6/19
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 18,317位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

映画1本丸ごと収録で、映画も楽しめ英語力も高めることができるパソコンソフト。セリフのリピートやゆっくり再生、また、お気に入り登録やポップアップ辞書の表示ができる。英語学習に適したプレーヤーの搭載で、映画の「生きた英語」を楽しくマスターすることが可能。映画の名シーンで学ぶ、1日5分の即効プログラム「TRY!リスニング」と「厳選フレーズ 30」を収録。46万語収録の辞書「リーダーズ英和辞典」「リーダーズ+プラス」を搭載。
「スクール・オブ・ロック」は、英語レベル「★☆☆」。学校や生活で使う日常英語が満載。ロックならではのクールな英語表現やギャグも使いこなしたい方に適している。総語数約12000語。USB版。

Amazonより

映画1本丸ごと収録で、映画も楽しめ英語力も高めることができるパソコンソフト。
セリフのリピートやゆっくり再生、また、お気に入り登録やポップアップ辞書の表示ができる。
英語学習に適したプレーヤーの搭載で、映画の「生きた英語」を楽しくマスターすることが可能。
映画の名シーンで学ぶ、1日5分の即効プログラム「TRY!リスニング」と「厳選フレーズ 30」を収録。
46万語収録の辞書「リーダーズ+プラス」を搭載。

「超字幕/スクール・オブ・ロック」の特長
●覚えやすいシンプルな日常英会話が満載。部下やチームをまとめる立場のビジネスパーソンにも最適。

I better go.「(電話で)切るわ」、I knew it.「やっぱり」など、
初心者が学ぶにふさわしい日常英会話が満載。覚えやすくシンプルなフレーズが多いのも特徴です。

英語レベル
★☆☆

語数
約12000語

本編
109分

例えば、こんなフレーズ
Look alive. / テキパキやるぞ

学校が舞台ですが、教師と生徒のやりとりは、そのままビジネスで部下に指示を出したり、励ましたり、
チームをまとめる呼びかけの英語フレーズとしても使えます。
ロックがテーマになっており、歌詞の中にも覚えやすく使えるフレーズが出てきます。
映画と音楽を楽しみながら、自然に英語力を伸ばせます。

厳選フレーズ30収録例文
Keep it zipped. / 口にチャック
What's your point? / つまり?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

最初に何点か注意を
1)インストールにはネット環境が貧弱だとかなりの時間がかかったり,問題が生じたりがあるようです。
2)字幕のスクリプトは日英ともに既存の映画もしくはDVDからの流用と思われ,
英語学習用の即した翻訳になっていないことや,英語文には単語の抜けがあることが
集中して視聴するときにはいらだつかもしれません。
3)主人公はかなりな人迷惑な自己チュウですので,そういった人物への寛容さが少ないと自覚する人は手に取らない方がいいです。

とお断りいたしましたので,ここからは利用した感想を述べさせていただきます。
「ためになった!すごいいい!!最高」
ロックが題材の割にはスラングが少なめで使える表現が多く,
癖のある演技に癖のない発音という見るのは楽しいのに聞けるという,なんとも嬉しい映画でした。
終いのカタルシスが超絶ですので,それ見たさになんども繰り返して使うことが苦になりません。

オンラインアップデートで使うようになれる超連続リスニングで精聴して,
疲れたら字幕で流して見てとこれ1本でいろいろな使い方ができました。
日に日に聞こえるところが増えていくのは楽しいです。

ところで数字の-1って "nega
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
完成度が低すぎです。理由は主に3つ。

(1)英語字幕が全く正確ではない。
語が抜けているのはしょっちゅう。節単位ですっぽり抜けていることも多い。
例えば32:50のところのDeweyの台詞。
"Okay, listen, I didn't want to say this in front of other kids,"の後の
"because I didn't wanna make them jealous."が完全に削除されている。
他にも例を挙げたらきりがない。

(2)日本語字幕がいい加減。
日本語が意訳され過ぎて使い物にならない。
例としては58:34の"Hey, whats' going on? Where is everyone?"が「オーディションは?」と訳されているだけ。
ストーリの流れを把握するには支障はないのかもしれないが、英語学習用としては全く役に立たない。
「おい、どうした?みんなはどこ?」くらい忠実に訳して欲しかった。

(3)ソフトの使い勝手が悪い
音量が大雑把にしか調節できない。0%, 30%, 50%, 80%, 100%の5段階のみ。
画面右に流れる字幕をクリックするとそのシー
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 日本語と英語の字幕が合っていない、意訳に過ぎるというのは他の方々がご指摘している通りです。この点は超字幕の他の作品群にも共通した弱点ですね。映画の日本語字幕と教材としての和訳は条件も目的もまるで違いますから、超字幕全体の今後の大きな課題でしょう。「スクール・オブ・ロック」の和訳に関してはフォーイン・スクリーンプレイから出版されているスクリプト本が優れているので、初・中級者が語学教材として利用する時はこれを合わせて視聴するとよいと思います(かく言う私は初心者)。
 しかし、それはそれとして何という素晴らしい教材でしょうか。何度見ても飽きない大好きな映画の好きな場面を繰り返し見て、リピートも速度も自在に対訳で視聴できるなんて。改善して欲しい点は上述の通りいろいろありますが、起動時のオンラインアップデートで徐々に更新されるようですので今後に期待したいですね。マック版も出して欲しい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これさ〜、英語と日本語を同時に出してくれていくらかリピートしてくれるのはいいんだけど。日本語訳が表示してる英語の本質的な訳になってないよね?日本人にしっくりくる吹き替え用字幕を載せただけじゃん。
「your band has never made two cents」を訳で「ヘボバンドのクセに!」てさ、
英語はそんなこと言ってないでしょ?「お前バンド2セントだって作ったことねーじゃん!」
って言ってんの。それを理解してああ罵倒してるんだなとセリフの気持ちも理解したら自分の中で「ヘボバンドのクセに!」って最終的に変換できるならいいけどさ。
英語を勉強するなら英語を英語で理解するフィーリングを養わないといけないのにぶっ飛んだ意訳でおぼえてみ?こういう使い方する言葉なのか〜って。で、違う場面で外人に言ってみ?外国人講師に「それ、そういう意味じゃねーからw」っていわれて恥かくから。実際恥じかいたしwホントの英語を理解するプロセスとばすからだよ。
他のたっけー教材でもそうなんだけど、この単語の意味日本語訳にはいってる?英語はホントにそういうこと言ってる?って質問したら「自然な日本語にするために英単語が反映されていない訳もございます」とか言いやがんの。だったらなぜ英語はその単語をつかったのかと。
ソレを理解したいからクソ真面目な訳やあ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告