中古品
¥273
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯ありです。カバーは若干のスレとスリキズがあります。中身は非常に綺麗な状態で折れや書き込みもなく良好です。在庫管理していますので、品切れはありません。注文日(土日を含む)の翌日にすぐ発送できます。※商品説明文と実際のコンディションが違っている場合は、返金対応させていただきますのでご安心下さい。51
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソースコードの反逆―Linux開発の軌跡とオープンソース革命 (日本語) 単行本 – 2002/6/1

5つ星のうち2.4 6個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2002/6/1
¥273
¥221
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   オープンソース文化と呼ばれるソフトウェア文化がある。ソフトウェアのソースコードを公開し、共有する形態が最も優れた成果を収めるとする文化だ。かつてビル・ゲイツはこの文化を批判した。いわく、ボランティアで作るソフトウェアに真に優れたものは存在しない、と。ソフトウェアを共有しようとする精神は企業活動を脅かすものだ、と。残念ながら彼のいうとおりにはならなかった。それは皮肉なことにMicrosoft自身も認めている。

   本書はオープンソース文化の歴史について述べたものだ。現在のオープンソース文化の最も大きな成果のひとつであるLinuxや、企業によるソフトウェアの囲い込みを嫌い、徹底したフリーソフト文化を貫くGNUの成り立ちの歴史、そのほかの重要な成果物の歴史的な動きの解説、そしてこれらの立役者となったリーナスやストールマンをはじめとする数多くのプログラマーたちのインタビューや活動が記されている。

   本書はまた、フリーソフトのビジネス化の動きにも触れている。この分野で収入を上げることに成功したいくつかの企業を例にとり、その活動について時系列で述べている。数多くの企業が何を目指し、どのような戦略を展開してきたのか、その歴史を知ることができるのも大きな魅力だろう。また、IBMをはじめとする既存の大手コンピューターメーカーがLinuxのサポートや対応製品を開発するようになった経緯もオープンソース文化の大きな動きとして記録されている。これらは今後商用分野でオープンソースの文化がどのように生かされていくのかを理解するうえで重要な情報になるだろう。

   ソフトウェア業界の大きな潮流のひとつであるオープンソース文化の歴史をとらえることは、今後のソフトウェアの進化を見極めるために必須である。オープンソース文化の歴史を理解したい人にぜひおすすめしたい。(斎藤牧人)

出版社からのコメント

出版社 編集担当者, 2002/06/07
オープンソース運動の歴史を記録した、私が知る限り最も素晴らしい書籍である by Eric Raymond
コンピュータのOS(基本ソフト)も含めて、わたしたちが普段使っているソフトウェアの開発と販売形式には大きく2つのスタイルがあります。ソフトウェアをプログラミングするソースコードを企業秘密にして、企業内で閉じた開発を行い、開発にかかった費用を製品に載せてユーザーに販売する方式と、もうひとつが、オープンソースの分散開発スタイルです。後者は全世界に散らばるハッカー(上級プログラマー)たちが、ソースコードや開発の情報を共有し、フィードバックし合って、より良いソフトウェアを開発していくスタイルです。

 前者の開発スタイルで最も成功した企業がMicrosoft社でしょう。後者の開発スタイルは、Linuxが大きな成功を収めるまでは、いくつかのUnix分派に象徴されていました。オープンソースによる開発スタイルは、1人のカリスマが全世界の開発者たちをうまく率いる力がないと決して成功することはできません。

 本書「ソースコードの反逆(原題Rebel Code)」は、原著者GLYN MOODY氏が非常に多くの取材を重ね、事実を積み上げることによって、ボランティアの開発者の活動と精神、さらにはコミュニティのエネルギーと変遷を彼らの言葉であざやかに表現し、オープンソースという現象の歴史を正確に再現しています。

 計算機科学界の重鎮Donald E. Knuth、GNUプロジェクトのRichard M. Stallmanから、Alan Cox、Fred van Kempen、Ted Ts'o、Stephen Tweedieに代表される多数のLinuxハッカーたち、さらには、BSDとインターネットの生まれた時代に活躍したハッカーたちにも言及されています。しかし、本書はオープンソースの開発者たちの物語だけでは終わりません。分散開発体制とコミュニティ、さらにはオープンソースに関係する企業とのコラボレーションあるいはマーケットの話題までの各種話題が絶妙のバランスでカバーされています。オープンソースの歴史書として一読の価値あります!


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.4
星5つ中の2.4
評価の数 6
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2002年7月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年7月26日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年10月20日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年8月7日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年8月14日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告