¥ 1,512
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ソーシャル時代のハイブリッド読書術 単行本(ソフトカバー) – 2013/3/26

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 161

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソーシャル時代のハイブリッド読書術
  • +
  • EVERNOTE「超」知的生産術
  • +
  • クラウド時代のハイブリッド手帳術
総額: ¥4,602
ポイントの合計: 95pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ハイブリッド読書術とは、"デジタル"と"アナログ"、"リアル書店"と"ネット書店"、"速読"と"熟読"、"ひとり"と"みんな"など、性質の異なる手法を組み合わせて1つの目的を達成する読書法のことです。「本を選ぶ」「本を読む」「読了後の行動」の3つの領域で、ハイブリッドな手法を紹介しています。本書の目的は、そのハイブリッド読書術を使って、現代の情報環境にあった「情報を扱う力」(これを本書では「自軸」と呼ぶ)を身に付けることです。また、ブログに書評記事を書くコツや読書ノートをEvernoteにまとめる方法などについても解説しています。

●CHAPTER-1 自軸を作る読書術
●CHAPTER-2 リアルとウェブで本と出会う
●CHAPTER-3 速・精・熟を組み合わせるハイブリッド読書術
●CHAPTER-4 Evernoteにクラウド読書ノートを作る
●CHAPTER-5 新しい読書の可能性

内容(「BOOK」データベースより)

リアル書店×ネット書店、ひとり×みんな、アナログ×デジタル、読む×書く、速読×熟読…複数の手法を掛け合わせると読書は進化する。自分を成長させる読書法を大公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: シーアンドアール研究所 (2013/3/26)
  • ISBN-10: 4863541244
  • ISBN-13: 978-4863541245
  • 発売日: 2013/3/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 153,666位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

投稿者 Hirouch トップ500レビュアー 投稿日 2014/10/20
形式: 単行本(ソフトカバー)
に重点が置かれた内容です。

読書をすることの意義:
理想の知的能力を備えたI字型人間へ近づくための手段。I字型人間とは、基本となる深い「専門性」に加え、他分野の知識にも優れ、かつ教養(リベラルアーツ)を備えた人間のこと。
また既にI字型人間の完成形である先人の思考回路を真似し、「この人ならどう考えるか、どう対処するか」というシミュレーション=脳内賢人会議を開くことができるようになり、判断力の質が高まる。

本の読み方:
①ひとつの分野を勉強する⇒新書等の入門書から入り、その本の参考文献という形で広げていく 
②同じ作者の本を読みまくる

本を読む際に重要なこと:
読書中に考えたこと、思ったこと、感じたことをあまさず記録し、残すこと。本に書き込むと読書への没頭感の質が上がる

読後にすべきこと:
①読書中の記録を元に、読書ノートを作ること。またその読書ノートを自分なりに「使える状態」にすること。 ⇒ IT技術を駆使。とくにEvernoteとの連携がおすすめ。読書ノートを検索できるという価値は素晴らしい。
②まとめた内容をソーシャルへ発信する。⇒読みながら「なるほど、なるほど」と理解しても、それは心の表面に成り立つ理解。下手でも良い、自
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
アマゾンの内容紹介に
『本書の目的は、そのハイブリッド読書術を使って、現代の情報環境にあった「情報を扱う力」(これを本書では「自軸」と呼ぶ)を身に付けることです。』
とある。
「使う」ために情報を得る、という考え方は、非常に大切だ。

たとえば、本書にときどき哲学者などの言葉の「引用」が紹介されているが、これも著者が「情報を使う」をしているわけだ。

では本書の読者は、ここに書かれている情報をどう扱うか。
どう扱えるようになるのか。

これまで他の読書術系の本を読んだことのない人や、Evernoteをよく知らない人などには有益な情報が多いかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ブログ等で閲覧し、情報整理などのノウハウを参考にさせて頂いている倉下忠憲さんの読書術。

チャプター1で「読書の役割」「ハイブリッド読書術」の目的を述べている点が参考になる。

読書の役割を、①自らの頭を働かせる、②自分なりの世界観・価値観をつくることとし、
「自軸=情報を取り扱う力」を底上げすることを、ハイブリッド読書術の目的としている。
この点は、読書をする上で意識したいポイント。

又、情報を取り扱う力として、①適切な知識を使える力、②問題を見出す力、③情報
を捨てる力、④新しい情報を生み出す力、を挙げている。これも仕事をする上で意識
したいポイント。

チャプター3では、読書前の準備として、①読書目的の明確化、②ツールの準備
(ペンを持った主体読書)、③モチベーションを整える、④時間の捻出、を紹介。
これも読書前に取り入れたいポイントである。

又チャプター3では、具体的読書法として、①知識を仕入れる読書、②思考力を
上げる読書(書き込み読書と対話型読書)、③創り出す読書(シントピカル読書、
連想読書)を紹介。一部は既に私も取り入れていたが、いくつもの読書法を
使い分ける"ハイブ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告