ソーシャル・ネットワーク [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,188
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: TAストアー
カートに入れる
¥ 1,200
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: みたらしキャンディー
カートに入れる
¥ 1,651
1pt  (0%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ソーシャル・ネットワーク [DVD]

5つ星のうち 4.0 163件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,523
価格: ¥ 1,188 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 335 (22%)
ポイント: 5pt  (0%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、麻布セール本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でソーシャル・ネットワーク (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソーシャル・ネットワーク [DVD]
  • +
  • マネーボール [SPE BEST] [DVD]
総額: ¥2,188
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェシー・アイゼンバー, アンドリュー・ガーフィールド, ジャスティン・ティンバーレイク, ルーニー・マーラ
  • 監督: デヴィッド・フィンチャー
  • 形式: Color, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2011/12/21
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 163件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005YWUMG6
  • JAN: 4547462079831
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,033位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【STORY】         
2003年。ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルドとともにある計画を立てる。                                
それは友達を増やすため、大学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。  
閉ざされた“ハーバード”というエリート階級社会で「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」―
そんな若者らしい動機から始まった小さな計画は、        
いつしか彼らを時代の寵児へと押し上げてゆく。  
若き億万長者は何を手に入れ、そして何を失うのだろうか―?

【キャスト】
監督・・・デヴィッド・フィンチャー
脚本・・・アーロン・ソーキン
キャスト・・・ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ルーニー・マーラ

【映像・音声特典】
★デヴィッド・フィンチャー(監督)による音声解説
★アーロン・ソーキン(脚本)とキャストによる音声解説  (キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド他)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「facebook」創設秘話をデヴィッド・フィンチャー監督が描いたドラマ。ハーバード大に通うマークは、恋人に振られた腹いせに作った女子学生の人気投票サイトで注目を集めるが…。“CINE STYLE @ SONY PICTURES カタログキャンペーン”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
映画「セブン」、「ファイトクラブ」、「ゾディアック」、「ドラゴンタトゥーの女」、「ゴーン・ガール」の監督しても知られる、鬼才デビット・フィンチャー監督の8作目の映画。映画公開当時は主人公であるフェイスブックの創始者マーク・ザッカーバーグのキャラクター演出があまりにも非人間的という言い方がされていた。非人間的というのはマーク友達に対する態度、周囲の人達に対する態度があまりにも冷たいからである。映画の中ではフェイスブックの立ち上がっていく過程、そして自分と同じハーバードの学生から裁判を起こされかけている様子が描かれる。マークは映画の冒頭でエリカという恋人と会話をしている。その会話のスピードが速いのと会話の話題が次々と飛ぶのがいかにもマークがコミュニケーションが苦手な男という印象を与える。確かに映画に描かれているマークはコミュニケーションのとり方に問題がある。会話をオブラートに包むということをマークはしない。あまりにもストレートなのである。しかし、この映画はマークの非人間的振る舞いに引っ張られて見終わってしまうのは惜しい気がする。何故マークがこのようなコミュニケーションの態度に出てしまうかを考えると、この映画は痛快で泣ける映画でもあるのだ。マークをハーバードの保守的な排他性に対抗した人としてみれば映画は痛快に観れるし、マークのコミュニケーションの下手さ故に愛している人に愛されない姿が泣けるのである。そして、数十億という時価総額を叩き出すファイスブックの成り立ちを見るという部分ではエキサイティングでもある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2011/5/28
形式: DVD Amazonで購入
 「…世界に広げよう 友達の輪」 「輪っ!」

 生活の中で普通にPCが使える程度の私には、
マークが凄い事は分かっても、どこがどの位凄いのか分からない。
ただ彼が作ろうと形にしたもの、最後までこだわり譲らなかったもの…
シンプルな私の頭が思い出したのは、とても懐かしいフレーズだった。

 人の気持ちが分からない、言葉を選んで自分の気持ちが伝えられない。
対人関係は時に破壊、時に破滅…
そんなマークが自己表現、自分の能力の高さを知らしめる事が出来る、
それが世界と繋がるインターネットの世界。

 始まりはデリカシーのないマークが、当然の成り行き、彼女にフラられる。
ところがマークは、自分の得意とするフィールドでその悔しさをぶちまけた。
その才能に目をつけ声を掛けてきたのが、大学で一番の花形、
ボート部の双子のウィンクルヴォス兄弟。
しかしこの出会いが、最初のトラブル「知的財産の盗用」に発展して行く。
人は将来の夢や希望を、仲間や自分自身に熱い言葉で語ったりする、
双子のミスは、それをいとも簡単に形に出来る天才に提供してしまった事…
そしてトラブルは続き、親友エドゥアルドに訴えられる。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
マークザッカーバーグがFacebookを作り、至上最年少の億万長者まで登りつめるまでを描いた物語。登場人物はものすごい早口で喋り、大量のコードを書き、Facebookも劇的な速度で成長していく。スピード感があって見応えがある。
友達も少なく、彼女にもふられ、皆の憧れであるクラブにも入れそうにもない主人公。そんな孤独と嫉妬心と、プログラミングの才能がFacebookを生み出した。
ただのサクセスストーリーと金絡みの問題だけでなく、どれだけ成功しても主人公の孤独感が最後まで報われないのが人間味があって面白い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
たかが一商業サイトの創設者の開発秘話など面白くもなさそうだなという印象を受けるが、実際見てみると、ザッカーバーグの努力と情熱が感動的に描かれた爽やかなサクセスストーリーだと思ってしまうが、これが全く中身は違っていて、昔のハーバード大での壮絶なテスト勉強戦争を描いたペーパーチェイスやフラタニティーの階級構想を描いたアニマルハウスのような、アメリカ上流大学内のドロドロの人種、バッククラウンド、愛憎劇、裏切りをえげつなく詰め込んだ相当ブラックな作品になっている。
そもそも実在の主人公を映画化したら実物よりカッコよくなるはずだが、実際のマークよりもかなり陰険なチビの配役がされていて、主人公のくせに全く共感を呼ばないんだよな。切り捨てられて訴訟起こす奴らの方が人間的にはずっとまともだ。
よくある成功と名声の代償に孤独感・・とかいった要素はもうどうでもよくて、資本主義版ゴッドファーザー並みの登場人物達の陰謀と思惑が渦巻く生々し過ぎるドラマとして大変見ごたえがあり、Dフィンチャー監督らしいテンポの良い演出と凝った構成により一気に見せる。
フェイスブックなんか興味ないという人にほど見てもらいたい作品である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す