日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ソン・ランの響き(字幕版)

 (29)1時間41分2020NR
高利貸しの手下で借金の取り立て屋ユンと、ベトナムの伝統歌劇<カイルオン>の花形役者リン・フン。全く接点のないはずの二人があるきっかけで知り合い、友情にも似た感情を互いに抱く。ユンは過去の記憶に囚われながらも新たな道を進もうとするが、その罪は償うにはあまりにも大きく、抗えない運命が迫っていた……。(C)2018 STUDIO68
監督
レオン・レ
出演
リエン・ビン・ファットアイザック
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
Tiếng Việt
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

プロデューサー
ゴタインバン
提供
myシアターD.D.
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.2

29件のグローバルレーティング

  1. 63%のレビュー結果:星5つ
  2. 13%のレビュー結果:星4つ
  3. 15%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 9%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

青い小鳥2021/04/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人と人、美しい愛の物語
確認済みの購入
 ゲイ映画、東南アジアの大衆芸能と聞いて敬遠していたら、大間違いでした。
 人と人が出会い、反発を感じながらも深く惹かれあう、美しい愛の物語。ベトナムの民族楽器「ソン・ラン」の音色が郷愁を誘いますし、遠い記憶のようなトーンの映像がまた素晴らしい。日常の何を映しても一枚の絵画のよう。きっと映画の作り手が、人々の慎ましやかな暮らしを愛しているからでしょう。
 五輪もけっこうですが、厳しいコロナ禍です。そこで文化の五輪、こんな素敵な外国映画もいいですよね。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2021/05/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最初は退屈だったが途中から結構見入ってしまった…。
確認済みの購入
映画の開始30分くらいまでは何なんだよこのわけのわかんねえ映画はよお~っという感じでレンタルしたのを後悔したのですが。
ストーリーは借金取り立ての仕事をやってる男が主人公。ウシジマくんのごとく暴力で借金を回収しておりますが鰐戸三兄弟から羨ましがられるくらいには割と稼いでいるらしかったウシジマくんと違った彼の冴えない日常が描かれます。彼女とのエッチは床でヤるという思いやりのなさ…。そして演じる役者が無表情です。ずーっと無表情。容姿で選ばれた大根なのか、こういう演技プランなのか不明ですが、無表情。たまに過去のシーンが挿入され、かつては音楽の道を志していたようですが人生が上手くいきませんでした。そんな彼の住む街で演劇の公演が開かれることとなり、その劇団の花形役者である男性と、いろいろあって交流を持つように。
この映画、いつの時代なのか知りませんが主人公がレトロゲーで遊んでおり、彼のプレイを見つつ「俺のほうが上手い」と言う役者の彼と一緒にゲームで盛り上がることで元々微妙だった関係が進展します。このBL匂わせ展開あたりから退屈だった映画にこっちも見入るように…というか淡々とした作品と観てるこっちの気分がシンクロしてきます。
男と男の友情、よりも少し踏むこんだ関係の深まりを「ゲームを一緒にプレイして盛り上がる」で表現せしめるシナリオが秀逸。男子にとってゲームとはパーソナルスペースにあるものであり、自分がスト2を遊んでいても対戦する友人が未プレイだとゲームの楽しさを共感しあう事はできません。寧ろわざと手を抜いてあげるなどの空気を読んだ接待プレイを余儀なくされます。逆にそれをせずに一方的に勝ち続けると嫌われます。ンなもんは最初から解ってるので対戦挑んでくるなや、とも言えません。「同じゲームを同じ水準で盛り上がれる」というのは同志よ…!ってなもんで、カタギにとっての盃を交わすのと同じようなモンだと思ってください。無表情なのもゲーム脳だからでしょう。ゲーム脳はトンデモ理論と言われますが、レトロゲーマー当事者の実感としてはあるんじゃないか?というのが正直な感想です。
このゲームの盛り上がりに恋人らしき女は入ってこれません。女性とはゲーム内でのファンダムの結びつきが薄いというのは押切蓮介のピコピコ少年を読んでもわかると思います。「女は男同士のゲームの盛り上がりに入り込めない」で、ふたりの男性の肉体関係以上の精神的結びつきを表現する…この監督、レトロゲーマーの男性に違いない!
この女性が昔の工藤○香みたいな、バブルで御座いというヘアスタイルなのでやはり古い映画なのでしょう…。ゲーム好きな主人公は本質的には童心を忘れてないので債務者の親が不在の最中に子どもと接するときは優しくなりますが、そんなことは債務者の親には知る由もなく、悲劇が起こります。
その後の展開については触れませんが、しんみりした文芸映画のごとき趣にみせてゲーマーBLという、なかなかやりおるな、と思いました。尚、BLは匂わせに留まってるので行為に及ぶシーンが有ると苦手な方やワタシのようBL自体余りみないオッサンでも問題ないかと。
ちなみに結末はだれでも予想でき、その予想通りになりますが、演出もいいし途中が面白かったので別に不満はないです。いい映画だったな!
pandaco2021/05/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
心に残る映画
確認済みの購入
ベトナムの映画ですが、日常の生活や風景が映像としてとても美しく描かれています。反面、日々の生活の苦しみややりきれない現実など、全てのシーンに意味があり深くのめり込みました。視聴される方はラストまで見切ってもらいたい。そんな映画でした。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon User2021/01/29に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
陳凱歌「覇王別姫」のオマージュにもとれる
コロナ禍で映画をアマプラで見まくっています。
職業柄、Twitterでおすすめが流れてくるのですが少数ではあるものの熱烈なファンがいるこちらが気になり見てみました。

ヴェトナム映画…初!!
どうやらゲイ映画という位置付けになっているようですが、私はできればそのような括り/枠のなかに閉じ込めたくないな、はめてしまいたくないなと感じました。
制作側の意識はどのようなものかはわかりませんが、主人公ユンを通して見るとなんだか…ゲイ映画とされるのは汚された気持ちになってしまうんです。

ちょっとうまくいえないのですが。

あとはこちら、詰めが甘いような箇所がいくつか。
なぜ、最後あんなところまで描かないといけないのかな、余韻で終わらせればよかったのに、監督はまだ若かったのかなとも。

「覇王別姫」に似ていますがそこまで大々的でもオーバーでも時代に流されるでも深くもなく、といった印象があります。
あとは最後「これって、振り返ればやつがいるじゃん!」と(笑)
古い話ですみません(笑)
すべてのレビューを表示