通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソロモンの偽証 第III部 法廷 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、比較的キレイなものを販売しております(書き込みやマーカーがない状態※中古の性質上、気にならない程度の日焼け・折れ・シミや帯の付属なし等ある場合がございます)万が一、品質不備や品切れの場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソロモンの偽証 第III部 法廷 単行本 – 2012/10/11

5つ星のうち 3.8 100件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 125

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソロモンの偽証 第III部 法廷
  • +
  • ソロモンの偽証 第II部 決意
  • +
  • ソロモンの偽証 第I部 事件
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

この裁判は仕組まれていた!? 最後の証人の登場に呆然となる法廷。驚天動地の完結篇! その証人はおずおずと証言台に立った。瞬間、真夏の法廷は沸騰し、やがて深い沈黙が支配していった。事件を覆う封印が次々と解かれてゆく。告発状の主も、クリスマスの雪道を駆け抜けた謎の少年も、死を賭けたゲームの囚われ人だったのだ。見えざる手がこの裁判を操っていたのだとすれば……。驚愕と感動の評決が、今下る!

内容(「BOOK」データベースより)

事件の封印が次々と解かれていく。私たちは真実に一歩ずつ近づいているはずだ。けれど、何かがおかしい。とんでもないところへ誘き寄せられているのではないか。もしかしたら、この裁判は最初から全て、仕組まれていた―?一方、陪審員たちの間では、ある人物への不信感が募っていた。そして、最終日。最後の証人を召喚した時、私たちの法廷の、骨組みそのものが瓦解した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 722ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410375012X
  • ISBN-13: 978-4103750123
  • 発売日: 2012/10/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14.2 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 102,391位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 大どんでん返しを期待し、読み進めたのですが、「第2部 決意」の途中で予測したような結末でした。
 「第1部 事件」が一番面白く、ジリ貧という感じ。
 全巻通して感じたことは、判事、検事、弁護人を務めた中学生があまりに凄すぎ。
 でも、どうせならば、本作「第3部 法廷」でも、スーパー中学生である「検事と弁護人」を際立たせ、その対決にスポットを当てて欲しかった。
 ユーレイこと美術の丹野先生や塾講師の滝沢氏が語る「日本の教育の現状」がちょっと心に残った。
 
 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mononofupyon 投稿日 2015/7/8
形式: 単行本
 Ⅱ部まで読んで、あまりの話の進展の無さと、中学生の非現実的な行動にⅢ部を読むのをやめようと思いましたが、「ここからおもしろくなるはず」
「今まで読んだ時間がもったいない」と頑張ってⅢ部を読んだのですが、結局何も驚愕するものはなかったです。
大出のセリフ「やってられねぇよ」がまさに読後感と一致します。こんな茶番の裁判につきあわされた人も、読者にとっても
長いだけの話です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ミステリーではなく、青春小説と思って読めば面白いのかな。
重要でない登場人物の背景も丁寧に書きこむのは宮部作品の
魅力でもあるが、まり子やヤマシン、佐々木刑事からの
視点で書かれた章はいらないのではないか。
それらを削ってもっと短くした方がダラダラしないでよかったと思う。

あと、中学生が賢すぎることに加え、やたら目の色や顔色で
相手の心理状態を察知するという場面がとても多かったのに違和感を覚えた。
人生経験積んでも、人間そんなに見た目で他人の気持ちがわかるものではない。

主役とおぼしき藤野涼子に全く好感を持てなかったのも残念。
欠点のない出来過ぎな人物には、魅力を感じません。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
第一部ではグイグイ読み、第二部では違和感は感じるものの佳作であると感じたのですが、これだけのページを
使った物語として結末はお粗末な印象を受けました。残念というか・・今までの時間がもったいなく感じてしまった。
第一部で感じた期待感は最後で見事にはじけてしぼんだ。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1・2は徹夜で読んだが、3でガッカリしてしまいました。裁判があまりに不自然すぎて…「こんな中学生いるかよ」と思ってしまいました。「模倣犯」を超える傑作を期待していただけに、ガッカリです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ソロモンの偽証、ソロモンは誰?
ソロモンという壮大な人物を付けた題名に惹かれ、読み始めました。
偽証って、裁判で嘘を吐いたことですか?
嘘を言ったのは、三宅樹理一人ですよね? でも誰が偽証していたか本当はわからないのか、和彦がそうかもしれないし、と真実は藪の中なのか。

3巻読みながらずーっとそのことを考えてました。実は読み終えた今でもわからない。

3巻共に一気によみましたが、1巻はワクワク感があり2巻に対する期待がいっぱいありました。
2巻目では登場人物の描写が少々細かくなってきて読むのが面倒と感じましたが、後で何か重要なことに繋がるかもと飛ばすことを極力避けました。それでも裁判で真実がわかるんだとの期待がありました。

3巻目に至っては、色々な人物の細かい描写が2巻より多すぎました。どなたかが冗長だと書かれていますが賛成です。
3巻目を読み始めたとき、2巻目までのテンポと異なる気がして無理してた一気読みの勢いが止まりました。法廷だからなのでしょうか。

傍聴人、陪審員の細かな描写に辟易し、何か映画化やテレビ化を意識しているようで、飛ばし読みしました。
読後感はやっと読んだ。面白かったと感じた時は、前の巻を繰って見たり、しばらく余韻にひたったりしますが、そんなこともなく、何か残念。
長すぎた〜
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 最後にとんでもない真実が待っているのか。この学校内裁判でどんな事実が暴かれるんだろう?・・・などと期待した自分が馬鹿でした。何も秘密はなく、事件は柏木君が自殺したという'T部の展開からまったく変化はありません。大出というワルが柏木を殺したか、殺してないか・・・・'T部でも明らかにされているのですがそれは殺してはないのです。じゃあこの裁判な何のためにやったのか?大出というワルを更正させるためなのか、それとも自分の力を隠していた野田健一がその能力を発揮させるためなのか、友情というすばらしい愛で悩める登場人物たちを救うためなのかなんかめちゃくちゃ。最後、野田健一が教師になり母校に赴任し、「友達になりました。」という台詞でめでたしめでたし。・・・・登場人物の多さとその割に人物描写の雑さが目立つ作品でした。「火車」などをイメージして読んでしまうと、大きくうらぎられておわります。読む人によっては違うでしょうが、私的にはおもしろくなかったです。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック