中古品
¥ 780
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あります。表紙にスリキズ、汚れなど使用感ありますが、読むのには問題ないです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソロス 単行本 – 2004/6/4

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 300
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ソロス
 稀代の投機家にして巨万の富を築いた男、ヘッジファンドの帝王にして、アジア金融危機の原因を作った男――ジョージ・ソロス氏は現代の世界で最も謎の多いリーダーである。70歳を超えた今も、その力は金融界のみならず国際政治にも影響を与えると言われている。彼を「国境なき政治家」「自らの外交政策を持つ唯一の民間人」などと呼ぶ要人もいる。それは称賛とも中傷ともつかない複雑な思いと、畏れの念の表れにほかならない。

 本書は、元ニューヨーク・タイムズの記者が、ソロス氏が支援するハンガリーの雑誌の編集に関わったのをきっかけに、これまで本人の口からは公にされることのなかった“立身出世の物語”を、膨大な資料を基にまとめ上げたもの。投機家としての側面だけでなく、100億ドル以上を費やしてきたという世界規模の慈善事業について、また、哲学者を目指したユダヤ青年の夢と挫折について詳しく解説していく。

 「多くの金持ちは、財産が増えるにつれ、いろいろな贅沢ごとに手を伸ばすものだが、ソロスはそうしたものにはさっぱり興味が湧かなかった」という。彼の目的は国家や民族のしがらみを解き放った「開かれた社会」の実現であり、今後もそれに向かって大胆な行動を起こすだろうと予測する。


(日経ビジネス 2004/06/28 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

謎に包まれた世界一の投機家のすべて!金融市場で得た巨万の富を惜しげもなく慈善活動に投ずる「現代の怪物」の真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 492ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2004/6/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 447893049X
  • ISBN-13: 978-4478930496
  • 発売日: 2004/6/4
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 130,647位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 訳者に従えば、「本書はハンガリーに生まれたユダヤ人として、ジョージ・ソロスが生きて
きた軌跡とその時代背景を緻密に描き出し、なにゆえ“ヘッジファンドの帝王”として巨万の
富を築くことができたのか、『開かれた社会』の理念を掲げて異色の慈善事業を展開している
のはなぜなのか、その理由と要因を幼少時代から説き起こし、ソロスの二律背反的な心理面も
含め、あらゆる角度から掘り下げて分析する」。
 あとがきにおいて知らされるように、このmessianic billionaireの半生を綴った伝記に
あたって重ねられたインタビューのターゲットはソロスやその妻も含めて130名にも及ぶ。
 なるほど、ジョージの出生以前、その父ティヴァダールと母エルジェーベトの物語すら盛り
込まれて、極めて情報量の多い一冊。

 良く言えば、落ち着いた筆致によって書かれた一冊。悪く言えば、これほどの起伏に富んだ
人物を題材としているにも関わらず、ややもすると平坦で、スピード感や刺激に乏しい。彼を
めぐる年代史とテーマ史が一冊の中に織り込まれている関係上、重複する記述が散見し、その
あたりからも散漫な印象を受けてしまう。
 さほど見るべきものがないのは分かってはいるのだが、彼の「
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あなたの降圧のための素晴らしい強打! 少し問題がありましたが、私は売り手に連絡して写真を提供しました。 3番目の時間を購入する、悪くはない、品質は非常に良いですが、あなたとの契約は、すべての時間が成功し、幸せです。私は我々がより多くの取引を持っている願っています。あはは あまりにも良い品質と思われる。 ショッピングのしやすさ 強くお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 友井幹夫 トップ1000レビュアー 投稿日 2009/6/18
形式: 単行本
世界を動かす世界一の投機家であり、慈善家であり、哲学者でもある「ジョージ・ソロスとは、どんな人物なのか」を、1930年生まれの彼の育った時代背景から現在までを、詳細に述べられている。

第1章から第13章までは、「原点」「大富豪への道」と、ヒトラー・ドイツの支配下によるユダヤ人への弾圧から、アメリカでの大成功まで、一気に読めます。
ソロスの父親ティヴァダールの「子育ての考え方」が、かなり詳しく述べられているのが印象的でした。
ソロスの「朝令暮改」的な指示、彼の性格も浮かび上がってきます。

p242〜244
 ときに自らを「国境なき政治家」と称するソロスの場合、その活動は自らの頭脳、性格、資金に基づき、すべて自発的に展開されている。(大略)
「選挙で選ばれ、あるいは指名されて高位に就いたわけでもない者で、これほど世界で影響力を発揮する人物は誰一人いない」

ソロスは、経済的な大成功から、政治的な影響力に関心を寄せて動いているようだ。

閉鎖的な国への大量のコピー機の寄付、インターネット設備の寄付により、情報の自由化を図って、世界の視野を広げることに貢献されている。

ジョージ・ソロスの戦時中の体験が、開かれた自由な世界を願う哲学的な思想をもとに、ひとりの人物が動いている凄さが伝わってきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
幼年期から書き起こしてあるがみんなが興味あるのは投資家として
どのように成功していったかでしょう。
その点、どの本よりも詳しく書かれてあります。
ただあちこちの本から引用した部分も多く、新鮮味にはかけますが
すべて網羅されています。
ドラッケンミラーを後継者としたのも、ソロス自身のやり方と合致したものがあったのがわかります。
マクロ経済が大きく変化している現在、長期的なトレンドで投資するには
いちおう読んでおくべき価値はあるでしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 如是我聞 VINE メンバー 投稿日 2006/5/4
形式: 単行本
科学哲学者ポパーの弟子であり、どん底のハンガリーからアメリカへ渡り成功した”援助王”
ナチス政権下の地獄でなんとか偽名で生き残り、やっと解放されたと思ったら、やってきたソ連軍は地獄よりさらに過酷な阿鼻叫喚地獄を演出した。初恋の人をそこで失う。
ロンドンからアメリカへ。ファンドで巨万の富を得た後は乗り出すが・・・
その部分を読んでいてなぜ日本のリベラルたちがチェチェン問題に「だけは」ダンマリを決め込むのかが理解できる。
ソロスが援助した
キューエルは世界各地の絶対不可能といわれた地域で災害救助を成し遂げてきた。だがその彼でも「ロシア全体の根深い感情を理解」できなかった(P424)。

ロシアではいまだにスパイ組織がれっきとして残っており、多くの西洋人をいまだにCIAのスパイと見なしているのだ、ということがよくわかる。
キューニーは二人の医師と通訳とともに医薬品を届けていたが、行方不明。後年、小さな村の爆破された家屋のなかで4人の遺留品とおびただしい血痕が発見された。
様々な説が流れているようだが、
P428
ロシアの情報機関が大々的に流した噂もある。世論誘導のためにチェチェン地域に撒かれたビラには、キューニーについて、誰にも見まがうことのない巨体のテキサス人で、カウボーイブー
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告