この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソリトンの悪魔(上)ー日本推理作家協会賞受賞作全集(84) (双葉文庫) (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集) 文庫 – 2010/6/10

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 3,626 ¥ 1,664
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2016年、与那国島の沖合いに浮かぶ、総工費20兆円もかけた巨大な海上情報都市〈オーシャンテクノポリス〉が謎の生命体に攻撃された。近海で操業中の海底油田採掘基地〈うみがめ200〉も被害を受ける。海底に沈んだ観光艇に乗っている娘を救うため、オイルマン・倉瀬厚志の苦闘が始まる。

内容(「BOOK」データベースより)

日本最西端に位置する与那国島の沖合に建設中の“オーシャンテクノポリス”。その脚柱が謎の波動生物の攻撃を受け、巨大海上情報都市は完成目前で破壊されてしまった。とてつもない衝撃は、近くの海底油田採掘基地“うみがめ200”にも危機的状況をもたらす。オイルマンの倉瀬厚志は基地を、そして遭難した娘を救出するため、死力を尽くすが…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 616ページ
  • 出版社: 双葉社 (2010/6/10)
  • ISBN-10: 4575658839
  • ISBN-13: 978-4575658835
  • 発売日: 2010/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 518,782位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
面白いと思いますが、主人公の別れた妻が台湾人で、
娘はハーフという事で当然、中国語でのセリフがあるのですが、
はっきり言って中国語のリサーチ不足です。
最初はセリフの意味が全く判りませんでした。
中国語の発音記号をそのまま英語読み、またはローマ字読みで
カタカナ表記となっていた為です。娘が母親を呼ぶ時に「ムークイ」と
言っていましたが、「ムーチン」の誤りです。しかも、子供は普通、母親を呼ぶ時は
「マーマ」と言います。単純に中国語は全て漢字表記にして日本語の訳をふったほうが
中国語らしくて良かったのではないでしょうか?出版社もこのぐらい協力出来なかったのかな~?
という事で★一つマイナス。あらすじはハリウッド映画を思い出さないでも無かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
二重螺旋が出たあと、書店にほぼ毎日行ったね。梅原克文の新刊をてに入れる為。確か上巻だけが先に出たんやなかったかな〜?下巻が出て一気読みの至福を味わったよ。また俺を寝かさへんつもりなんか!?どうなんや・・・?
はい、お約束の徹夜コース&興奮歩き回り状態でした。こんなに興奮させる本なんてそうそうあるもんちゃうで。それを前作とソリトンでやってもた梅原克文はサイファイなんちゃら言う病気にかかったけど、この二作は紛れもなく超ジェットコースターエンターテイメントや!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
おもしろい作品が、また著者からうまれた。
前作「二重螺旋の悪魔」につづく、70年代テイスト溢れる作品になっている。
この作品もまた、映像化に向いてい作品だと思う。
「うみがめ2000」はやはり「わだつみ2000」のパロディー? 「二重螺旋の悪魔」にしびれた人には、物足りないかもしれないが、やはり現代のSFにはない、「サイ・ファイ」は感じられる。

ところで、なぜこの作品が日本推理作家賞をとったのだろうか。色々と話を聞くがいま一つ理由がわからない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告