¥ 637
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ソフトメタルヴァンパイア(2) (アフタヌーンKC... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソフトメタルヴァンパイア(2) (アフタヌーンKC) コミックス – 2017/6/23

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 605
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソフトメタルヴァンパイア(2) (アフタヌーンKC)
  • +
  • ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス)
  • +
  • 宇宙兄弟(31) (モーニング KC)
総額: ¥1,880
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人間の時代は終わり、世界は吸血族に支配されていた。そこに現れた吸血族にとって致命的な元素「銀」を操る人間の少女ミイカ。彼女を捕縛すべく、次々と強力な元素使いたちが現れる! アランはミイカを守り、吸血族たちの支配地域から抜け出せるか!? 『EDEN』『オールラウンダー廻』の遠藤浩輝が放つ、「ネオ・セカイ系ダークファンタジー」第2弾!

著者について

遠藤 浩輝
1970年、秋田県生まれ。大学在学中の1995年、『カラスと少女とヤクザ』がアフタヌーン四季賞秋のコンテストで四季賞に入賞し、デビュー。続く冬のコンテストで『きっとかわいい女の子だから』で四季大賞を受賞。その後読み切り作品『プラットホーム』『神様なんて信じていない僕らのために』を経て、1997年より同誌にてSF長編『EDEN』の連載を開始。2008年現在まで10年を超える長期連載となる。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063882691
  • ISBN-13: 978-4063882698
  • 発売日: 2017/6/23
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
一巻を読んで、世界観に引き込まれました。元素記号懐かしいですね。一度は授業で触れたことのある元素記号でしたが、こんなにいろんな事ができるんだ!という教科書のような側面と、能力バトルの熱い側面が対照的で好きです。ヴァンパイアという幻想生物が元素を化学に従って操る、という設定がリアルとファンタジーの間に在るようで、不思議な感覚
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
!!!!!!
良いところで終わってる!
展開が早くてクライマックスから始まっているんじゃないかと思うほど。
エデンでは人間関係なんかの生々しさも良かったんですが、こちらは「今それどころじゃないんで」って感じでずっと必死に逃げています。
にも関わらず、読んでいてあまりハラハラしなかったのは、バンパイアが不死という設定があるから。
うまく読み手は誘導されていたのだと、してやられた感じがします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
突如あらわれ人類の支配者に成り上がった吸血族とそれに敵対しているレジスタンスに確保された主人公の逃避行の中盤。

追跡者と護衛の戦闘が終わりを迎えそうになったとき、切り札を使い圧倒的な優勢へと戦局が傾くなか、主人公に異変が訪れる。
それが追われる理由であると知らされてはいても実感の無かった彼女は絶望に染まり、そして覚醒する。

ある意味ではベタなお約束の展開ではあるが、科学的な知識の薄い人には吸血族同士の元素を使った戦闘描写の理解しにくいところが残念。
CG等でカラーで描写されていればまた違うのかもしれないが、動きのないモノクロ2Dなマンガには不向きな題材だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告