この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ソフトウェア見積り 単行本 – 2006/10/7

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 6,974

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

マコネル,スティーブ
Construx Softwareのチーフソフトウェアエンジニアで、同社のソフトウェアエンジニアリングプラクティスを監督している。また、SWEBOKプロジェクトのソフトウェア構築の知識エリアのリーダーである。これまでに、Microsoft、Boeing、その他シアトル地域の企業でソフトウェアプロジェクトに従事している。その年の傑出したソフトウェア開発関連書籍に与えられる『Software Development』誌のJolt Product Excellence賞を2度も受賞している。また、Software Development Productivity賞を受賞したSPC Estimate Professionalの指導的開発者でもある。Whitman Collegeで学士号を取得し、Seattle Universityでソフトウェアエンジニアリングの修士号を取得。現在はWashington州のBellvueに在住している

田沢/恵
宮城県仙台市出身。大学卒業後、電機メーカーに就職し、大型コンピュータの基本ソフトウェア開発に従事する。現在はフリーでコンピュータおよびビジネス関連書籍の翻訳に携わる

溝口/真理子
山口県出身。大学卒業後、電機メーカーに勤務し、画像処理ソフトウェアの開発およびリレーショナルデータベースのテクニカルサポートに従事。現在はフリーでコンピュータ関連の翻訳に携わる

久手堅/憲之
情報処理技術者(システムアナリスト)、PMS、PMP、MBA。米連邦政府、監査法人系コンサルティングファーム勤務を経て、現在は主として製薬業界、ハイテク業界、インターネット業界などの企業顧客に対して、プロジェクトマネジメント、事業企画、経営管理などのコンサルティングサービスを提供している。教育機関や特定の企業の依頼を受けたプロジェクトマネジメント分野に関する研修、執筆活動も多く手がける。これらの業務に加えて、PMBOKガイド第3版の出版に際しては、翻訳監修委員会コアメンバーとして参画したほか、日本システムアナリスト協会、プロジェクトマネジメント協会(PMI)、国際P2M学会など、プロフェッショナル団体の活動にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 321ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2006/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 489100522X
  • ISBN-13: 978-4891005221
  • 発売日: 2006/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 315,145位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
数学的な背景を持った見積もり技法を「サイエンスとしての見積もり」、経験則と単純な公式による見積もりを「アートとしての見積もり」とマコネルは区分けしている。本書では両方を取り扱うが、より「アートとしての見積もり」に重点を置くとしている。

プロジェクトのサイズを大中小と分けるなら、中小プロジェクトが圧倒的に多数を占めるものと思う。こうしたプロジェクトでも当然見積もりは必要とされるが、「サイエンスとしての見積もり」を行うのは少々スペックオーバーに思える。ほとんどの現場では経験則や貧弱な根拠による見積もりが行われ、プロジェクトに混乱をきたしているのではないだろうか。

第1部では、良い見積もりとはなにかの考察が行われる。マコネルは、見積もりとターゲットとコミットメントが異なるものであることを最初に示し、様々なデータを元に見積もりに対する考察を行う。その中で良い見積もりと適切なプロジェクトコントロールは不可分のものであるというメッセージが度々語られている。

第2部では、プロジェクトの規模や種類、ステージに応じた具体的な手法がまとめられている。

第3部では規模、工数、スケジュールなどのそれぞれの見積もりごとの手法と課題がまとめられている。

本文はわずか300ページ足らずなのだが詳細な見積
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
適当過ぎるIt業界。
作る側も、作らせる側も、適当過ぎる。
こういった、参考になる本が、もっと山の様に出てくるようになってほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック